June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

来年一年ある【源太の講義】寄り付き前

源太カレンダー12月20日までに申し込まれたら、
ラインにて「1月の投資カレンダー的攻め方の解説」動画を無料でお送りします。

株式投資(12/19寄り付き前)

市場は急騰に対しての各国の経済状態に合わせる株価調整。高値保ち合いだから、順当に考えたら明日辺りから動きがはっきりして来ます。クリスマス休暇に入るから閑散という時に、買戻しもあるし、叩く場合もあるでしょう。自分としたらこの市場のこうした中で、ゲリラ戦になっている個別株の難しさで、材料株の連日はあるが、普通株の物色は連続性が無い事。

しかし、それでいて3日もしたら下値にある物はじり高に転じたり、先日の様に急反発するから、売るに売れない、買うには怖い、そういう気持ちの落ち着かない市場になっています。位置から考えたら来年一年あれば損はしないという位置の株式もあるんだから、そういう見方でいてほしいです。

そうならないのは、やはり年初が不透明だから処分しておきたいと思う気持ちや年内換金しておきたいという気持ちが強いです。過去の下がった時に、大幅下落を全体と関係なくするという記憶があるからです。だから、目先に徹してIPOという事になるんでしょうが、自分は普通に安い物を買うだけで行きます。

4425KUDAN、3758アエリア、2158FRONTEO

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

買収【源太の講義】大引け後

株式投資(12/18大引け後)

”昭和電工”、”いすゞ”がとか買収が非常に多いのです。それだけ景気は先読みが難しいが、企業に金は唸るほど有るってことなんでしょう。ですから、基本的な考えですが、設備投資するよりか、自社株買いやM&Aなんて方法で企業を変化させたり、逆に、難しい経営から技術や販路を売ってしまおうと思ったりします。

そのためには株価は上がらない方が良いなんて人もいました。とにかくここ20年で企業の財務は本当に良くなって、株主に対しての考え方というのは無いので、そうした企業は少しでも不景気なら給与は上げないし、我々が食らった辞めなさい圧力をかけたりします。政府の借金に対してここ20年の企業内部留保の伸び率見たいですよね。

だから、不景気病が蔓延してしまって、社員クラスは非常に苦しかったります。一方で株式などで巨額のお金を手に入れたら、同窓会へ1億円持っていくような人もいます。株式の動き方は、そういう変な感じで信じない流れを含んだような、破天荒な明るさが無くなってしまっていますよね。

バンザイなんか最近してないなぁ。

7859アルメディオ、3758アエリア、9831ヤマダ電機


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

割りきれていない【源太の講義】お昼

株式投資(12/18お昼)

割り切ってきてくれるかと思えば、ひと上がりで売りが出てきた流れは非常に悲しい感じですよね。いや、良く話す朝一売物が出ていないうちにガツガツ買われていたから、「何急いでいるんだ?」という感じでしたが、それらが我慢してた売り指値が出たら、一斉に昨日買った人たちが「利があるうちに」と売った感じの終わりです。

そういった気持ちがIPOに出てきて、始めからそういうのしたい人はそこでやったら良いのにと思いながら見ていたのですが、まあ、基本的にはそれも相場ということでしょう。先物はイレが多いですが、オプション見たらまだまだ下がると見てい折る人は多く、短期売買と持ち越したくない個別株と言った気持ちがよく出ていると思います。

こうした時は後場からIPOで進んでしまうのか、逆に後場から新しい息吹が芽生えてくることが多いのですが、今日の市場を見る限りでは、本当に限られたところしか難しそうですよね。

3859アルメディオ、4425KUDAN、6597HPCシステムズ


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

機関投資家の強気姿勢が鮮明化、リスク後退で

過熱したらこういう記事かぁ。
先物売ってましたなぁ。

機関投資家の強気姿勢が鮮明化、リスク後退で https://jp.wsj.com/articles/SB11067715808383193813704586084744183162276

「習近平はトランプに屈服したのか」

「習近平はトランプに屈服したのか」中国の市井で大論争:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53450130X11C19A2I10000/
<<back|<144145146147148149150151152153>|next>>
pagetop