July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

10日香港株式市場

10日香港株式市場で、ハンセン指数は28665.14(前日比+0.36%)で寄り付いた。

主な成り行き注文(東証・前場)

主な成り行き注文(東証・前場)
 10日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文(8時50分時点)で、主な買越銘柄はソースネクス37万株、みずほFG22万株、オリコ12万株、双日11万株だった。

 一方、売越銘柄はテルモ23万株、NTTデータ23万株、日本通信22万株が目立った。

株式投資:参考銘柄(1月10日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4826CIJは二次受けシステム開発の企業。OS周辺で高い技術と四季報などに有るように、アナリスト間でも非常に人気しています。ただ、株価は動き出すと早い反面、なかなか動かないのは「時間かかる」という認識から動いた時に初めて気がついて乗ってしまう傾向から。会社発表数字が低すぎると思います。

3891ニッポン高度紙は電気絶縁体(セパレーター)大手で、海外の紙部門は売却して専業へ。この事から同社が売上げ減と設備投資の資金が加算で数字が落ち込みましたが、これは同社が今後安定した収益を作り出すもの。世界シェアも高いのですから、効率のよう製品と将来性とに焦点合わせた大事な改革だと思います。

4275カーリットは電池関連。FDKが動くように5Gにしても、自動走行にしても鍵は電池であって、キャパシタ用の電解液が一時的に落ち込んでも持ち直す可能性は高く、製造ライン故障など悪い部分が重なってしまった今期。電池の評価試験設備の拡充など先行投資もかかっています。来期はその効果が現れますから。

3936グローバルウェイは品薄ですが、先日までの負けた動きから一変しています。気がついたら買いに来ている雰囲気がありますし、実際、買いに来た時の速さは驚きます。足元はまだまだ不安定ですが、売上は伸びてきていますし、クラウド化が流行る効率化事業が街には多く、同社のやっていることはぶれていないと思います。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今日の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

今日の見方(1月10日)

今日の見方(1月10日)

結果論で上がって来たから、一昨日の買いは成功。ただ、こういうのも自分の知らない何かがあれば失敗だったと思います。新春相場は堅くというのをいつも思うのですが、大幅利食いの悪い癖がついてしまうのも特徴で、どこまでも上がると思ってしまいますよね。ですから、自分は「堅く」といつも新春は思います。

こうしたくだらない細かい部分が実は大事でして、持ち株の何を伸ばすか、何を生かそうとするかが大事な事だと思うんです。運用上、こうした発想は大事で、自分は品薄系の持ち玉はいつも少なめにして行くし、期待する物はソニーの様に象徴的な株式になります。とにかく株式の評価なんてのは時と場合で変わるもので、今の評価は未来永劫ではないと思う事です。NECなんか典型だと思います。

そうした見方は、安川電機<6506>の決算を見ていかに感じるのかが大事だと思います。過去、悪い数字がボトムとして買われて来ましたが、そこが今回も同じかどうかとか考えて行くべきでしょう。だから、今日はこの株式が大事で、次に3月決算物がいかなる動きになるのかが大事になって来ます。

そうした動き方が今は重要で、自分が思う「上がる」がどういう物なのかを明確化していきます。12月は「良くなる」だったものが、「そうだったから」高くなるのか、「もっと良かった」から買われるのか。でも実際は「上がるはず」で行動します。ですから、自分は堅く動く事が大事だと思うんです。

三連休前だから前場はポジション整えて、後場から何をするか考えます。

続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:参考銘柄(1月10日)

そりゃそうなんだが…。【源太の講義】寄り付き前

「源太カレンダー」発売中 →こちら
New!お知らせ 源太カレンダー用に毎月解析していこうと思います。これはもうじき募集しますが、カレンダーの解析法が判らない人のために。こちら
*****************************************

株式投資(1/10寄り付き前)

イラン問題が一巡して、TVでは悪化を期待して用意したパネルや評論家を使うために危機を話していますが、もうじき終わるんでしょうね。為替が一昨日から堅調になってましたし、今朝のNY当たりの為替の順調な円安で、勝機を取り戻しています。いよいよリスクオンという感じでしょうか。

ここは「早さ」で皆が動きますが、「中味」で動いた方が良く、早さならば割り切った売買が求められるから理屈じゃないと思うんです。苦しんだエルテスがやっと上がって来ましたが、過去の上がる時に比べて理由が非常に出尽くされた物が多く、判断は難しい状況になります。でも、動きはしっかりとした感じで、そうした株はこの市場に非常に多いです。

理由が「そりゃそうなんだけど」という物は、基本的にはその評価は既にされている物が多く、やはり需給相場という物が非常に多い気がします。それで良いと言えば良いのですが、難しい物です。今日はソニーから視点を転じる傾向が出るんで、安川電機<6506>とか新しい現実株の動きが大事になりますよね。

ゆっくりで良いと思います。

9424日本通信、3891ニッポン高度紙、4320CEホールディングス

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
<<back|<149150151152153154155156157158>|next>>
pagetop