October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:今週の参考銘柄(10月18日)

今週の見方からの参考銘柄です。

7731ニコンは社内構造改革の真っ最中。しかも、一眼レフカメラなどオリンピック需要を見込むが果たしてという感じ。医療向けも上期は新型コロナの影響で相当落ち込んだ、来期は浮上しようが水準は相当低い。しかし、同社の医療技術や半導体技術、重要性はレベルが高く、PBR4%であれば中間決算が膿み出しになる可能性がある。

3915テラスカイはクラウドシステムが新型コロナの問題以降伸びているし、各企業のデジタル化が活発で特定業者向けのSFソリューションも導入で盤石の態勢を取っている。先の決算発表でも非常に良好で週末の大きな下落は、気たちに届かなかったことと、試算した今期利益に対しての疑問であるが、買われ過ぎの確認で今週半ばに再度だれたら考えてもいい株式。

4615神東塗料がまたも狙える位置に。率先して上がるタイプではないから、もどかしさが市場が困惑した時の投げにつながったと思う。同社の自動車向け・住宅向けが新型コロナの影響から全くの不振で赤字転落ではあるが、いささか保守的すぎる、案の定、業績は見直され黒字浮上であるが、持ち直しの自動車向けや企業の過去からの脱皮を目指す中期計画などから見たら、まだまだ保守的な数字と思う。

2743ピクセルは市場内では仕手系株に属すからこういう時は不利になる。しかし、地味ながらカジノ関連も政府は想定よりも前倒し気味であるし、太陽光発電が前期からのずれ込みで健闘している。バイデン関連の一角でもあるし、その仕手性が逆に行き過ぎた下げを生むから、ここは一考だと判断する。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop