October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:参考銘柄(12月23日)

今日の見方からの参考銘柄です。

6638ミマキは悪い市場の時期に、欧州での設備増強を発表。だから、15億ぐらい使うから減収の可能性と思われて、その時は今後の増産を期待していたのに、下がればそういう解釈だから困りますよね。IOTの発達は無人印刷が多くなり、それによって消費インクが増えているのを考慮したら、今が狙い目。

4664RSCはセコムと提携で株価が先に上がっていました。しかし、その後市場の悪さもありますがダラダラ。ですが、今後の警備会社はオリンピックや万博など考えたら人手不足になる業種ですし、そのための教育も大事になります。だから提携ですが、これから介護も含めて同社は有利に働いてきます。

4293セプテーニは情報銀行に乗り出す電通が先日TOB。同社は広告ですが、その効果や収益の出し方は心得ていますし、効率化を進める現在の企業は「電通」という名前で宣伝も確率も相当変わります。同社がこうして戻ってきているのも、それらを重要視したがためであり、ここでのもみ合いは週末の投げ狙いで押さえたいところです。

2375スリープロはIT軸の営業支援。昨日書いたんですが、非常に堅調な動き。しかし、株価は相当な下の水準であり、事業内容から時流にあっているのに、この位置は需給で問題があったとしか考えられません。時間さえ長い目に取っておけば、コールセンターや営業支援などのバックオフィスだけに伸びていきます。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(1/25寄り付き前)

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
残席わずか、お申込みはお早めに。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

今日の見方(1月25日)

今日は昨日一休みした物か、ずっと下がっていた物が上がって来て欲しい場面。一方で、昨日から動き始めた株式が、一押しもあろうが頑張って抜け出して欲しいんです。特に、優良に順ずるタイプで好業績が非常に下がっていまして、皆が「こんな値」だったんだと思われるような個別株がここで急騰することが多く、多くの銘柄の戻りを持っている人にとっては、やっと十二月の値段。つまり、外から見たら凄く上がっていても実際持っている人は、まだまだという評価が多いという事です。

「隣の芝生相場」は、非常にイライラして何かやろうと思います。でもお、それは先週も一緒で「何か儲かりそう」で動こうとするから、下がったら昨日のように投げ飛ばす人が非常に多いのです。自分からしたらこういう市場は貯めこんで待つんですが、そうした投資、今の早い投資を好む時間では無理になってしまいます。

あえて皆と迎合しない売り買いをするのですが、それはある意味、自分に自信が無いが今回の市場の仕組みや経済に対して一定の売り過ぎとやり過ぎを感じているから。そうなったら、この地合いは時間を捨てる事も大事になって来ます。結果的に早いという動きだけで、特に普段の投資と変わらないし、ペースを変えないという事。

ただ、狙う物が昨年と違ってアクティブになってきたということが判るし、一方で、循環型が売られ過ぎていたのもよく判ります。それがこの半導体で、似たような事は他にもあると思いますよ。システム系なんか今の流行の設備投資で「最安値」というのが非常に多いです。

需給【源太の講義】寄付き前

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
残席わずか、お申込みはお早めに。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

株式投資(1/25寄付き前)

米国で半導体企業が好調との話。まあ、米国だから中国の影響は無いからだとは思いますが、あれほど悲観したのは「何時」に対してなのか。自分が思うのは、今回の大きな下落は「今」ではなく、「先」の話と皆が説明していました。そこに疑問があるという展開をして来たのですが、それが今の数字で何もなかったように上がるのが非常に不可解です。

要するに、クオンツ投資が失敗したり、リスクパリティー投資がうまく作動しなかった運用需給の話だったと思っています。だから、もう安心というのじゃなく、同じような事が非常に起きやすい状況にこの先もあるんだという事を認識してほしいんです。企業は悪くないが投げる理由を探すような。日経新聞の記事はそうした時に非常にアシストしている気がします。

で、今日は少し銘柄が変わって欲しいのです。昨日から電子部品が強かったのもありますが、最近軽量株が強すぎて少し過熱気味になっていました。だから、ずっと下がる軽量株や昨日下がった物の復活、もしくは、景気循環型の昨年ずっと売られたタイプが企業収益程度まで頑張ってほしいんですよね。

4382HEROZ、4323日本システム技術、3687フィックスターズ

新興が来ると・・・。【源太の講義】大引け後

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
残席わずか、お申込みはお早めに。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

株式投資(1/24大引け後)

