September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

思うようにならない【源太の講義】寄り付き前

株式投資(8/14寄り付き前)

大岩川源太のオリジナル『ただしい株の基礎』講座
運用の基本が学べる→詳細はこちらから

☆こちらは初級から中級に向かう勉強会
源太会生徒募集
無料メルマガ・ラインの申込みもできます。→こちらから

決算で好業績予定が業種によっては一転赤字というケースが増えています。昨日も質問があったんですが、この株式よりもこちらの方が良いんじゃないかはあるとしても、こっちの方が良かったという言い方される方が非常に多いです。そりゃ、上がった株にしておけば良かったという話で、すべてが上がる市場でもないし、今週の週初も先週も即効投資戦略レポートでは「取捨選択すべき」とは書いています。

つまり、今から始まる市場は全部は上がらないし、全部は下がらないという形であって、それは”結果論的な流れ”があります。好業績でも上がらないことが多い市場は、軽量株が不利となっていても、中には上がる物も有る訳で、それを持っておけば良いというのは、その時の地合いや値動きで確認していくものなのです。

ですから、大事なことは、基本的には時間軸を自分で考える事と、動きが思わしくなかったら、あっさり乗り換えるという事も大事なんです。ですが、その一企業が悪い訳じゃないから、この相場は難しいのです。参加者が少ないから処分するのに時間かかっているんで、急落銘柄が正常に機能するには少し長めの時間要しますし、その急落も理由はあれども、売り時でない事が多く、夏独特の雰囲気が出てます。

新しい銘柄が出た時に切っていく勇気は中々見出せないものです。そういう市場に今日もなっていくんでしょう。

4436ミンカブ、4755楽天、6264マルマエ

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop