October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:参考銘柄(1月29日)

今日の見方からの参考銘柄です。

3940ノムラシステムコーポはERPコンサルの導入、保守が業務。昨日書いたようにた、ぶん今の地合いでは不向きだと思います。ですが、事業内容は今の時代にあっていますし、株価の位置もそう悪くはないと見ています。大型案件が無い分、ワンクッション遅れる反応だと思うんですよね。

6638ミマキエンジは欧州工場拡充で15億使ったのを弱い市場は減額懸念と見ますし、強い時は2割増産と言います。紙媒体は伸びなくとも、AI自由化から逆に印刷用インクの必要性が高くなって、自動印刷から起こる印刷の必要性がジェットリボンの必要性を高めていきます。安い時に押さえるタイプ。

9418USENは店舗や施設向けの配信音楽。最近は格安スマホや動画配信から物色されることがあり、海外の電子決済の対応もできています。販売強化などの問題はありますが、企業の足元は相当良くなったと思います。リクルートとの業務提携から販売などの強化は順調と見ます。

3968セグエはセキュリティーですが輸入販売。しかし、実際は人材派遣に強みで、SEを抱えて送り込むのが好調。民需向けが伸びはじめて後期型というのが自分は好きです。そういう流れから見た同社は、五輪の輸入販売向けで伸びが期待され、その国の商品でなければならないなど、それぞれ問題が出るんです。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(1/29寄り付き前)

源太会
『源太会スクール』2月新規会員募集を開始しました。詳細は源太会HPから。

源太による「株式会社カナモト」IR勉強会は今週水曜日(1/30)です。

今日の見方(1月29日)

月内最終日でNYではアップル、日本では村田やTDKと言った電子部品が決算発表を待っているとした時に、動けるか?と言えば動けないです。しかも、漠然とした強気だから、こういう時に個人投資家は慌ててしまいます。慌てるなら良いですが、弱い市場と判断して売りなんかも非常に多くなってきます。空売りから入った人も多かったですよね。

ただ、自分としたら来期の数字を相当弱く織り込んだ市場は、今期が想定より悪くても、通常の場合は織り込みもあると思います。そうした実例が多々出て来ているという気もします。一方、4〜9月の数字が良かった分、10〜3月の数字は悪くなるから、やはり減額はその範囲しか売り買いは出来ないのかと思っています。

そうこうした時間が過ぎてしまうと再び減額を気にする時間が来るのと、米中問題や英国のEU離脱問題が表面化するので、「二月は良いとしても三月はどうなるのか」という発想になります。その時が好業績なんだろうと思うんです。市場はアグレッシブだから、雰囲気で売り買いされます。ですが、個人投資家は「化け」を期待して売り抜けを良しとしません。

それは過去にやられたから取り返すという希望もありますが、やられる前に上がった記憶が強く、自分の持ち株もそれにあやかりたいと思う事から始まっています。何とも言えない気持ちですが、そうあって欲しい反面、そこを割り切ってほしいと思うんです。

決算【源太の講義】寄付き前

源太会
『源太会スクール』2月新規会員募集を開始しました。詳細は源太会HPから。

源太による「株式会社カナモト」IR勉強会は今週水曜日(1/30)です。

株式投資(1/29寄付き前)

キャタピラーも悪かったが、アップルリスクが言われてNYはそこそこダウン。この辺りだと思うんですよ。日本はどちらかと言えば安く叩かれているから反発する悪い決算ですが、上がって来たら悪い物は悪いという判断になるんでしょう。ここらが読み難い数字で、日経平均は昨日下がっているから適度に下がる雰囲気なんでしょう。

ですが、そもそも年末に下がったのは来期の決算で総体的には2割減益を見越した動き。だから、一度は織り込んだという物でそれ以上あるかどうか。その答えは難しいという考え方で、それ故に今日は小型株がどう動くかがポイントになります。先でよく下がったので、それ以上に下がるならば、やり直しという形ですからね。

だから、買うには「何故?」が必要なんであり、理屈の5GやAIシステムは強くないとおかしいし、そこが仕手化ではなく、普通に買われるような自然体が必要になります、そうした市場の雰囲気が自分は大事だと思うし、今日は月替わりで強く動いてほしいと思っています。

まあ、クレディーが売っているという事は余り良くはなく、この戻りを上手く取っただけだろうと思います。2月から3月はこうした何とも言えない投資が続くんでしょう。


4335IPS、6541グレイステクノロジー、3906ALBERT

嵐もスターか・・・。【源太の講義】大引け後

源太会
『源太会スクール』2月新規会員募集を開始しました。詳細は源太会HPから。

源太による「株式会社カナモト」IR勉強会は今週水曜日(1/30)です。

株式投資(1/28大引け後)

市場の友人に「なんか弱いなぁ」と話ししたら、「仕方がないよ、嵐がやめるからだ」と言われました。この前までは美人の女優さんや歌手じゃなかったっけと思いながら聞いていたんですが、まあ、説明しにくい安さだったということなんでしょう。これからNYはアップルがあるし、日本はTDKや村田と言った企業が決算を向かえますし、なんと言っても月内最終日で自己が居ないから、潤滑油が無いのでギクシャクした動きになります。

こうした時に弱い市場は売りから入る投資家が多く、その下げに先日から話す漠然とした強さは相殺されて、単に「なんで買ったか判らない」という状況になります。そうなったらこの市場は怖くて仕方がないはずです。この事を先日から話しているのでして、強気・弱気、投げとかは良いけれども、「今、なぜ儲かると思ったのか」はここに掛かるんです。

まあ、自分はここで怖いが、月替りで銘柄が変わると踏みながら、指数が買いにくい時間帯と思いながら市場を見ていました。実際に決算が出たら反応は違うんでしょうが、気色悪いから先に買えないんですよね。

3906ALBERT、4335IPS、6881キョウデン

サウジ皇太子が新戦略、

サウジ皇太子が新戦略、46兆円超のインフラ整備計画−28日詳細公表 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-27/PLZWCT6KLVRF01

気になること【源太の講義】お昼

源太会
『源太会スクール』2月新規会員募集を開始しました。詳細は源太会HPから。

源太による「株式会社カナモト」IR勉強会は今週水曜日(1/30)です。

株式投資(1/28お昼)

市場は気になることが多いのか、集中力がないです。上がりそうな物があっても、ギリギリで躊躇が見えます。一方で、やるやらない的な物や材料が出て中味の良い物には皆が集中します。ブロードバンドタワーとか凄いですよね。要するに、誰かが背中を押してくれるような形があれば、皆が買いに行くのですが、何もしないと「良いとは思うんだが」「上がるとは思うんだが」と、思いながら横横の見送りになっていくんです。

そうしている時に、月替りで自己が動けないとか、月代りが嫌だとか、今週末の米国の経済数値がとなって、「気にする人」が売りたがっている状況です。買ってもいいんだけどが、先の大きな下落から腹が座らないような状況になっているんでしょうね。何が悪いじゃないのですが、漠然とした買いはモチベーションが大事ですからね。

サウジが新戦略とか、中国が何かとか、話は多いのですが、それが体に伝わってこないということになります。後場に少し個人が遊ぶ雰囲気が出たら良いのですが。

4335IBS、6881キョウデン、3967エルテス

負担増めぐり交渉難航=トランプ氏意向に韓国反発

負担増めぐり交渉難航=トランプ氏意向に韓国反発−米軍駐留費(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000012-jij-n_ame @YahooNewsTopics

米共和党のリンゼー・グラム上院議員

米共和党のリンゼー・グラム上院議員
「トランプ米大統領がベネズエラへの軍事力行使の可能性を示唆した」

12月19−20日分の金融政策決定会合議事要旨

12月19−20日分の金融政策決定会合議事要旨
「ある委員は、プラスの需給ギャップを背景に、消費者物価の前年比はプラスで推移しているが、10月以降、原油価格が大幅に下落し、ここ数年の上昇トレンドに変化がみられることは、物価に対する今後の懸念材料であると述べた。」
「ある委員は、今後、需給ギャップが一本調子で拡大する可能性は低く、原油価格の下落も「物価安定の目標」達成をさらに遅らせるかたちで作用するため、2%に向けて上昇していく姿は展望できないとの見解を示した。」
「長期金利はゼロ%程度を中心に概ね対称的に変動するのが自然であり、長期国債保有残高の年間増加額約80兆円のめどのもと、柔軟に国債買入れ額を増やす局面もあり得ると述べた。別のある委員は、最近の金利低下は、米中貿易摩擦などを要因とした世界経済の先行きへの不安が引き起こしたものと考えられるため、この状況で金利を元に戻すようなオペレーションを行えば、むしろ金融を現状より引き締めることになってしまうと指摘した。」

米、ロシア制裁の一部解除

米、ロシア制裁の一部解除 アルミ高に配慮:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40547090Y9A120C1EAF000/
<<back|<149150151152153154155156157158>|next>>
pagetop