September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

新高値 0

東1
新高値 0
新安値 1309

きわどい動き【源太の講義】お昼

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/21お昼)

2万円は割れていませんが、もうこうなったら割れても割れなくても良いから、好きにしてくれの感じになります。ただ、後場の恐怖から市場は本来引けに投げるものを早く処分しています。ですから、この市場は大分怯えていると思われます。そこが克服できないと週末ですから難しいでしょう。

ただ、月末・週末・年末という考え方で行きますと、来週は動き方が変わる可能性が有ると思います。そして、トランプさんが切望する「壁」の費用が確保されたということになるなど、前進していることは多く、昨日も中国と米国高官が話し合っていたりすると伝えられていますから、ここは理不尽な売りに対して強く向かいたいと思います。

意気消沈と口座の痛み、精神的な挫折など確かにありますが、そこはやっぱり動き方が違うんだという風に感じながらこの市場を見ていく必要があると思います。商品上がりの連中に負けたくないですからね。そのための朝の作戦だったんですから。

3967エルテス、3753フライト、2445エスアールジータカミヤ

日産のゴーン元会長を特別背任容疑で再逮捕

日産のゴーン元会長を特別背任容疑で再逮捕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39230900R21C18A2000000/

震災後の2011年3月15日が1048銘柄。

震災後の2011年3月15日が1048銘柄。。14日に原発爆発。。

ラジオNIKKEIより

ラジオNIKKEIより
12/21(金)前場10時段階での東証1部の新安値銘柄が1150に。

わぉ。。。リーマショック後の1163銘柄超えそう。。。

株式投資:参考銘柄(12月21日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4293セプテーニですが、まだまだ、過去の第三者の売りは出てくるのでしょうが、先日のTOBで顔を出した電通のことなど考えると、目先は分からなくても、先行きは非常に有利と思っています。こうした皆がバタバタしている時に、下げすぎの流れが出たら面白いと思います。

3852サイバーコムが昨日は下がっても下がっても買いが入って、結局は+57円。5G関連は、今後大きく力が入ってくる部分であるし、来年の大きな目玉になるものが、この時期年末に向かって急騰なんてことも多々あります。ですから、ここは慌てないで、週末の売りや警戒の売りが出たら狙ってみましょう。

6489前澤工業ですが、内需型だけに為替は問題なし。官需企業でしたから、非常に仕事は安定。国土強靭化の間接的な役割もあります。そして水道問題は「やらざるを得ないこと」の事業で、震災などに強い物がいるんです。こうした難しい時期には位置から見て狙える株式を考えてはどうでしょうか。

3491GATECNOROGIESは非常に強い企業。昨日の朝は高く、NY安を全く無視していました。しかし、流石にあの市場は換金売りに見舞われるのですから、そりゃ仕方がないと思うんです。逆に、最後に市場が少し戻ると結局プラスの引け。売り物が出るようになったら狙ってみたい株式。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(12/21寄り付き前)

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

今日の見方(12月21日)

リズムから言えば19日のポイントの日から行けば25日の朝が買いのポイント。しかし、その前に行き過ぎたらそこで買うのが筋。昨日の先物の叩きが肯定された今日の市場は、今度は為替をいじりながらの売りになります。ですが、為替は米国金利の頭打ちを示唆した売りと説明し、株式は金利上昇もありうる「タカ派」という事で売られ矛盾があります。ですから、その都合で仕組まれた動きだというのが見解。

ですが、何と言ってもこの市場の難しさは、そういう事を言っても脚下の状況が非常に悪化しているという事で、今日はガラが来やすく、買いはだらだらだっただけに入り難い状況だと思ってください。だから、まずは信用取引の方は損金確定して、現物でどこまで対応できるかをを調べ、その範囲からいかにして市場と勝負するかを考えます。

そうした時に我々はまずは計算できる範囲内にして、そこから直ぐに行かずに、今はリバウンドは「希望」になっていますが、次に下がると「想定」まで上がります。そういう状況まで待って、一気に勝負付けます。まだまだ予断許せないのは、この市場は需給から来ただけに買い方が不足しているから、売り方が「売れない」と思うまでもう少し時間が要ります。それか値幅です。それが今日出るか否か。

クリスマスプレゼント【源太の講義】寄付き前

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/21寄付き前)

昨日の朝までは読み筋の下落も、昼前からの下落、そして今朝のNYの動きは想定できないとは言わないがやり過ぎの感があります。それは「読めない」ではなく、「ありえない」という感じで、FOMCの解釈や米国の機関閉鎖などのアクシデントがここに来て始まろうとしています。売っていた方に理由が付いて来たという感じ。

ただ、企業収益や世界景気は改善されてきている見識はアナリストやエコノミストも同様の見解。需給が非常に荒れているからそういう「歪」がポイントになっています。迷うのは「今日買いなのか休み明けなのか」であり、クリスマスプレゼント期待で夜中の間にプレゼントが来ると思って備えるのか、朝起きてプレゼント内容を確認するかの足取りで、ここは非常に難しいところです。

良く聞かれるのは「どうなるんですか?」という言葉ですが、無責任に「こうなる」と言えない流れで、自分は信用取引の方は想定できる範囲の建ち玉の方は良いとしても、そうでない方は一回手仕舞いして、自分の資金がいくらになって、いくらからどこまで勝負できるか「身の回り」を調べろという事で、そうした考え方はまずは身の回りの確保から始めます。

それは、ここから上がるだろうがもう一発来たらガラ本格化であり、東日本の震災時に、一回下がった後から雪崩が来たような下落が無いとは言えないから。今日は三連休前の週末。月替わり前で自己も動けません。だとしたら、またの売り浴びせが出て来たら、後場が厄介になるという事です。

そうなったら、そこは行かざるを得ないと思いますが。

4645市進、2445SRGタカミヤ、3852サイバーコム

この年の瀬に…。【源太の講義】大引け後

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/20大引け後)

CTMの売りの場合は商品やビットコインとかあるんですが、今回は原油がきっかけでした。まだ下があるとしたら、為替に注意しなきゃならないんですよね。本質的な売り要因がなければ作ってくるから怖いですよね。そうした部分からひょっとしたら2万円割れも年内あると話してたんですが、幾分抵抗するとか、売り材料が遠のいたとするから、やらないだろうと思っていたら一発でしたね。

こういう時は僅かな売り要因が出ても過剰反応しやすく、個人投資家は三連休前でもあるから明日は持ち帰りができないんです。だから、明日は高く始まってしまうと「どこで売る」という風な頭になってしまい、逆に安く始まると昼前ぐらいが非常に精神的に辛くなります。

そういう想像から今日の後場は手が出ないと思っているところに、個別の値下がりが一気に来てしまい、流れに抵抗するよりも様子見という風になってしまったというのが結論だと思っています。

しかし、’この年の瀬に何してくれるんや’という感じで疲れ果てました。

1926ライト工、3852サイバーコム、2445エスアールジータカミヤ

一時700円安

東証14時 下値模索、一時700円安 個人の追い証売りも :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS15_Q8A221C1000000/
<<back|<155156157158159160161162163164>|next>>
pagetop