August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今週の見方【源太の講義】12月9日

源太会 
新規の生徒さん募集をしていますが、全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

今週の見方(12月9日)

ファーウェイ社は中国の代表的な企業で、世界的に活躍しています。中国国民にとっては国内携帯電話首位の同社に対する一方的な制裁は、反米感情が生まれやすいです。そうなった場合、習指導部は押さえることがかなり難しいと考えられます。

そうした状況の米中協議の課題は
1)技術移転の強要
2)知的財産権
3)非関税障壁
4)サイバー攻撃
5)サービスと農業

中国製造2025を中国は棚上げして協力したが、その補助金まで協議の対象となったり、為替操作なども論点になるとの話です。市場は米中の打開に期待はありますが、ナバロ大統領補佐官は「交渉が決裂したら関税を上げるだけだ」などと刺激的な発言が多く、ヘッジファンドの崩壊から市場は売らざるを得ない状況で大きく下げているが、再び米中が膠着した場合、上昇のきっかけを失ってしまう可能性もあると思わなければなりません。

だから、同社の問題は米国が「イラン問題」として別処理を言う限りは、中国は刺激したくは無いし、かといって国民感情も長引いて来ると危ない。そういう見方で見て下さい。中国が苦慮しているから米国が調子に乗るという構図で、中国は本当に困って来たと思います。

ここは、内需型の仕手株という感じが大事になって来ます。割安株が通じないが、「仕手化する割安株」という構図もあるし、割高でも大口投資家が見えるなどの考え方が行けそうですね。

ファーウェイとZTEを排除へ

日本の政府調達からファーウェイとZTEを排除へ=関係筋 https://reut.rs/2UmpGIv

中国ファーウェイ幹部逮捕と距離置くトランプ政権、火種回避か https://reut.rs/2GcFnPI

S&Pダウ・ジョーンズ、中国株をグローバル指数に組み入れへ

なんか、こういうの見てたら経済的には外せないんだよなぁ。

S&Pダウ・ジョーンズ、中国株をグローバル指数に組み入れへ https://reut.rs/2zLOReM

切れない売り物【源太の講義】大引け後

源太会 
12月生の新規の生徒さん募集が始まっていますが、全て上の源太会にまとまっています。来年の投資カレンダーは発売しません。生徒さんへは、教材として「投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/7大引け後)

理由があるとしても、「それにしても」という売りが続く株式がなん銘柄か有るんです。そうした売り物のいくつかが「裏で何かある」場合が多いのですが、大方は需給面でのことが多く、実は先月の安値を割っていないが、良い株が安いというのは反面、多くの人が注目してしまうから、大きな出来高になってしまい、それを尚且売るから大きなしこりが下値で出来てしまいます。

そういう株は上がる時には広く多くの人が買っているために、上がったら売ろうとする売り物が多く、鈍く見えるから下がった時に急に売り物になったりします。信用出来ないのと下がった恐怖が有るからでしょうが、今日なんか何もない時に、少し市場に不安要素があるから、売りが出始めたら「保持システム」が働いて売りが出てきてしまうんですよね。経験則では、一ヶ月ぐらい処理に時間がかかったりします。

日本株全体がそうした状況に陥ってしまっているのかと思うんです。つまり、いきなりの売りが来た時の動揺は、指数が割安という状況になっても売られる怖さになっているんだと思います。良いものは上がると、少し時間待って見たら良いと思うんですが。

2148アイティメディア、3556リネット、6541グレース

10月の景気動向指数

10月の景気動向指数 2カ月ぶり上昇 基調判断は据え置き:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38667570X01C18A2EA4000/

ブックビル延期

9984 ソフトバンク
ブックビル延期

https://twitter.com/okasanman/status/1070893072240664576

LINE

LINE、バーコードをかざして実店舗でも「LINEポイント」がもらえる「SHOPPING GO」を提供開始
発表日:2018年12月7日
LINE、バーコードをかざすだけで実店舗でも「LINEポイント」がもらえる
「SHOPPING GO」を12/7より提供開始
現在地に応じて、「LINEポイント」がもらえるお店をLINEで簡単に検索可能
国内のearth music&ecology 286店舗で導入開始、年内にビックカメラでも導入予定
今後は、ネットショップ・実店舗の価格・在庫比較も可能になりオムニチャネル化を推進

