September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今週の見方(3月1日)

今週の見方(3月1日)

先週の米国市場ではナスダック総合指数とは対照的に、ダウ工業株30種平均の下げ幅の大きさが目立ちました。ダウ平均には中国関連銘柄も多いですから、新型肺炎が拡大するなか2月まで大幅上昇していただけに、その反動が一気に出た格好。一方、上海総合指数は昨年から米中貿易摩擦で全く上昇していなかったところに新型肺炎が発生、1月の春節の休み明け直後に急落したものの、新型肺炎の封じ込めと政策期待で先週にかけて戻していたと思うんです。上海市場は海外の投機筋から仕掛け的な先物売りを浴びない「隔離市場」でもあることも難を逃れた一因だと思います。

結局、週末のガラを引き起こしたのは執拗な外資系の売りで、クレディスイスは1万枚を越す空売りを仕掛け、ついに連敗を止めた。そこにGSやJPなどが便乗していたために、実際の患者数に比べて問題が大きく宣伝されたという気がします。

先週の日経平均は急落。ダウ平均に比べて2月までの上昇幅が小さかった分、印象として下げ幅もやや小さかったが、日本株の下落は被害に比べて軽く見過ぎかもしれません。しかし、実際に週末も自然反発をし始めていたし、駄目を押したのは、慌てた政府がマスクも付けないで、マスクやうがいを要求したわりに政府関係者がマスクをしていないという、政府関係者個々に問題意識が無い人の「問題化」から慌てぶりが見えたという事。結局、五輪が大事でその為の「躊躇せず行う」だったのでしょう。

特に「直轄工事の一時休止提案」は、三月末に集中して支払われる為に、官公庁からの状況も変わるし、支払いが完成工事型の場合は来期後半までずれ込むケースも想像できてしまった。「経済を止めるのか!」の機運が市場全体に蔓延し運用者の気力が消え、個人投資家の投げを生んだ「ガラ」が出来てしまった感じです。さすがにそこは買い向かうという事から出来高が上昇しました。

空売り推奨も説得力があり、ユーチューバーの売り屋の存在が目立ったと思いますね。4分6で質問も「売りたい」が多い状況になっています。先への不安と読めない企業収益がありますし、実際、米国で死亡者も出て来ましたから。

話が外れてしまったんですが、言いたかったのは、「ダウ平均、上海総合指数、日経平均と三者三様の動き」は新型肺炎の織り込みが順次進展していると感じる事が出来るんです。経験上、各市場の本質的な事情が違う時に、影響から全部下がっているようで、本質的な強さや売り過ぎから自然の相場が変わってくる傾向があります。上海総合指数の動きが日経平均の本格反転に結び付く可能性があるという事は過去にもありましたよね。

週末は市場が冷静な目を失った「ガラ」の症状だと思うので、筆者はここは強気を通す方針です。但し、業績下押しや上がる企業は選ばれるという気がするんです。ましてや、ISMや雇用統計の出る週だけに反応が判らず、一方通行も出来ないでしょう。米国での感染者の推移も影響があるかもしれません。だから、グロースらしい「確認しながらの強気」という解釈ですが。

日本の企業業績は昨年10−12月期の回復感が乏しいなか、新型肺炎の影響は1−3月期に大きく現れると考えられますよね。さらに新年度の会社計画も保守的な見通しとなる可能性が高いでしょう。こうした不透明な局面での個別銘柄の投資戦略としては、
/祁診抉蠅侶找が続く間は現在株価が評価されている銘柄に追随する
⊃祁診抉蠅僚息後をにらんで上昇が期待される銘柄を押し目買いする
などが考えられます。そうした自分の投資方針を固めておくべき。下がると思うならばそういう風な組み立てをするとか。この場面は半端は命取りになります。


続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:今週の参考銘柄(3月1日)

安倍さん大丈夫?【源太の講義】大引け後

株式投資(2/28大引け後)

NYで経路不明患者が見つかってお昼に急落したダウCFDですが、残念なのはこの市場で需給的に解決したものが、今回の政策から企業業績懸念になって「実態売り」に変わってしまったこと。つまり、ダメ押しに近いリアルな実態ということになります。特に、オリエンタルランドの朝からの売り買いに、お昼の休業の話、その後の反発見ていたら、需給は改善されていたのにと言う部分が強調されますよね。

良く有るのは、少し時間が経った時に「あそこで買っておけば良かった」という風になるんですが、この市場で直面していたらなかなか買えるものではないし、自分は打診した物さえ不安に感じてしまいます。それくらい政策に付けですから、政策が「動くな」ということはきついことなんです。

まあ、言ったって仕方がないが、ここでこういう「英断」と言われる政策を取るならば、もっと違った英断が早い時間に出来た気がします。なんか安倍さんが出来上がった気がします。

4544みらか、4388エーアイ、4753クリーク

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

15日までの根拠は?【源太の講義】お昼

株式投資(2/28お昼)

需給的には逆転してたのに、15日の根拠は?

