October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

日本の悲観論目立つ

「5年後に自分の生活が豊かになっているとは思わない」との回答が最も多かったのは日本で、「知識層」を除く一般人の84%が、豊かになっているとは思わないと答えた。。

「政府より会社を信頼」 ダボス開幕前の調査、日本の悲観論目立つ https://reut.rs/2sAB6fd

トランプ米大統領は

トランプ米大統領は、自身のツイッターに、月末に予定されている中国との閣僚級貿易協議を前に、中国の経済成長率が28年ぶりの低水準になったことを取り上げ、「中国にとって最終的に真の合意をするのが道理にかなっている」と投稿、両国の貿易摩擦解消に向け改めて譲歩を促した。

仏政府、ファーフェイ標的の法案を検討=仏紙

仏政府、ファーフェイ標的の法案を検討=仏紙

仏紙レゼコーは、フランス政府が中国通信機器の華為技術(ファーウェイ)製品を標的に、安全保障・防衛当局にセキュリティーチェックの権限を付与する案を検討していると、報じている。

株式投資:参考銘柄(1月22日)

今日の見方からの参考銘柄です。

3080ジェーソンは低価格販売の小売りチェーン。昨日は元々人気が無いから閑散になってしまうと、非常に不利になります。ですが、「課金」程度で終わるのは、低価格は販売に対して、先の好決算と株価の位置から気長に眺める投資家が多いのだと思います。今は速さが強いですが、不景気用の内需ですから。

6625JALCOですが、以前から良く話すアミューズメント関連で、カジノ関連で狙われます。しかし、自分が思うのは利益は足踏みですが、売上が変わっていますし、そうした動きは収益だって、最低来期は変わってきます。こうした評価が時として、大きな動きになっていくんです。

4293セプテーニは昨日失速。仕方なかったと思います。元々力の必要なタイプだけに、あそこまで閑散になれば、流石に失速。電通のTOBが買いの根拠ですが、思惑の部分だけに少し時間がかかるのは仕方がなく、こうした地合いになったら参加者が必要になります。今日投げが出たら丁度良いんですが。

6309巴工業は以前お伝えした株式。ここに来てシェールガスをネタに買われてきたのですが、こうしたこの地合でも動いてくるというのは、抜け出した時に他よりか注目される速度が早く、今日上手く抜け出していくならば意外な動きがあるかも。8月の高値に接近していますから、自然とは思えないです。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者


今日の見方(1/22寄り付き前)

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
お申込みはお早めに。残席が少なくなってきています。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

今日の見方(1月22日)

難しいのは商いが無い時に抵抗しにくい事。下値覚えがあるから売る時に大きく下まで売るし、昨日は「売り」と感じた輩がプット買ったり、先物売ったりするから総体的に上値が重くなりました。せめてこれは違うなんて感じが欲しいのですが、それが無いから余計難しい状況になるので、市場は非常に気分が重くなって行きます。

ですが、そうした中でも運用の一角が動く形跡があるのですが、それは今の投資家には興味が無いところで、バイオやシステムのような「動き」に関心があります。でも、自分たちはそうした見方が無いとしても、じっくりとした見方が大事で、辛抱強くコンセンサス以上の決算だったり、高い技術で今後必要な物を買いに行きます。

ここは時間を捨てることが大事で、単純な目先投資は通用しません。人気化する高い物への見方もありますが、自分は位置的に換金は来やすい物として、逆張りで対抗しようと考えています。いや、昨日の朝辺りなんか買いたい人が多くてびっくりしたんですが、手ばなしで買えるほどの強気は無かったのですが、儲かりそうという気楽な動きから、安易な買いが入ったんで投げが出ると思うんです。

位置は下から1500円上がった場面。レシオは低いまま。だとしたら、この市場は気迷いが出て当然。早く売り買いした方の逆張りだと思います。

頑張れニッポン【源太の講義】寄付き前

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
お申込みはお早めに。残席が少なくなってきています。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

株式投資(1/22寄付き前)

