April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

平成立ち会い残り2日【源太の講義】寄付き前

株式投資(4/25寄付き前)

平成の立ち会いも残り2日となって来て、10連休も近いのが気になります。NYも良い感じの市場で、業績型になって個別物色。買い過ぎに関しては警戒という形になっています。一方、日本は「指数は高いが個別株は安い市場」で、指数は相当な買い上げから警戒感が見えています。だから、上がっていない個別株を不安に感じて、連休もあるから、個人は換金気味に動きたがります。

昨日も書いたように、決して弱い地合いとは思いませんが、とにかく鈍い買いは、保持者にとってはイライラします。また下がるんではとかスピード感が無いから。でも、参加者が少ないのは文句言ないし、上がったら売ろうとする強気を他人に買えと言うのは酷な物です。

じわじわと上がる市場は過去の速さに慣れた投資家にとっては渡来物で、将来的に良いと言われても株価しか信じていない投資は、今日辺り売りたい気持ちが強くなります。一週間前に「投げようか」と感じた株式をここで強気するのも変ですから。ところが、上がって来たら実際に売るのじゃなく、我慢してしまう「期待」に変わる地合い。

結局、指数に比べて個別株が安いんですよね。

6730アクセル、4814ネクストウェア、8934サンフロンティア
<<back|<123456>|next>>
pagetop