August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今週の見方(7月26日)

*通常の日曜日版を早目にアップいたします。

今週の見方(7月26日)

トヨタの生産計画引き上げは、株価も上げましたが市場を明るくしたと思うのです。自分はトヨタの計画が3月後半の時点で年末は戻ると踏んだ読みでした。その読みから強気転換固めたのは以前書きました。トヨタのシンクタンクは相当なレベルで、世界でもその経済見通しは評価されています。そのことから、大手の証券会社は「鉱工業生産を下支え」という書き方をしました。

ただ、市場は欧州の経済政策の新展開が評価されるものの、火曜日と水曜日で米株市場はNYダウとナスダックが交互に動き、物色が定まらない感覚がありました。ですから、結局、この時期は個々の業績やニュースによる判断で、この場面は想像しやすい業績型という風になります。業績開示を受けた日本電産がそもそも高値圏なのに「買い気配」で始まりましたが、それなどは良い例でしょう。業績相場になりかけなんですね。

同時に自動車関連株が堅調。これもトヨタの生産計画修正を前日発表した影響。納入企業にとっては良い話ですから、関連株は上がっていきますよね。 こうした機嫌の良いときは市場はうまく反応しますが、基本は方向感が無い中、材料予測という風な感じで「逆張り」という投資形態になります。

ただ、気になるのは米国の財政問題で、少しの減税率でも巨額となり得るという事から、議会がなかなか難しく、今回通過しても次の段階ではそれ以上はできないから、財政支出が減少になるその時に評価がどうかと思うんですよね。それでもうまくいけばというのであれば、相場は一回は上がるんですがね。何しか金融相場だから、そういうのが見えたら、逆に、景気が良くなっても上がらないなんてこともあります。

選挙用の動きもありますが、この米国予算をバカンスまでにと急ぐトランプさんに対して、米国の重鎮発言で「小さな予算を要求する財政タカ派もいる議会共和党は容認できない」という言い方されていましたよね。その事でNY株が上げ渋ったのですが、 どうもNY株のちぐはぐなダウとナスダック見ていたら、経済政策の落としどころ探している気がします。

ポイントは失業給付の上乗せ額で、圧縮されれば復職が進み、それってトランプさんが失業率とか決めているような展開になっています。ネットトレーダーも撤退しやすいし、私だって失業給付があそこまで手厚いなら、在宅暮らしでデイトレで生活します。

まあ、そういう色々はあっても、日経平均がこの位置で動かないというのは、買い方よりも売り方が堪えるし、成功体験から売り方は逃げないですよね。そういう時に、この新型コロナ患者の急増はどうなんでしょうか?ところが有利なはずの買い方は、とにかく下がった記憶が強く、逃げ足が速く少し下がると心配で仕方がなく、売りが売り呼ぶケースが非常に高いです。

つまり、グロース銘柄が多く動いたんですが、自信がないんでしょうね。だから、仕手的な情報に頼るのですが、外人の買いVS個人の売りの場合、指数買いの個別売りになっているはずなんです。出やすくなったから指数は買いにくく、今後は個別株買いという風な売り買いになります。そういう意味ではちょうど決算が出てきたんで、面白くなると思うし、どこが良いかぐらいの想像は出来ると思います。

6625JALCOは同社の目標にしている数字のすごさ。しかも、二年後の手当てもう済んでいるから、この数字ってすごくリアル。とは言いながらも低位株だから怪しまれて買われないのですが、一つ一つ具体的になっていくと面白いでしょう。特に、遊戯関係の資金ショートは同社に有利ですし。

3837アドソル日進は非常に優良な企業。過去に講演会に来ていただいたこともあるし、同社のアナリストのファンは非常に多いのです。こうした状況でこうした指標的銘柄を見るのは大事で、セキュリティや自動運転などの技術の粋だけに見ておくべき。株価は一巡して横ばいですし。

8893新日本建物は少しずつ動いています。ですが、香港からの金融系の離脱にしては少し早いしと持っていたら、築50年が非常に多い東京は、オリンピック後の好景気からの新しい流れも多く、同社のような企業が注目されているのかも。いずれにしてもホームセンターから小型不動産の動きは変です。

6182ロゼッタは人工知能利用の翻訳ですが、コロナ問題からインバウンド需要がないという感覚ですが、すべき事、しなければならない日本の社会で、コロナのおかげで進むものは進みますし、音声案内など考えたら同社の高止まりも判る気がします。翻訳ウェラブルは医療や公的、建設現場など本当に大事なものになりました。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

pagetop