直轄工事の15日までの延期や各イベント取りやめを通達しているから、株価は戻り始めているオリエンタルランドとかも休業します。先ずコロナウイルスを止めるというならば、何故先週頭でも遅いのに動かなかったのか。野党は桜の話で追求してましたが、この場面はどうなるのか。「本当に大丈夫なのか」と運用する立場では思うはずです。

つまり、ラッキーでNY時間ぐらいから上がってくれたら良いですが、リスクパリティーの需給がどう動くか判らないし、AIに対してはトレンド勝負だから買うしか反転はないんですよね。そうした時間帯に先行して下げていた我が国は、この場面で「これは無いでしょ!」ということ。

中国は景気を守るということで多くの損害に対して前向きですが、日本は学校に関しては対応すると話していますが、基本的には休止した事業の損害や日雇いなどの収入補償、イベント停止の損金など、相当な景気のダウンです。

それに公共事業停止じゃ本末転倒だと思うし、だいたい、15日の根拠は何なん?そこで広がってたら延長ってことですか?

4763クリークアンドリバー、5142アキレス、4544ミラカ


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

株式投資:参考銘柄(2月28日)

今日の見方からの参考銘柄です。

2899永谷園ですが、お茶漬けが後半下振れで収益が難しかったんですが、外出控えから家での食事が増え、インスタント味噌汁などの需要が高くなりました。こうした素朴な需要株でも大きく叩かれているのでして、こういう相場の時にバリュー投資的に考えて良いのではと思います。

6034MRTはオンライン診療。この発想が今後は続くと思います。病院に人が多いというのが院内感染だとしたら、病院も極力患者さんをこさせないようにします。つまり、遠方の患者という感覚で考えていたことが現実として今起こってきたのでして、こうした社会現象の変化は掴んでおきたいです。

9263ビジョナリーは根本的にはウエラブルでこの下げには関係ないもの。しかし、流れからこの株式は換金で押され、少し下げ過ぎの水準にあります。ですから、こうした仕手っぽいものは切り返す可能性が高く、この市場はこうした株式が多いです。まずは打診から入ってみたらと思いますね。

6580ライトアップも気の毒な下落。後半型企業はこの騒ぎで收入に問題がと言われますから。ただ、同社のような営業支援型はITツールの導入支援で、この流れで同社は変わらず良い感じ。テレワークなど考えれば必要性は判りますよね。先行費がかさむから数字は良くはないが今の株価はそれを越えた売物になっています。

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今日の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

今日の見方(2月28日)

今日の見方(2月28日)

この年になってこの下げかよって言いたいですが、昨年や一昨年はもっときつかったんですよ。24000円から短時間で21900円割れまで行ったんですから。それと思うのは、NY1000ドル安というのに妙に皆が落ち着いています。それは企業の力が安定した事と、個別株が下がってもどこかで上がる事を知っている日本人と初体験の欧米人では少しニュアンスが違うという事。

大事な事はこの市場の強みは日本株は将来の良さを買おうとしているのと、先に下がったから、需給的に売りが弱くなったという事です。今日は週末だから仕方が無いとしても、来週末の雇用統計辺りで嫌な気分があるとしても、基本的には来週の火曜の午後には、売り飽きから悪条件の中から買うという流れが出来ます。

自分が気にしているのは、安倍政権が中途半端な動きをしている事で、イベント中止などが相次ぐと、企業倒産や赤字化が出始めますし、その事から厄介な投資に関しての動きが減り始める事で、5月の決算が非常に不気味になるという事。日本株は欧州へ資金移動から本質的には叩き以外は売りはなく、個人投資家はモチベーションさえ保てばどうにか形になると思います。

今日から打診しながらの銘柄選択で、最初はこの環境で潤う企業からという見方になります。

続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:参考銘柄(2月28日)

<<back|<153154155156157158159160161162>|next>>
pagetop