September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

しっかりしてよぉ〜【源太の講義】お昼

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/19お昼)

いや、良い感じだったんですが、ここという時にポッキリ折れてしまいました。ですから、先日の日経平均の下値を割ったところで買い戻しが入っただけになっています。だから、非常にまずい感じで前場引けたんですよね。これが個別ならば「デイトレや個人投資家の後場への用心」で片付けられるんですが、こういう動きになったらちょっとFOMC見ないととか色々考えちゃうんですよね。

そもそも、FOMCでFFレートを上げた方が市場には良いのか、止めたほうが市場に良いのかが疑問で、その話は一ヶ月前にパウエルさんは言っていますよね。ですから、終わった後にどういう解釈するのかは外人次第ということになるんです。ですから、金利上げて債券下げての叩き売や金利見送って不景気風からの、ひと上げして短時間で叩くとか、いくらでも下げさせることが出来ます。

だから、「関係ないんだ」という風な感じが大事で、そういう風にここは来て欲しかったですよね。だから、後場はとにかくもう少ししっかりしてよと祈るばかり。まあ、大方が、弱気相場容認してしまったから、これでいいという人も多いんでしょうね。

Casa

Casa

JBRグループのジャパン少額短期保険と業務提携
http://fs.magicalir.net/tdnet/2018/7196/20181217450685.pdf

株式投資:参考銘柄(12月19日)

今日の見方からの参考銘柄です。

2173博展はここで市場の煽りから急落。ただ、同社は内需であり一時的な需給を通過すれば再び上がるタイプ。仮に、世界的なリセッションでも同社はオリンピックやキャッシュレス化などのイベントも増える電通の下請け。ここに来て投げて来るならば面白いと見ています。

6787メイコーは上がっている株式を見ていたら弱いとしても、下がって反発している関係では一番堅調な株式。実際はトヨタも強く、同社も自動車に絡むことから売られたんですが、プリント配盤企業でPER6倍台は売り過ぎ。故にこの地合いでも反発が見えるのでして、上値抵抗が全体薄くなったら早いと思います。

3753フライトは非常に今後キャッシュレスが進んでいくに当たって、同社のような企業は来年どこかで脚光浴びると見ていますが、税金面でもカード決済は小売りから申告しないとお金貰えないから脱税が少なくなります。こうした面から政策に乗る姿勢がここでは必要かと。

1833奥村組はここでいうのはどうかという気もありますが、関西企業の土木型で中堅という軽さ。国土強靭化計画に万博まであるから、地盤改良などの力もある同社はリニアモーターまで考えると非常に良い感じです。こうした物をこの様な安い時に「ゆっくり」だと思いながら貯めて行くのも良いと思います。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(12/19寄り付き前)

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

今日の見方(12月19日)

市場が変わったのに前の銘柄を「上がるんですか?」と考えても仕方が無いのに、投資家はその銘柄に固執します。実際そういう問い合わせもありますし、それが仕方が無いとは思っています。でも、大事な事は「その銘柄は持つ要因があっても今の地合いに向かない」というのはあります。ですから、そこは先を信じるのか今を解析するのかで評価は違うと思うんです。

例えば、アンジェスという株式は昨年の今頃は非常に華やかでしたが、今は誰も見向きもしません。我々も夏の上げで一回売却して、逃げたという記憶があります。だから、この株式は良くても時流には合わないという事を考えて行きます。でも、ここに来て申請して11っヶ月が経つのであり、当局は「一年以内に結果出す」と言っているのだから、新たに注目ですよね。

結果は判らないからその前に売るか待つかは個人の裁量で、でもそうした日程から銘柄に対する考え方は違うんです。問題は、そういった事を考えながら市場を見るのかであって、個別で上がった下がったよりか、自分がどういう意味合いで銘柄に向かっているのかという「姿勢」が大事だと思うんです。

そういう視点の時に「この銘柄が」なんてのはおかしな話で、こうやって常識的な投資の順番を覚えておくべきだと思うんですよ。


組み換え論【源太の講義】寄付き前

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/19寄付き前)

