June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

7月30−31日分の金融政策決定会合議事要旨

7月30−31日分の金融政策決定会合議事要旨
「大方の委員は、『物価 安定の目標』の実現にはこれまでの想定より時間がかかるものの、 2%に向けたモメンタムは維持されていることから、現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが適当であるとの認識を共有」

「複数の委員は、わが国では、物価が弱めで推移しているにもかかわらず、事あるごとにいわゆる出口観測が 高まるのが実情であり、今回のガイダンスには、こうした見方への対応としての効果も期待されるとの認識を示した」

「複数の委員は、物価の見通しが下振れするこのタイミングでフォワードガイダンスを導入し、目標実現に対するコミットメントを強化することは適切であると指摘した」
pagetop