October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

商いの種類【源太の講義】寄り付き前

********************************
お申込み期限は3月26日(木)12時まで!
巻き返しの構造です。【緊急】今回は動画にてお届けします。
大岩川源太の「企業&相場大研究会〜暴落からの取り返しの一歩〜」3月27日動画配信→詳細はこちら

源太カレンダー解説動画『2020年4月号』公開中
内容は3月中旬から4月後半のカレンダー戦略です。→詳細はこちら
*********************************

株式投資(3/23寄り付き前)

先週の米国市場はNY州で発令された在宅規制が重くのしかかる今後の経済を考えさせましたし、原油が下がって「お前ら何やってるんだ」みたいな感じがありました。米国の中国攻撃なども含めて、国際協調というか思いやりとか、イライラみたいなものが感じられました。ですが本当は普通に原油が世界的な経済のストップから改めての必要性があるんでしょね。そこに付随する強烈なドル高で、有事のドル高は久しぶりじゃないですかね?ですから、この円安はミセスワタナベにしたらきついかもしれません。

こうした部分は週末色々な買い舌を見たら「新興国不安」という言葉になっていますが、もっと言えば「全部売った」と考えてみたらと思うんです。自分もそうですが自分の周辺で誰もコロナにかかっていないからピンと来ていなくて、甘く見ていたのかもしれません。実際にイタリアなどの死者の状況は想定していなかったですから。

そうした隙がローニンキャピタルの破たんのような事に繋がって、各国の著名投資家やファンドは相当な痛手です。特にヘッジファンドはレバリッジ利かせていますから、追証という個人投資家と同じような状況になり、だから、「全部売り」になった物で、その後のペアの解消になっているのが今の日本。TOPIXやマザーズが急騰したと「えっ、これが上がってこれが下がるの?」という流れになるんです。

処分の終焉という事ですが、米国市場はもう少しそうした動きがありそうで、それを派手に演出したのがAIという取引だと思います。いわゆる「アンワインド」で運用の解消だから、その場合は「全部売り」になってしまうんです。今の地合いはコロナじゃなく、コロナきっかけに起こった「全部売り」の状況。想定内ならば株価は織り込んだと思います。問題はその想定が身勝手な自粛できない人から壊されるという事です。

特に選挙に利用しようと他人を揶揄したり、結局、自国生産という事がやりたかった人達ですわ。

7733オリンパス、9719SCSK、6378木村化工機


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

株式投資:今週の参考銘柄(3月22日)

今週の見方からの参考銘柄です。

9783ベネッセは教育産業。「進研ゼミ」と言えばよく判ると思います。従って、ネット通信による教育も進んでいますし、教育ICT活用支援ではすぐに名前が上がる企業。子会社の英語塾も良い感じですが、今回の自宅待機という問題が非常に大きく、教育について考えさせたと思います。

3911Aimingは新ゲーム「ドラゴンクエストタクト」のベータテストが先日始まって株価は急騰。しかし、規制なども懸かって急落していました。スクウェア・エニックスとの共同開発ですが、リリースまでにはもう一山あると思います。しかし、苦しい週末よく頑張ったと思いますよ。

6034MRTが急落。同社は軽いから目先投資がつきやすいからでしょうが、エムスリーに人気を取られたのかもしれませんね。教育ICTも大事ですが、根本的には医療ICTも大事な部分はあるし、ネットを通じた治療も新しい時代に入って来ると思われ、地方での話ではなくなり、患者を守るというコンセプトになっています。

6378木村化工機は配当がある材料含みの割安株。良い感じで戻り始めたのですが、換金意識が強くて続かなかった株式。まあ、この市場ならば半分の企業は需給的に苦しいですよ。ただ、そうした投げは「目先早い」と思われた訳ですし、三連休前なら仕方が無いでしょう。この位置ならば買い易いと思います。

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

今週の見方(3月22日)

今週の見方(3月22日)

米国はまだまだ波乱気味ですが、日本は19日に日銀のETF2000億円の介入もあり、一定の下値は安心感があります。介入ですから強気になることは無いですが、今回の下落はシステム的な解析が非常に早く進んで、ここに来て下がった意味も、このような物色になるのか意味も判って来ました。

まあ、とにかく、納得し難いのは「良い物が売られる」という構図が、「悪い物が買われる」構図に変わる時で、非常に面白い物色が起こるいう事。

上がる時にはそれぞれ理由はありますが、今回の市場は多くの方が傷つき、その傷は個人投資家だけでなく、運用者もあるという事。レバリッジ効いていたら彼等も追証になるので、そこがポジション整理という部分で、13日で日本株は一応ポジション整理はついています。ですから、その後、細かい処理はあれども新たに大きな落胆する展開が無い限りは、日銀の買い入れ分で全体は落ち着きます。

過去、リーマンショックや極端な円高の時のようなPBR1倍割れが続いたのは、先行きが見えないというか不良債権があって、企業の財産が失われている状況でした。今回の売られ過ぎている株価は、それに匹敵するのかと言えば、ダメージはあっても期末に近いことを考えると、一部の企業を除き年間通じては赤字になってしまう程の今期への影響はないでしょう。

つまり、日経平均のPBR0.84倍であり、全資産の15%余りが無くなるとは思えないです。

PBR価格が20800円だと言われていますが、今後の展開やダメージがあることを考えると、コロナ問題に原油安がダブルショック与えた19000円割れのところがポイントになっていると思います。米国がロシアとサウジの間に入れたらとかの進展があれば変わるとか、逆にコロナ問題が想定よりも伸びたらとか考えてみたら良いと思います。

今の市場は丁度、米国もポジションが整理されてきたところだと思います。日本は次の段階。だから、配当取りぐらいは考えて行きたいし、日程的には仕込みやすいところですよね。難しいのは、ここまで下がって一日上がったら「高い」と感じてしまう事で、ここらで物色のテーマが欲しいんですよね。

原油価格を見ても、国際協調が本当に出来ない時代で、こんな時でもトランプさんの中国ウイルスとか、韓国の対日に対するオリンピックの考え方とか言い分はあるんでしょうが、そういう言い方しないで普通に頑張ろうとは思わないんでしょうかね。まず先にコロナ片付けなとほんと悪くなります。

続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:今週の参考銘柄(3月22日)

得意の引け後【源太の講義】大引け後

株式投資(3/19大引け後)

前場叩いて、日銀が来るまでに「オイルダラーが換金しているぞ」などの恐怖的な話を流し、NYのCFDを叩いて大きく下げておいて、立ち会いが始まるまでに大方を買い戻し、そのまま押さえながら引けまで逃げ切った売り方。

市場が終わればNY先物は反転して、結局日経平均先物はプラスで終わっています。配当分考えたら引けてから200円以上上がったということ。

立ち会い中は下がって思っ苦しいから、個人投資家はいくら「月の20日の処分玉」と言っても弱気ですし、中には空売りしたと言われます。

そのくらい追いやられた心理にさせる外資の商いを何故止めないのか、何故、違反じゃないのかよく調べて欲しいですよね。まあ、売りと買いの店が違ったりとか判らないんでしょうが、意外に自動売買のファンドが大赤字というのが先日出ていました。

売って買わせるだけですから、そうなったんでしょうが、ということは、誰かが大儲けしているということになります。作為的な相場ですから。

7733オリンパス、3911Aiming、6855日本電子材料


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

本当に躊躇していないんだな!

今はそうでもないと?

雨宮日銀副総裁
「新型コロナウイルスの影響は、不確実性大きく内外経済を注視」
「新型コロナウイルスは時間差で広がっており、影響は当面続く」
「現在の中銀の最大の責務は、市場安定と企業金融の円滑化」
「必要あれば躊躇なく追加的緩和措置を講じる」
<<back|<157158159160161162163164165166>|next>>
pagetop