September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

日経平均、下げ幅500円超

日経平均、下げ幅500円超 海外勢が先物売り:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL20HDO_Q8A221C1000000/

金融政策決定会合

日銀は20日の金融政策決定会合で、日銀政策金利適用レートのマイナス0.10%維持を決定した。金融政策の維持を決定した。

日銀は当座預金のうち政策金利残高に対する0.1%のマイナス金利を維持すると決定した。10年債利回りがゼロ%程度で推移するよう長期国債の買入れを行う。その際、保有残高の増加額年間約80兆円をめどとしつつ、弾力的な買入れを実施する。

日銀声明
「ETF・REIT、市場の状況に応じて買入額は上下に変動し得る方針を維持」
「長短金利操作の現状維持や政策金利のフォワードガイダンス維持に原田委員、片岡委員が反対」

うまいもんだ。【源太の講義】お昼

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/20お昼)

普段なら九時半ぐらいで切れる売りが、今日は買い戻しも少なく、買いも休んでいる外人が多く、残っている「叩き屋」と言われる売り方で崩されていきましたね。まあ、朝から少し高すぎたと思えば売りから入るのは順当かも知れないですからね。ただ、前引け直前に綺麗に買い戻して、後場の日銀に備える動きなどはさすがと思いました。

先物のディーラーや個人投資家あたりも、昼休みの乱高下を嫌って投げて終わっていますし、それを買い戻しているようになったということ。良いニュースとか出やすくなったりしますが、個人投資家は心折れていますから、最初は週末の売り気にして、そして、後場寄りの追証を気にして、最後は恐怖から撤退。そういった追い詰められた心理になります。

だから、段々、年内2万円割れの言葉が信用できるようになって、現状を把握できない動きになって来ています。正解の無い、どう取るのかは個人の裁量になっています。持っている株式の買った位置を再度確認して、まずは、自分をはっきりさせるという風になります。

1926ライト工業、3753フライト、6778アルチザ

ウォールストリート・ジャーナル

米ウォールストリート・ジャーナルは、「来年は米景気悪化33%、WSJ世論調査」、「悪化が改善を上回ったのは5年ぶり」と報じた。

堅調な米景気と、国民の分断を助長する大統領とを背景に、米国の先行きに関する国民の見方はまちまちになっている。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とNBCニュースが実施した最新の共同世論調査によると2018年は同国にとって「良好(good)」または「平均的(average)」な年だったと回答する人が過半数を占める一方、この国が誤った道を進んでいるとの回答も過半数あった。

同調査によると、米経済が2019年に悪化すると回答した人は全体の33%と3分の1に上った。悪化が改善を上回ったのは5年ぶり。

株式投資:参考銘柄(12月20日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4645市進は昨日薄商いで上に上がって、薄商いで下がりました。ですが、この株式は子供が少ない状況の日本において、アイディアを駆使して生徒は増えてきています。広告費を減らして教室を充実させる方針を皆は嫌います。いわば設備投資だから、生徒増加は来季以降楽しみになってきます。

7477ムラキは非常に大きく下がりました。軽量級で動きがあるから下がって買うから余計です。ただ、じっと持つことが出来ないのは逆張りに慣れていない投資家が多く、こうした株式は持たないとなります。ですが、出光とシェルの合併から勝機はありますし、一段下は元の値段ですから、ここは同社の変化を考えます。

6541グレイステクノロジーもよく下がりました。こうした株式は一方通行ですから企業評価が忘れられるんです。しかし、企業が今後選ぶ手段を考えたら、機械のマニュアルのネット化という事を考えたら、本当に伸びていっても良いと思っています。PERが高いのは期待値ですから、当たり前と思っています。

9885KYCOMは昨日前場に非常に上手く売り物をとっていましたが、後場の指数のだらしない動きから、とばっちりが有ったような動き。それでも変わらず踏ん張った動きは、同社のビッグデータの重要性などを加味した動きで、下値は固いと思っています。早いと思わない買い方が大事です。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(12/20寄り付き前)

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

今日の見方(12月20日)

昨晩のNYを見て「どうしよう」と思った人はそう多くなく、「やっぱり」と思た人が多いと思います。何があったって下がると見ていた人は多く、市場はそういう雰囲気でした。ただ、叩きとしては甘かったと思うのは、買い戻しだってあったという事です。イベント終了と休暇に入るからどうしてもそういう感じですよね。