新興株が来ると儲かる感が満載ですが、特別な情報じゃなく普通に今回はニュースが出て押し目買いで行けるから、私達の必要性は殆どありません。市場に自信がないので、初めから一気に買うことはないし、寄って下がって内容が良い物は切り替えしてきます。そういう単純な売買が成立するのは、過去のイナゴが影を潜めたのと、「疑い」の目線から株式見る癖がついてくれたお陰。

したがって、この市場の多くは本当に本来の軽量株相場に戻ろうとしているのでして、一年間下がった株式を探すような感じになっています。だから、意外に材料は過去に発表していて再認識された物が多いです。そうした感じの相場は結果的に早いですが、実は当て物みたいなものなんです。そして、「えっ!」っというほど下がった株式が多いのです。

こういう時は割り切った人しか上手く行かないのですが、明日は週末で投げが急がれたら引け楽しみだし、逆に朝賑やかだと後から大変だったりします。「暗闇の上昇」って先輩が教えてくれたんですが、今はそういう時間なんでしょう。

6328荏原実業、2375スリープロ、4293セプテーニ

週末を気にして【源太の講義】お昼

株式投資(1/24お昼)

先週後半から今週の頭まで、個別株の強いのが出るから、なんか行ける気がしてしまうんです。ですが、その時に先週から話していた「何故投げたのか」「なぜ買いたいのか」が、はっきりしていない人は、ここに来て投げになります。もちろん、目先、デイトレでの処分なら仕方がないです。

ただ、自分が言いたいのは、年末年初に怖がって投げた人がこの時期に「環境が変わった」として買うのは判りますが、非常に漠然とした市場が一気に上がるというには、何かの根拠が必要になります。そこをちゃんとしないで強気になったら、今日は明日の週末の需給や不透明感や下がる怖さを感じてしまうものです。

だから、そういう注意が今年は必要だということで、自分は投資スタイルの変化と投資対象の変化で、運用形態が変わったとして軽量級を見ています。講演でも話しましたが、今の地合いはこうした運用変化から意外高が生まれるのでして、ニュースは結果論だと思っています。

今日は木曜日。売られたものが後場上がると来週楽しみなんですが。

3906ALBERT、4664RSC、5699イボキン

EU首席交渉官、英方針転換なら政治宣言の再交渉可能

EU首席交渉官、英方針転換なら政治宣言の再交渉可能

EUのバルニエ首席交渉官は、ブリュッセルでの講演で、英EU離脱合意案のうち、離脱後の両者の関係を示し、法的拘束力がない政治宣言については、英政権が「レッドライン(許容できない一線)」としていた条件を変えるような方針転換をすれば、EUは即座に再交渉する用意があると述べた。

消費動向指数修正

消費動向指数修正、18年4月以降最大0.2ポイント上振れも:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40395480U9A120C1EAF000/

1月の世帯消費動向指数

18年11月の世帯消費動向指数、前年比1.3%増 2カ月連続増加:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL24H4Y_U9A120C1000000/

海外勢、日本株を3週連続売り越し

先物買い基調だったがなぁ・・・。

海外勢、日本株を3週連続売り越し 先行き不透明感で 13日〜19日:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL24H4Z_U9A120C1000000/

株式投資:参考銘柄(1月24日)

今日の見方からの参考銘柄です。

5699イボキンは都市鉱山関連ですが、昨日も産廃業者の好業績が出ていました。ですから、こうした業者は過去と違って建設会社の片付けや解体などの、時間的なロスと人の活用を考えた節約から来た動きなんです。そこに再利用や産業機械などの新しい物とかのブームになっていると思ってください。

3967エルテスは苦しみながらも一番難しい位置をじわじわと反発。気が付いたら自然に三角保ち合いを抜け出していこうとしているのであり、ここを抜けたらちょっと面白い位置。デイトレ気分で逆張りが効くと思いますが、過熱すると失速したりしますから、上手に付き合ってください。

2375スリープロはIT軸の営業支援と四季報に書いてあるように、今、企業が必要としている「営業の効率化」に懸る部分。従って、こうした企業は先行投資なども必要で、とにかくデータが必要になります。コールセンターやタブレット支給は、その一歩で収益も乗って来ています。

6955FDKは先日急騰して反落中。仕方が無いと思います。目線は中期の株式で電池関連の重要性と現在の数字が合致していないから。しかし、今の市場はPERが非常に高い物が狙われるように、こうした将来必要な高い技術株は、自動車企業などが引き合いに来る物で、将来考えたらここの押し目は買いだと思うんです。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者
<<back|<151152153154155156157158159160>|next>>
pagetop