October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

名目賃金の伸び下方修正

名目賃金の伸び下方修正、18年 勤労統計不適切調査 :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40349560T20C19A1MM0000/

米上院、つなぎ予算案を24日採決へ

米上院、つなぎ予算案を24日採決へ 政府再開は不透明:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40349430T20C19A1000000/

18年12月の貿易収支、553億円の赤字 通年は3年ぶり赤字:

18年12月の貿易収支、553億円の赤字 通年は3年ぶり赤字:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL21HW7_R20C19A1000000/

株式投資:参考銘柄(1月23日)

今日の見方からの参考銘柄です。

3987エコモットは空売りが増え始めました。位置は過去に言った時よりも相当上がりましたが、防災関連として見て来た同社は今は一種の仕手的な存在になり、ある意味、市場の中心的な存在になっています。こうした感覚の株式の空売りが増え始めたらデイトレ用に使われたりします。

5699イボキンは都市鉱山関連。都内のビルの建て替えやオリンピックに備える改装などから産業廃棄物がどっさり。リサイクルや金属加工も好調で、こうした企業は一定の寡占的な企業になって来ます。建設業者は経費節減でこうした作業を専業者に任せることが多く、解体作業などまだまだ続きそう。

4382HEROZはここに来て一服。しかし、それは売り物が薄から上がっただけ。期待はあるのですが買うに買えない状況。売り物を上まで買うには気が引ける地合いですし。そうなったら、こういう時はスルーされます。しかし、ここに来て小型株の物色変化が始まっているから、ここから注意。

3967エルテスは非常に悩ましい動きをしますが、基本は電通の安定した成長に伴っての新しい事業の考え方。従って、こういう流れは同社を長期的に信じて、買い過ぎ場面や売られ過ぎ場面での考え方が大事です。昨日は後場から出直ってきた動きを見ると、少し変化して来た可能性があります。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(1/23寄り付き前)

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
お申込みはお早めに。残席が少なくなってきています。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

今日の見方(1月23日)

NYの調整は昨日ラジオで話したり、講演で話したように読み筋。だから、市場は2日間死にたいという相場で、活況な雰囲気は出来なかったですよね。それでも下がる時は一人前下がる市場で、こうしたけだるい動きは投資資金を少なくして、下落に対応していかなくては仕方が無いように感じます。

ですから、口座がしっかりしていないのに、情報から新しい物を買おうとしてしまう事が非常に怖いのです。評価損や維持率がしっかりしていないのに、買いを入れてしまい修正が効かないと、整理整頓されていないから一段下がってしまうと復活できなくなります。

要するに、何度も言いますが、口座を一度整理して、「こんな方針で行く」というスタイルが大事でして、そういう流れは下がった時にいくら取り戻すという風な一定の計画が出来ます。投資家は計画を立てないで行動しがちですが、運用者は常に目標に対しての進捗を見て行きます。

いくら儲けるか計画が立つ物ではないのですが、それでも一割は儲かる局面って下げ過程では出るものなんです。


適当な調整【源太の講義】寄付き前

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
お申込みはお早めに。残席が少なくなってきています。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

株式投資(1/23寄付き前)

昨晩のNYが本当に気になっていた方が多かったんですが、やっぱりの感触。で、実際に下がってしまうと、なんか心の中で「こんなものか」なんて気持ちになります。景気後退という感じからの売りでしょうが、実際はSQの済んだ米国は買戻し相場が終わって、基本的には普通の力の無い市場に変化したと言ったところか。

ただ、良いのか悪いのか下落相場に慣れてしまった日本人は、下がることに関してー200円だと下げた雰囲気がしないというのが実態で、それよりも「持っている物」さえ上がればというように、クオンツ型が売られて来ていたから、指数とは別に動く個別株の習性が見えたりします。

こうした動きは市場内では大口投資家の動向という風に感じるのですが、大事な事はそれを情報として売り買いした時に少し変わったニュアンスになってしまい、買って弱気や上がれば大化けしてしまうような気持ちになってしまいます。まあ、この市場は非常にナーバスなんですが、個人投資家さんは比較的鈍感な動きになっています。それでいて投げが早い市場は、ここで調整は良いが大幅安は具合が悪いんですよね。

強気か弱気か投資家の腹が座っていない気がします、

4382HEROZ、4274細谷火工、2173博展

難しい読み【源太の講義】大引け後

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
お申込みはお早めに。残席が少なくなってきています。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

株式投資(1/22大引け後)

この市場で難しいのは売り買いのタイミング。今晩のNYなんかが気になったような市場の動きでしたが、その分、「先に下がったんだから」と考えるか「満月天井かなぁ」なんて非常に迷います。こうした時は自分は曖昧な玉は外して枠を確保し、無茶苦茶下がって保持している株式と意外に上がった株式を持っておきます。

投げるには位置が低すぎる株式も多く、市場は少しグロース気味だから化ける物はとことん上がったりします。こうしたやり方が良いのどうかは不明ですが、この時間帯は何か枠を空けるとしても工夫が大事で、警戒しながらの強気というか何か動きが必要です。

自分は大きな押しがあったから、暗闇の上昇というスタイルだとは思いますが、上げ過ぎたNYや個別株の過熱ぶり、不確定な決算と工作機械などの落ち込む時間帯、米中貿易も何やら簡単に片付くとは思えない部分などあります。だから、躊躇しながら漠然とした売り買いが増えてくるような気がするんですよ。

なんかこの市場は気持ちを休めさせてくれません。

4382HEROZ、4274細谷火工、2173博展

割合頑張った。【源太の講義】お昼

株式投資(1/22お昼)

昨日の動きがあるから、今晩のNYなどが怖い割には頑張っていましたよね。しかし、買い切るほどの力はない様子で、この市場は伸びがないから非常に難しいです。前場買ったのが短期売買でなければ、良いのになって思います。そういう気持ちの中では、前場は健闘したと思われます。

自分は今日は後場から外出しますから、余り動けませんでしたが、本当に強い市場だとそういう事も考えないし、そういうことを理由にしているだけ市場は弱いんですよね。ですが、一度大きく下がった市場は悪い部分を予測した投げが展開されています。ここでの大きな下落はその下落を肯定するようになるから、ここは調整程度は良いですが、結果的に高いのを望みます。

本来、2月・3月下がるべきものが早く出たという風な感じの相場は、曖昧な下値の中、なんとなく高いという日程的に不安な時間帯を過ごして欲しいものです。

4382HEROZ、6814古野電気、3967エルテス

本邦勢、ドルロングのストップを109.50円近辺に引き上げ=ブルームバーグ

本邦勢、ドルロングのストップを109.50円近辺に引き上げ=ブルームバーグ

ブルームバーグはアジア拠点の為替トレーダーの話として、東京を拠点とする投資家勢は、最近構築したドル/円のロングポジションのストップロスを109円50銭に方向に引き上げてきている。
水準は1時間足の一目均衡表の雲の上限を下回っている。
109円80銭から110円ちょうどはオプション関連の売りをしのぐ輸出企業の売りで重い。

政府、賃金デジタル払い解禁検討

政府、賃金デジタル払い解禁検討 戦略特区、キャッシュレス化推進 | 2019/1/22 - 共同通信 https://this.kiji.is/460249967015461985?c=39550187727945729
<<back|<153154155156157158159160161162>|next>>
pagetop