大方が株式市場や政治経済に目を向けますが、相手がCTAとなったら見るべき物は【原油価格】というのを知らない人が多いですよね。「その時の相場の主役が何によって、そうならざるを得ないか」を知る事から我々の投資は始まります。

パンローリングさんで行っている「基礎講座」はそうした部分が強く、個別株はその延長線上であり、銘柄論よりも総論が主体の自分はこの場面で個別株は入れ替えに入りますが、得てして、投資家は個別の良し悪しに判断を向かわせます。

いや、ここは個別物色というのは判りますよ。ですが、大きな意味で今この市場がなぜこうなっているのかを考えた時に、その仕組みが判らないと上げ下げの予想は立たないし、その発想が壊れてしまいます。それを「以前言ってた」なんて会話はその企業がいくら良くてもダメな物は駄目で、何故売りが出るかを解明しなきゃ勝てません。

だから、なぜそうなるのかという中から総額で勝負していくのであり、その流れは運用という感情以外の物だから、ここで組み替えて発想を変える事が大事なんです。いや、無理なもの持ってても仕方が無いんですよ。

4645市進、6489前沢工業、4563アンジェス

売り飽き感【源太の講義】大引け後

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/18大引け後)

外資の一角が「年内2円割れる」という話を持っていますから、中々上値にはいかない市場。ただ、売り飽き感は出て来
ますし、個別銘柄は違います。そして、FOMC後の波乱が済んだら、その後は外資自身は休みに入って行くんですよね。問題は「そのFOMC後にいかに動くのか」があるのでして、その時の動きはその売り方の解釈次第で、そこがゴールですが買い戻すために何をして来るかが不気味。

そういう時にEU全体がおかしな流れになってきたのが非常に難しいです。そうした流れから、売り方が有利になっています。だから、その場合は投資カレンダー見ても軽量株の最後の上げが派手になる傾向があるんだから、そこをターゲットに今からやるべきだと思っています。

まあ、根本的には個別の材料と実力ですが、そこが今冷静に見れないから、非常に安い位置にあるのでして、そうなって来たらリターンは選別色は強いでしょうが、チャンスが相当あると見ています。下値が読める物を狙って来そうですね。

1905テノックス、6489前沢工業、4563アンジェス

日経平均、再び下値模索

日経平均、再び下値模索 上海株安を受け:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL18HL4_Y8A211C1000000/

中国の習国家主席

中国の習国家主席
「中国は想像できない困難に今後直面する可能性」

組み換え中【源太の講義】お昼

源太会 
◎2019年1月の新規会員を早期募集◎全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「2019年版、投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/18お昼)

まあ、組み変えなくてもそのままでも構わないと言えばそうですが、この市場が弱気入りしたと思うならば撤退で、そういう状況にして市場内を見て「やるならば」という、打診買いゾーンに来たと思っています。ですが、打診買いの意味合いを知らない人は多く、打診はあくまでもその後の買いの方が大きく、動き方を調べるような買い方ですよね。

やはり、本格的には底を打ったときの「確認」をしてからですし、その安定して方向性が出た方が「幅」が取れたりします。従って、この市場はなぜここで打診するのかは、見ているだけだと、売り圧力の強さや下の堅さとかが判らないんです。それに少し強くなった時の買いの入り方とか。そういうのが「捨て玉」の覚悟持っての打診だったりします。

もちろん、投げていない人は(組み換え)する必要はなく、様子を見てからでも構わないと思います。ただ、自分は組み直しとかが好きですし、気分転換が必要だと思います。

3967エルテス、1833奥村、4582シンバイオ

6553 ソウルドアウト

6553 ソウルドアウト

【LINE】CyberACE、GMOアドパートナーズ、ソウルドアウト各社と戦略的パートナーシップ契約を締結、SMB領域における販売拡大目指す
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2544
<<back|<157158159160161162163164165166>|next>>
pagetop