ですから、中途半端な感じで止まってしまったという事であるし、この動き方は参加者不足から来る日本市場で、質の悪い輩が叩きに来なきゃ意外に保つと見ています。ビットコインも上がって来ましたし、原油が止まって、次売るとしたら為替になるんですが、ドル円が堅調だったのでそういう動きが無いところ見たら、この場面は大きな力は止まっていると判断できます。

もちろん指数は判らないですが、NYは自社株買いが無くなって来ていますし、休み前は持ちにくい雰囲気。上げ難いとしても日本株だって相当警戒した位置まで売られたと思う事が大事なんですよね。ですから、この市場は最低個別の大きく売り叩かれた物は下げ難いという形になるし、警戒は指数水準の訂正は有れども、個別株は今から警戒しても仕方が無いという風に考えます。

読み筋【源太の講義】寄付き前

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/20寄付き前)

ここは読み筋だと思います。何があっても売る気でいてたという解釈は、叩き切れてはいないという気がしますよね。要するに、買い手不足は見えていたし、叩く方が元気いっぱい、だけれども叩く方だって人手不足に最後はなったという感じでしょう。問題は日本市場に抵抗力があるかどうかで、その考えはGPIFや日銀がどういうスタイルで後場から来るのかに懸っていると思って良いでしょう。

パウエルさんの発言は、一か月前と変わっていません。市場の要求よりタカ派だった、米国景気を将来不安視しているという見方は「地合い見て考える」と言った過去の発言と何も変わっていないと思います。もっとも作った見解は、元々、金利上昇を止める根拠は景気の停滞感であるし、今が良いから金利上げるという見方だから、なんか市場解説者が「市場の希望と違う」というのはおかしなことだと思います。

まあ、何があったって売ってたという事でしょうし、EUの動きから高かったから買い一巡感もあったという事ですよね。市場はこれでイベントは終わり。叩き屋が日本の株式を2万円割れまで追い込むとしても、個別株は売り飽き感からしぶとくなるものも出てくると思いますよ。

4645市進、9685KYCOM、3967エルテス

FOMC次第とはいうが【源太の講義】大引け後

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/19大引け後)

今晩に緊張感が出てきた感じですが、結果はどうあれ外人が何をしてくるのかが不明だけに、ここで動けなかったのは仕方がないと思うんです。そうした流れから考えたら、せめて長く売られてきた物が一時の反発ぐらいは今日は欲しかったですよね。まあ、反発物もありますが、多くはリバウンド程度で、しかも、それは昨日の下落に対してのリバウンドという感じなんです。

従って、この市場の多くはも諦めたということであり、希望はあるが試す術はないと言った雰囲気なんです。だから、明日は上がったって皆は売りたいと思うし、下がったら週末意識から非常に投げが多くなると思います。

こうした複雑なときは、とにかく企業を信じていくべきで、その信じて向かう市場は仮に下っても材料株しか無いという風に組み上げてしまおうと思うんです。いかにも、FOMCのようで外人が何やるのかという時に、悪役で下って参ってた株式が反発してきます。悪材料のデジタルデザインは寄ってから100円戻っているんですからね。

報道は冴えないソフトバンクの話ばかりですが。

7196CASA、3967エルテス、1926ライト工

クロストレックス株式会社

ログリーが上がったのはこれかぁ。

クロストレックス株式会社 BtoB企業向けのコンテンツマーケティング改善支援サービスを提供開始 独自のコンテンツ効果測定プラットフォームの開発にも着手
https://corp.logly.co.jp/news/20181219/000082

先週末に35万円台と年初来安値を更新したビットコイン

先週末に35万円台と年初来安値を更新したビットコイン円だが、今週に入り買い戻しが優勢となっている。月曜に39万円台を回復し、底堅い動きのまま本日は一時42万円台を回復した。
ビットコインが下値から買い上げられた要因の1つに、シカゴ・オプション市場(CBOE)のビットコイン先物・12月限のSQが19日に予定されていることもあるようだ。ポジションをショートに振っていた投機筋が買い戻しに動き、それに追随する形で新規の買いも呼び込んだか。対ドルでの動きではあるが、対円でもつれ高となった。
13時39分時点では、ビットコイン円は41万9000円前後、ビットコイン/ドルは3700ドル台で推移している。
<<back|<156157158159160161162163164165>|next>>
pagetop