October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(9月17日)

今日の見方(9月17日)

源太カレンダー攻略テキスト「2020年9月号」
こちらから 

☆こちらは初級から中級に向かう勉強会
【源太会】生徒募集
無料メルマガ・無料ラインの申込みもこちら

いよいよ市場は仕手戦的な動きに変わってきますから、NYよりも手元の株が違った動き方になって行きます。その時に「理屈と合わない」という感じになりますが、それも相場というか、根本的には資金が余った投資家の活用から自由の効くお金が集まったときに、最初は理屈から「割安」という物を買い集めて、それを他人が認めてきたときに、売り抜けるような買い方です。時間軸は違うがバフェットさんがやるやり方です。

ですが、それが過ぎて来るとインサイドな情報が切り札となる、ずるい買い方が目立ち始めて、決算先取りや新商品とかになります。それに捜査のメスが入って来たら、ある情報で皆が知っている材料を堂々と買いに行くという、非常に強く仕手としたら一番の動きになります。今、それがバイオ株で始まろうとしているんですが、そこは相場操縦というアンタッチャブルな世界になって行きます。

だから、今はで既に読みで分かる好業績や好展開を想定したため込み市場で、インサイダーは違反ですが、自分がインサイダー聞ける立場になりたいと思ってしまうのです。つまり、他人が知らないが会社は公表している、そこからくる想像力という展開がありそうですよね。

コロナで悪い、コロナを本当に気にした経済になっているのか?気にしない産業は何か?何が最悪から抜け出してきたのか?そうした考え方がここからの市場。そこに、偶然、大口投資家がなんてことはあります。だとしたら、売って上がるのは当たり前と思って粛々と売却して、次の自分だけで判る株を探していきます。


続きはこちら
🔻 🔻 🔻
株式投資:参考銘柄(9月17日)

pagetop