September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今週の見方(2月23日)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
源太カレンダーを毎月解説!
3月相場の購読者募集を開始しました。詳細はこちら

次回の「企業大研究会セミナー」は☆2回連続☆ワンセット開催!<日程>1回目:2月27日(木)/2回目:3月26日(木)<時間>18時30分〜19時45分 <会場>新橋駅前ビル

東京【2回ワンセット+α】企業大研究会セミナーお申込みはこちら
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今週の見方(2月23日)

流動性相場下の新型ウイルスという悪材料
感染者の定義変更で湖北省の感染者数が急増したことや日本での感染経路不明患者の存在など景気への悪影響が測りにくい状況が株式市場全体の不安感を高めています。一方で懸案の株価指数は週末は下落したが、海外は高値更新もあり、日本株も外資の買戻しなど反発の態勢を示した時間がありました。

株価、景気という視点では金融緩和の意味は大きく、米中の歩み寄りは今後の世界景気がコロナウイルス解決した後は非常に期待できます。金融相場は延長されているという事。そのノイズが年初の中東問題、2月の新型ウイルス問題で次々と飲み込む展開になっているが、逆にその事から米中問題は前進し、金利は世界的に一段の低下に向かったという事を考えたら面白いと思います。

定義変更による感染者数急増は驚きでしたが、旧定義でも新定義でも湖北省の感染者増加率は低下している模様で、感染スピードの急加速という事態ではないと思います。また、今回の件による中国の景気への影響については直接関連する運輸通信、卸小売、宿泊飲食業合計(GDPシェア15.6%)の5%程度、工業(GDPシェア33.9%)の2%程度悪化が1〜6月の半年続くと予想し年間で0.75%減速すると予想が出はじめました。ここは少し低すぎるとは思いますが。

その数字ならば、中国GDP0.75%悪化で世界GDPは0.2%程度悪化する予想の数字になります。日本の場合、インバウンド消費の悪化が上乗せになり、より景気減速が顕著になる可能性があります。ですが、景気後退に至る公算は低い世界景気のけん引という事になります。ただ、GDPの低下が1〜3月も見込まれる事から、新型肺炎問題が長引くと非常に苦しくはないります。しかし、現時点では想定の範囲内以下であり、日本国内を守り切ればという事になります。

そのGDPですが、昨年秋のレポレート急上昇や年末年始の資金需要に対応するため、今年1月中旬まで月次977億ドルペースで拡大し、日経平均も連動し急上昇しました。市場の落ち着きとともに本来FRB公表の月次600億ドルペースにスピードダウンする過程で日経平均も調整局面入りとなっています。しかし、先週発表された総資産額は4.18兆ドルと昨年来の最高水準まで拡大しており、本来の増加ペースに戻ったと判断しても良いと思われます。

おそらく日経平均は各種悪材料を吸収しながら春先まで月600億ドルペースで拡大するFRB総資産と同じ角度で上昇する可能性が高いと見ています。

4月勝負で、その日程をカレンダー見ながら組み立てて行くべきです。今度、企業研究会セミナーでも話しますが、運用者の組み立てと見方で決まると思われます。銘柄選択の発想は殆ど決まっている状況ですし。雑音に負けない株式は多いです。


続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:今週の参考銘柄(2月23日)

仕掛けのタイミング【源太の講義】大引け後

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
源太カレンダーを毎月解説!
3月相場の購読者募集を開始しました。詳細はこちら

次回の「企業大研究会セミナー」は☆2回連続☆ワンセット開催!<日程>1回目:2月27日(木)/2回目:3月26日(木)<時間>18時30分〜19時45分 <会場>新橋駅前ビル

東京【2回ワンセット+α】企業大研究会セミナーお申込みはこちら
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

株式投資(2/21大引け後)

仕方がないと言えばそうなのかと思います。それでも今日は価値ある株も多く、根本的には動けない株式の日なのに、大分買いが入った気がします。

総体的には資金難だから金融系や運用は少ないのでしょうが、個人が触る範囲内で回転が効くものは非常に動きがありました。たまにはそういうのが有るという事は、この市場、見た目よりも落ち着いてきたのかもしれません。