萎縮型【源太の講義】お昼

源太会 
12月生の新規の生徒さん募集が始まっていますが、全て上の源太会にまとまっています。来年の投資カレンダーは発売しません。生徒さんへは、教材として「投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/7お昼)

萎縮型の市場は買っても構わないのに買う気になれない週末。ですから、基本的な考え方が、非常に「諦め」ムードだから本当に困った感じになり、今日もライブで「NYは戻ったのに、ああいう上げはないのですかね?」と聞かれましたが、運用者に同じこと聞いたら「上がる訳ないじゃない」という流れがそのものです。

まあ、一気にと思うにはたしかに色々不透明ですし、電子部品とか見てたら大問題が起こったような錯覚になります。もちろん、非常に大事なことだとは思いますが、そういう流れから見てみたら、関係のない株は下らなくて良いのですが、いつも下がると一緒に下る恐怖やめんどくさい心労から売ってしまうんですよね。

ここから後場を気にした売り過ぎの買い戻しが始まってきたら面白いのですが、なかなかそこまでモチベーションが上がるかどうかですよね。頑張っている個別銘柄は多いのに、このまま行ったら潰されますよね。週末の新月ですからそうなるんでしょう。でも、投資カレンダーのポイントの日ですからね。

7587PALTEK、6541グレイステクノロジー、9685KYCOM

株式投資:参考銘柄(12月7日)

今日の見方からの参考銘柄です。

2445エスアールジータカミヤは昨日の下落は、周囲に引っぱられた要素もありますが、普通に上がって来たからの利食い。小田原が気が付いたら200円ぐらい上がった様に同社は非常に足場という設備投資の要らない、既に済んでいる物の回転が効き始めています。こういう時の下落は欲しいです。週末の投げ期待。。

9709NCSが大きく動くには非常に不幸な相場でしたが、先日からの動きで投げも一巡させ、昨日の動きから見て買うべき人は市場に逆らうつもりはないという感じ。逆に売られる株の多くは、個人投資家がディフェンシブに動く玉が吸収できなくなっただけだと思います。

2173博展はここからがポイント。どうせどこかで押すべき株で、その割には昨日は戻ろうとしていましたよね。こうした動き方は持っている人には辛いですが、新規で買うのは面白い動き。今日下がって来たら楽しいのが買い方の強み。朝から売られたら向かうつもりですが、上がれば後場の下落を待ちます。

9418USENーNEXTですが、昔のUSEN。自動精算機販売がホテルや大型施設で伸びています。こうした事業は海外でも伸びやすく、そのノウハウは高いと昨日書いたように、同社は収益が大分変わっています。もちろん各店舗への動画配信も非常に堅調で良い感じになっています。こういう押目で買いたい。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(11/07寄り付き前)

源太会 
12月生の新規の生徒さん募集が始まっていますが、全て上の源太会にまとまっています。来年の投資カレンダーは発売しません。生徒さんへは、教材として「投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

今日の見方(12月7日)

昨日、思ったのは「気にしていた外資が買い持ち分を投げて来るのでは?」と思ったら案の定でした。そして、市場が割り方ナーバスだから、非常に慎重に構えるような動きだったという事。NYも自国でどうのこうのよりも海外の下げの影響の様で、どこかが破たんしたら連鎖の処分が働いたように見えました。

米中戦争の大きなポイントである知的財産という物へ変わってきているから、今の市場の解釈には少し疑問があります。だって、大豆はじめ買う要因や税金撤廃に動く中国見て、再び気にいらないいう解釈はおかしく、この知的財産分は別の摩擦であり、なんでも引っ付けるのはどうかと思っています。

まあ、それでも売り方がかさに着ているから仕方が無いのですが、この日程を11月に合わせた時間軸で見てみたら、少しこの先含めて考える事が出来ます。ただ、リセッションの入り口には来ていたとしても、そう崩れた経済ではなく、バブル崩壊の時のような、刹那的な相場にも見えないんです。

今日のポイントの日で何が買われるか良く見ましょう。市場は投げてるから資金が多いし、かじ取り役のクレディがおろおろしていますがGSは相変わらず強く姿勢です。少し委縮してしまった雰囲気ですが、個別株、特に内需は違うと思いますよ。昨日の引け後と歩み見たら、この相場の中比較的堅い。

<<back|<145146147148149150151152153154>|next>>
pagetop