June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今日の見方(10/30寄り付き前)

11月スクール新規会員の募集中!
ここからは源太がもっとも得意とする11月
ご案内はこちらから


今日の見方(10月30日)

認めざるを得ないこの市場の手出しできないという現状を「売って逃げる」か「我慢して通り過ぎるのを待つか」という選択になっています。特に、難しいのは先物から来る下落は、現物にセリングクライマックスが無く、明日の天気よりも今の雨を気にするような流れになっています。

ですから、「能書きは良いから儲かる銘柄を」というのが今の投資家の感情で、運用者や大口投資家は、「やっても無駄」と感じるんだから、フラストレーションが市場にたまって仕方が無いという形になります。不快指数100%の市場は、諦めと緊張感の無さから個別株には五月雨的な売りが出ますし、その売りはたいして売る理由でも無いから、対応に困ってしまうんです。

ですから、とにかく今日辺りはポジション小さくしようとするから、昨日起こった「ガラ系」の売りが再び始まる可能性があります。さしたるポジションの計画も立てれないから、無気力体性になって、それが投げになってしまういます。何か活気のある銘柄が出来たら良いんですよね。

まあ、犠牲になる大口もいないですが。

NY大揺れ【源太の講義】寄付き前

11月スクール新規会員の募集中!
ここからは源太がもっとも得意とする11月
ご案内はこちらから


株式投資(10/30寄付き前)

大揺れのNYは上下900$の動き。それで普通は下から300$上がったんだから、一種の安堵感が出るのが今までの地合い。しかし、見ての通り不安いっぱいの雰囲気は、昨日書いた「どうしていいか判らない」という投資心理から来ます。その心理が諦めの売りを作っていくのであり、投資がつまらなくなってしまうという事です。

何度も話すように「底入れ感」の無い市場は、先物主体で先物が売り一巡しているから下には抜けないのですが、どう考えてもやり難い個別株の売り買いを払しょくすることはできません。弱気じゃないが買えない地合いは、このまま時間が経つと、いつかは再度下値を試すのではという恐怖がありますからね。

実際に米国で企業見通しが慎重になってきましたし、中国問題が相当なリアル感になって来ました。落としどころもトランプさんの譲らない動きや中国の突っ張りも難しくしています。そして、日本も北米次第となっているのは、ファナックの減益予想にコマツの北米好調という流れで、前社は中間選挙で暗礁ならインフラが止まるし、後者の場合は中国で実害が出始めたのを認めるという事になります。

まあ、動き難いですよ。今日は二時半からラジオ。夕方もですが。

3766システムズ・デザイン、5271トーヨーアサノ、9699西尾レントオール

しんどいですよ【源太の講義】大引き後

11月スクール新規会員の募集が始まりました!
源太がもっとも得意とする11月、源太会でお待ちしています。 
ご案内はこちらから


株式投資(10/29大引け後)

早くから枠が空いていた分、苦しい今日ですが、根本的には先物商い。だから、本当に悪くなるならば外資系が逃げ場を作るはずですが、米国はじめ回転が効かないから突破口が作れなく、売りたくはないがと言いながら手持ちを次から次へと手放す感じで、気がついたら指数に関係のない個別株がぼろぼろになっていきました。

いや疲れるのは、終日、買い場のないままに進むことで、半日も動きがないとしんどいのに、最後にはイライラして個人投資家がじれて投げてしまうんですよね。だから、「ここでこれかい!」という、失望の気持ちに脱力感、そして、損金を見た時に嫌な気分になります。そうしておいて夜下がったりすると、翌朝の喪失感と言ったらないのです。

そういう疲れが出てくる市場は「刷り込まれた弱気」が蔓延してきて、本当に全体がおかしくなることがあります。ここは頭低くして過ぎ去るの見ていかないと、下手に手が出せない状況なのと、アップルやフェィスブック、30日ルールとかややこしい日程になっています。仕掛けてくるのも分かりますが、殆ど、短期売買の先物なんですがね。