気になるのは3月の第一週で、それまでに個別株に活気が帰ってこないと気分的に沈んでしまいます。ですから、根本的にはこの市場はまだまだ不安定というところでしょう。

ですから、引っかかっているものは4月と思って我慢する投資で、早さでカバーする回転売買で3月は乗り切るべきかと。あとはいつ行くかの日程勝負で、その日程の妙が3月は良く有るんですよね。

金融系の換金とバランスファンドなどの設定、GPIFの調整、彼岸底、配当取りなどイベントも多いから、ついついイライラしたり、モタモタしたりするんじゃないかと思ってしまいますよね。来週は需給的に頑張って欲しいものです。

3816大和コンピューター、4388エーアイ、6928エノモト


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

マスク1億枚用意しました。【源太の講義】お昼

株式投資(2/21お昼)

日本は日銀の話などもあったのか冴えない日経平均ですが、一応は切れることが可能な時間帯で、これ以上となると相当なことが想定されます。だから。新型肺炎から企業の影響が、経済への影響がという物が具体的に言われたら良いと思うんですよね。

ですから、この市場で厄介なのは、中国で感染者が1000人切ったことを報道するよりも、無くなった人数が増えたことや国内の感染者の経路を「不安だ」との話になります。菅さんだって「マスク1億枚用意」とおっしゃってるから、実際の状態よりも何か違うんですよね。

まあ、私も含めて可能性は有るんですが、手を洗ってうがいをするしか自分に出来ることはないし、家にいてても良いのですが、いてたら虐待に合うかもしれないと思ったら外に出ますよね。それほど気になるなら自民党の総会を取りやめるぐらいなら、全国学校の閉鎖でもしたら良いのに。

そこまでじゃないのかということを狭い部屋に集まって番組の協議なんて局はやっているんでしょうね。自分は出勤、会合など日常生活はあまり変わらないですね。まあ、需給は今日辺りで変わりやすいから、こういう1000人割れとか一般に感じることは注意です。

7859アルメディオ、7722国際計測、3719ジェクシード


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

アプリックス

最近こういう技術っぽいのが鈍かったんですがね。
アプリックス

アプリックスと子会社のSMCがLTEデータ通信機能を搭載した次世代車載型映像記録装置関連サービスの提供を2020年5月より開始
http://fs.magicalir.net/tdnet/2020/3727/20200221468392.pdf

アプリックスとSMCがアウトバウンドコールセンター向けCRMシステム開発などを手掛けるアセンドと次世代車載型映像記録装置関連サービスなどの協業について合意
http://fs.magicalir.net/tdnet/2020/3727/20200221468356.pdf

薄くて・・・。

ジェイック<7073>(東マ)は、就職ポテンシャル層を対象とする教育融合型人材紹介サービスを主力としている。20年1月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は安値を更新する展開だが、高値から半値割れ水準でほぼ底値圏だろう。

■教育融合型人材紹介サービスが主力
 19年10月東証マザーズに新規上場した。就職ポテンシャル層を対象とする教育融合型人材紹介サービスのカレッジ事業を主力として、教育研修事業その他も展開している。

 就職ポテンシャル層とは、フリーター、第二新卒、大学中退者、留年生、留学生など、各々の事情によって採用市場において不利な立場に置かれているものの、自分に合った企業や仕事に出会うことで意欲や才能に目覚める可能性がある人材層と定義している。なお企業の採用活動の流れで第3四半期の売上構成比が低い特性がある。

■20年1月期大幅増収増益予想
 20年1月期連結業績予想は、売上高が19年1月期比15.2%増の31億13百万円、営業利益が41.5%増の3億28百万円、経常利益が44.7%増の3億20百万円、純利益が22.4%増の2億12百万円としている。第3四半期累計は売上高が22億83百万円、営業利益が2億68百万円だった。概ね順調のようだ。採用者数の伸長で収益拡大を期待したい。

■株価は底値圏
 株価は安値を更新する展開だが、高値から半値割れ水準でほぼ底値圏だろう。2月19日の終値は6450円、時価総額は約58億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
<<back|<158159160161162163164165166167>|next>>
pagetop