September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今日の見方(9月16日)

今日の見方(9月16日)

源太カレンダー攻略テキスト「2020年9月号」
こちらから 

☆こちらは初級から中級に向かう勉強会
【源太会】生徒募集
無料メルマガ・無料ラインの申込みもこちら

ここで欲しいのは抜け出しや突き抜けですが、仕手的な株式や軽量では全体に与える影響が無いから、なんかストレートに主力が欲しいんですよね。しかし、そうならないのは市場の資金が9月という特殊性からくる資金難という状況があるから。従って、回転が効かないと「しこり」をほぐすまでの力はないと思われます。

そして、外資の一角や国内の運用の一角は空売りのクロスめいた動きもやっていますから、板状況が少し作為的のものが多く、そういう違和感あるものは避けるという習性があります。だから、上がる物が突発的だったり、買い難い位置まで上がったものになるので、本来、買い難いはずのIPOに再び目が行くんです。

という事は、米国が下がっても投げない強い企業に対する信頼感があるのに対して、日本はまだまだ、マネーゲームでしかないという事であり、そうした動き方は心理や手法は市場がおかしくなったらすぐに投げてきてしまうという側面があります。ですが、好業績を買うとなったら話は別でして、その場合「新常態」タイプになると、本当に企業が伸びてきてしまうという、化け学が働いてきます。

そういうジレンマの投資が始まるんですが、抜け出したものは持続して、引っかかってやっと上がり始めたものは外すとか、逆をやるとか少し枠に余裕が必要で、そういう時にデイトレと決めてかかった商いを、市場の優良株でやってみたらいいと思います。そうすると市場の強弱感がよく判るでしょうし、情報の売り買いでは最後やられてしまいますからね。


続きはこちら
🔻 🔻 🔻
株式投資:参考銘柄(9月16日)
pagetop