1926ライト工、3436SAMCO、3987エコモット

マザーズ銘柄76%が値下がり。。

覇気がなさすぎ。

自己の殆どが席に居ない。

ガラ系【源太の講義】お昼

11月スクール新規会員の募集が始まりました!
源太がもっとも得意とする11月、源太会でお待ちしています。 
ご案内はこちらから


株式投資(10/29お昼)

指数はさほど下がってはいませんが、個別株はもうパニックですね。ですから、ここで「この銘柄は?」と聞かれても企業資質から売りはないんですが、全体感から「上がる気がしない」「上がるきっかけが読めない」と思う時に下になだれ込んだから、「とにかく換金」という動きになります。

その行為は仕方がないですし、そこは一種の「ガラ」の心理になっているから、冷静になるまで無理だと思うんです。個別でいいのはわかってるけれども、実際は今下がっているのが怖いのでして、そればっかりは言いようもないんです。特に、内容ある企業は「買い」なのですが、持っている人にとっては何がどうなっているかわからないし、我々でも、こうした地合いは休むしか無いと思ってしまいます。

とにかく、全体は先物の売り買いで、週末の最低の値段よりも上ですし、利食いが出ても仕方がなく、その時に下に投げられなかった現物がアク抜けできていないんです。だから、短期的な物が企業資質より下でも動きから売られるし、それを止めるすべがないのです。

ガラっぽいですよね。

6752TDK、3541農業総合、5271トーヨーアサノ

マザーズ -2%

指数は相変わらず、先物でやられ、個人は個別にたいして
不信感からお手上げですね。

意識もたなきゃならないのですが、

29日中国株式市場

29日中国株式市場で、上海総合指数は2593.59(前週末比-0.20%)、CSI300指数は3157.49(同-0.51%)で寄り付いた。

日銀、株価下支え再び増額 ETF購入基準緩和か

日銀、株価下支え再び増額 ETF購入基準緩和か:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36981000W8A021C1000000/

独紙フランクフルター・アルゲマイネは

独紙フランクフルター・アルゲマイネは、独連銀高官の寄稿文を掲載している。そのなかで、イタリア政府の債務負担軽減に向け、同国の国民に購入を義務付ける債券「national solidarity bonds」の導入を提案した、と報じている。

先物【源太の講義】寄付き前

11月スクール新規会員の募集が始まりました!
源太がもっとも得意とする11月、源太会でお待ちしています。 
ご案内はこちらから


株式投資(10/29寄付き前)

この下落の中、各アナリストは前向きに色々話しをしています。つまり、週末の先物の手口から外資が「トレンドフォロー追随型」という商いから「機械」がなんて言い訳しながら、大きく張り込んできつく商いしたという事。特に、夜間なんてのはやり過ぎの感じがあり、個別で話した方が気楽だと感じたんでしょうね。

結果的には判らないものの、クレディは既に持ち玉は売り切りましたし、これから悲観して売り込んで来るには「本当に経済が悪いのか?」という確信が無いと難しいでしょう。兆しはあれども過去からの経験からクラッシュまでは行っていないと思います。だから、過剰な期待が生んだNYの暴落も大分株価が下がったから「格差」と言われる割高がそうでもなくなったという事。さすがに、期待が強すぎた反省はもう過ぎました。

従って、これから余震はまだあるでしょうし、夜間の値段を追う事もあるでしょう。しかし、コンセンサス以下でも日本株が下がり難くなって来ました。厄介なのは日経がソニーが増額の観測記事なんか流しているから、そういうのが下手に人気してほしくないんですよね。

まあ、今回の下落の底入れ感の無さは、出来高が増えないボリューム感にあるんです。それが先物主体だから底入れ感が無いのでして、その手ごたえの無さが個人投資家には気持ち悪いです。底入れした感じが無いから、自分の株が下がって行くとか、ブラックマンデーとかの記憶と重なってるんです。

まあ、ブラックマンデーの経験がある人は非常に少ないのですがね。そう思わされてるんでしょうなぁ。

3766システムズ・デザイン、5271トーヨーアサノ、8914エリアリンク
<<back|<146147148149150151152153154155>|next>>
pagetop