October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NY安【源太の講義】寄り付き前

株式投資(9/23寄り付き前)

最新号のカレンダー解説を申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
こちらから 

☆オリジナル「ただしい株の基礎」講座☆募集中
こちらから

休みの21日の昼過ぎにやけに時間外が安いと思っていたのですが、時間外取引でダウ平均先物の下落幅が500ドルを超えて、節目の2万7000ドル割れとなる場面が見られていました。21日の通常取引でダウ平均は株価指数先物にサヤ寄せして取引が始まり、それを先取りした日本の時間外やEU株式の下落だと思っていました。

市場では、ヨーロッパで新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることに加え、欧米の大手銀行が長期にわたって資金洗浄に関わっていたとする(意外に根深いかもしれない)報道が出たことが言われていました。ここで、場が立っていないと軽く見てしまう物で、21日NY株は一時900ドル以上下がりました。

さらに、連邦最高裁判所の女性判事が亡くなったことを受けて、後任を巡り、アメリカ議会で与野党が対立していることと、その影響で、新型ウイルスに対応した追加の経済対策にめどが立たないことも景気の先行きへの懸念を強め、尚且つ、オラクルとTikTokは19日、提携策で基本合意したが、どうも玉虫色で、中国側としたら納得しにくそう。ということで、市場は理由のような理由で無いような下落。

市場は相当ナーバスであるし、NY株やナスダックは指摘したように「しこり」が多いという事だと思う。ただ、最後に大きく戻るのも見逃せない事。

2150ケアネット、6597HPC、4689Zホールディング


今週の見方(9月20日)>
「今週の見方」の要約版 >

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop