June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

株式投資:参考銘柄(5月28日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4551鳥居薬品はJTの子会社ですが、JTはバイオでも有名ですし、なかなか色々やっています。同社はその販売とかやっていますから、親分が何やら動くと同社も関連として動くことが多いです。昨日は朝から売り物の多い中を買いはじめていまして、こういったじり高は昨日の市場では不自然。持ち合いも抜け出しそうです。

8946ASIANSTARは中国の医療関連ですが、一般的には横浜の不動産屋さんと言った雰囲気。ただ、低位株としての人気は強く、年に一回は大きく動きます。切り返し気味に今動いていますが、コロナも有ったことから中国での病院展開に興味が湧いてくるというのはあります。

4772ストリームメディアは旧デジタルアドベンチャー。韓流TVで通っていますが、大型イベントが無くなって、苦戦ですが伸びなかった有料チャンネルが少し巣篭もりから前進。今は駄目でも「先では」の期待から株価は下値切り上げ中。先の赤字決算は大方の読み筋で今期以降に期待。

8086ニプロは業績は良いが遠隔診療などで一気に買われた後から失速。株価はジリジリ反発なんですが、派手さがないから皆が嫌っている感じ。ですが、市場は一巡して真贋を登用になって、どこが本物かという感じ。人工心肺で人気化しましたが、同社はそもそも割安で好業績企業です。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今日の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資:参考銘柄(5月27日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4553東和薬品は今期の数字を売り上げは+35%ながらも、収益は営業当期利益ともに30%弱のマイナス。それで鈍った上げですが、今期の場合は多くの企業が仕方無いと見ていまして、通期が見える分、まだましだという風に考えています。ただ、前期の増益もコストカットや原材料安に、デリバティブによる利益だから数字はこれで十分。

1401エムビーエスはよく書く銘柄ですが、基本的には内需で災害関連。今回の市場はコロナが落ち着けば毛材対策はせざるを得ないのですが、鐘のバラマキしか出来ない現状に対して、景気のテコ入れは夏ぐらいから本格的に動きます。同社の特殊なコーティングで橋梁などの補修をします。位置が低いですから。

6625JALCOはスロットなど遊技場などに資金を貸す企業。今回のコロナ問題で最後まで営業していた反動で、悪に再開が難しくなったり休んだりで資金的企業は多く、同社の存在が出て来ます。企業にも貸し出しし始めて、幅が少し変化したと思います。アイフルでも良いのですが、少し軽い方が今は動きやすいです。

3719ジェクシードはデイトレし難い株式でそういう早い投資には向かないでしょう。同社のリクルートとの提携など企業としての姿勢が変わった事と、ERPコンサルという時代に即した事業が生きています。株価は時間かかりますが居所が変わりやすいので、こういった投げの出そうな日に「下で」という考えです。

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今日の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資:参考銘柄(5月26日)

今日の見方からの参考銘柄です。

8515アイフルは出番がまだまだ先だと思うが、経済の復活の時には消費者金融は非常に高い確率で上がります。それは資金がないと宣伝や売出しの時の資金不足を短時間借りたりします。過去に実績があれば今回の不景気はどうにかなることが多く、同社はその存在としては非常に大事です。

8135ゼットはオリンピックが流れてしまって印象がウェア類スポーツ関連で、なおかつ、新型コロナウイルス問題からスポーツ用品や施設がガタ落ち。不可能説は多いですが、来年の五輪はあるみたいですし、同社は資産が多いから今の株価はちょっとどうかと。少し時間忘れて狙うのも面白いと見ます。

2743ピクセルはカジノの機械で有名。海外では徐々に拡大してきた、自粛の流れですが、米国では先の報道で西海岸は開放するとの話も。日本はまだ認められなかったが、経済復興のためには何でもする傾向から今の静かなうちに狙うという考えも有りだと思うんですよ。低位株強いですし。

3390INESTは法人向け携帯の販売やモバイルPOS、外食システム。今の地合いに向いているような、いないような感性ですが、低位株が動く速さや評判は広がりやすい、テレワーク関連といえば納得がいきます。4月の一山有った時は76円まで有った同社だけに動き出せばなかなかしぶといという雰囲気があります。

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今日の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資:今週の参考銘柄(5月24日)

今週の見方からの参考銘柄です。

6633C&Gシステムズは金型の企業ですが、金型は景気に左右されることが多く、米中問題から非常に落ち込むし、新型コロナ問題も直撃でしょう。先日の数字はまだ企業が動いていたから、売り上げが頑張っていましたが、株価の低迷を見ても気にされています。しかし、コロナが一巡したから今が陰の極と思っています。世界シェアは高い企業。

6862ミナトHDは産業用のメモリ。ATM関連として良く扱われた企業。先の決算で非常に高い数字を出したが、売り上げが伴っていない事や現在の状況から株価は出尽くし。しかし、特益など引いても同社の5Gに関連などからボトム打った経済では先が有望。同業種で時価総額の低い企業で株価は動きやすいです。

6378木村化工の減益は読み筋。むしろ、来月訪れる高値期日の投げを早い目に誘発してくれて良い感じ。化学機械の保守やエンジというのは判り難く、一般には原発関連やアンモニア電池という高い技術で相場になる企業。EPSは今の市場ではもともと判断し難く、技術と資本から考える割安企業。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資:参考銘柄(5月22日)

今日の見方からの参考銘柄です。

3911Aiminngは第三者割当から株価が怪しく動きましたが、結局はゲーム、ドラゴンクエストの人気。今年度内発売ですが、こうしたゲーム関連は当たればでかいのですが、同社のようなブランド物を持てばその確率は非常に高くなります。前回ゲームがイマイチの人気だったので、株価が安く感じられるんですよね。リリース狙いのデイトレって感じはできそう。

3358ワイエスフードは何故上がっているんでしょうかね?いや、同社はラーメンですが、急に流行ったとも思えないし、コロナで業績は良いとは思えないです。赤字もあるんで、何故2日も強かったんだろうかと。得てして、こういう時は後から何かあるんでしょうね。いやぁ、本当になぜかわからないが気になる強さ。

4490ビザスクはプロの知識職人紹介だから、医者だって弁護士だって経理マンだって紹介出来ます。ですから、逆にそういう企業との提携も金融機関がサービスとして使う事だって出来ます。従って、このような企業は提携をしやすい部分と使い勝手がいい部分があるんで、変化させやすいと思うんですよね。

3981ビーグリーは先の好決算が仇になったのか、買い意欲が無く下がっていくと言われました。ですが、同社の好業績の中身は明らかに時代の流れであるし、自社製品に向かう改善時期だから、そう嫌う必要はないと思います。ゲームと同じ当たり外れもありますが、電子書籍という分野はもう当たり前だと思いますよ。

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今日の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』
<<back|<123456>|next>>
pagetop