本来もう少し材料株思考になるはずが、全くの覇気の無さから失速。というのが、昨日の市場でしたが、さすがにここまで閑散になると、根底に不信感があるから換金が進みます。バイオも少し疲れているから反発的な動きも無く、新興市場は嫌な気分になっていました。

仕方が無いと昨日書いたのですが、それは立ち会いが終わった後の「やる気のない」流れで書いた部分もありますが、とにかくノリが悪くて、何も手が打てない状況だから。そして、移動平均線や日経平均のこの上にある抵抗帯から買うには、もう少しモチベーションが必要と感じるから。

米国はそこそこ上がっていますし、ストキャなどの過熱感を表すものは高く、実際のEPSなどが眼中にない市場は、景気の下向かいを意識したという格好。そうじゃ無いんだという暗闇の上昇という古い言葉が現れなきゃいけない日なんですがね。逆張りの時間ですが、どうか後場頑張ってほしい物です。

売られ始めたら抵抗力が無いから本当に難しいです。

4382HEROZ、4293セプテーニ、2173博展

無気力【源太の講義】大引け後

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
お申込みはお早めに。残席が少なくなってきています。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

株式投資(1/21大引け後)

今晩、NYが休むと日本人はどう動くか判らないので手仕舞い、もしくは、買い意欲がないという状況になります。そして、この市場の厄介なのは「割安」に自信がない事でして、その自信の無さは非常に下がった時の記憶が強くて、先週末や今朝の「何か上がるものはないか?」という気持ちが「買うんじゃなかった」「儲かっているから売っておこう」という風な気持ちになっていきます。

生徒が先生を煽って暴力を奮わせて、それをスマホにとってアップしたことが問題になっていますが、似たような煽りは本当に多いです。それで良いのかどうかは別として、そうした「作りもの」の市場ですら、しようとしている部分は少なく、やれば出来るような状況ですが「なんでやるねん」という感じなんですよね。

まあ、そういう事やっても良くはないのですが、昔はこういう時は4者が会議して色々行うんですが、今はそういうこともやらないから売り方が叩くのをじっと見ているような暗い流れになってしまいます。明日の先物の手口がどうなっているかとか見てからですかね?

気持ち的にはNYはよく上がっているし、売りも出るところでした。

4382HEROZ、5699イボキン、4323日本システム技術

寧吉哲中国国家統計局局長

寧吉哲中国国家統計局局長
「中国にはマクロ政策支援の余地が十分にある」
「中国には妥当な成長率を達成できる自信と能力がある」
「米中貿易戦争が悪影響を及ぼしているものの、経済成長への影響は管理可能」

逃げ【源太の講義】お昼

源太会
【大岩川源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
お申込みはお早めに。残席が少なくなってきています。
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

株式投資(1/21お昼)

見ていたら「逃げ」が目立つ市場で、時間外のNYや中国の動きを見ていたら、自主性が無く、全く市場を信頼していないというのが分かります。ですから、虚無感というか換金力と行くか、仕方がないんですが「悲しい相場」に陥ってしまうような感覚になります。だから、「暗闇の上昇」なんて言葉を知らないんだろうと思います。

とにかく、「今」を重要視する投資は、割安と頭で思って買っても、上がってきてみたら割安と感じがないんです。なんだか自分が思うような投資は、「自己都合の解釈」で行くしか無いような感じですよね。だから、朝方だめでも後場から動き出すものもあるし、後場から失速するものがあります。見ていると、後場に伸びない株式が増えていますが、投げられた株が後場から持ち直すようなタイミングも多いです。

まあ、個別の実力を見ながらという感じになるんでしょうね。意外に良いものが多くなった水準で、下がり過ぎたから気にしているんだと思います。

6814古野電気、4382HEROZ、4427EDULAB

10−12月期中国GDP(前年同期比) +6.4%、予想 +6.4%

10−12月期中国GDP(前年同期比) +6.4%、予想 +6.4%

10−12月期中国国内総生産(GDP、前期比年率)+1.5%、予想 +1.5%

12月中国鉱工業生産(前年比)+5.7%、予想 +5.3%

12月中国小売売上高(前年比)+8.2%、予想 +8.2%
<<back|<154155156157158159160161162163>|next>>
pagetop