September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

変われるか?【源太の講義】寄り付き前

株式投資(8/13寄り付き前)

大岩川源太のオリジナル『ただしい株の基礎』講座
運用の基本が学べる→詳細はこちらから

☆こちらは初級から中級に向かう勉強会
源太会生徒募集
無料メルマガ・ラインの申込みもできます。→こちらから

週初のレポートで書いたように下値を試した後に上値挑戦。23000円台に乗ってきました。二か月間揉んだエネルギーは大きいし、31日や先週の週末に売り叩いている分、市場は投げる気はなく、参加者も少ないから楽しみな日。ですが、企業収益からくる考え方となったら、上がれば上がるほどどこかで売って返しも来ることになるから、判断が非常に難しい上げになります。

ですから、売っていいかどうかが非常に難しい日で、「逆お盆相場」の典型と位置付けて、ここで銘柄をスイッチさせるか、少し静観するような投資が求められます。この場面は好業績が上がらないとおかしいのですが、そうした考え方は、実際の動きで「?」という流れで、根本的には非常につらい「好業績発表利食い」「悪材料出尽くしの買い」というスタイルになっています。

もちろんすべてがではないのですが、期待されたものはそれ以上の買うには懐疑的であり、あらかじめ悪いものは売るべき人は売っており、むしろ弱気から空売り分の買戻しといった格好になっています。

さて、今日はその好業績の突っ込みを買った動きがうまく回転できるのかという流れになります。そこが今日は見ものでトヨタやソニー、村田というタイプが気になるんでしょう。ただ、自分は夏らしい材料株から逸脱できないのですが。

4436ミンカブ、7519五洋インテック、6264マルマエ


昨日の市場解説【源太のYouTube番組】👉こちら


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop