July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

一年ありがとうございました。【源太の講義】寄り付き前

源太カレンダー発売中。

株式投資(12/30寄り付き前)

さてと、今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

本日、自分は前場で仕事終えて、挨拶回りなどして来ます。が、今日はどうなるか本当に判り難いし、売る人買う人殆ど一巡しているから、一部玉関係だけがポイントかと思います。ただ、週末の日経平均が配当落ち分とファーストリテーリングだから、期待込めて来たら後場から少し居所が変わるかもと思います。

こうした状況からこの市場は来年が非常に難しく、取りあえず理想や予想で買っている物に対しては、「確認」の時間は必ず来ます。ただ、その「期待」の度合いが今の状況だと、そう問題もないし、日米の金融政策や経済状態から”為替”が鍵を握ると見ています。そういう見方など含めた動きが今日できるかどうかです。

ただ、こういう時期は識者の多くが語るように、過熱した物は避けて、来年一年間で今の位置より上に向かうだろう程度の位置の物や足元の堅い物へと自分は向かってしまいます。

7859アルメディア、4425KUDAN、3758アエリア

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

総じて堅調だが【源太の講義】大引け後

株式投資(12/27大引け後)

好業績や急騰していなかったものは非常に堅調で、「閑散に売り無し」の雰囲気があります。ですが、位置は下でも上がり方が急だった物や、材料は出たがいまいち解釈がわからないから、上がって来たが失速という物もあります。ですから、個々の動きで翻弄されてしまい、市場は良くわからないような感じになっています。

つまり、今日の日経平均の下落の意味がいまいち判らないと思うし、こうした市場は管理相場に近いから個人のモチベーションがおかしくならなきゃ良いと思っています。前場の閑散が非常に全体を重くしましたが、総体的には問題はなく通過しているという事は、個人投資家のポジションは悪くはないと思います。

しかし、昨日が非常に良かったから、気を抜いて市場を見ていた向きがあり、年末相場は難しいし変わりやすいというのが見えましたね。好業績と割安が買いやすそうですが。

7715長野計器、3758アエリア、4425KUDAN


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

これでいいの?【源太の講義】お昼

株式投資(12/27お昼)

年の瀬だから閑散になるのは仕方がないと思いますが、それにして30日もう一日出てこいと言いながら、この地合は厳しいものを感じます。ある程度盛り上がりがないと本当に来週の一日の動きは寂しいですよね。上がると思うから人は寄るし、下がると思うから投げが来たりしますが、根本的には我々は動かないとやりようがないです。銀座線も停まってるから事務所まで来るのが大変なのに。

しかし、基調は文句なく強く、この前の動きならばこういう閑散は売りが出ましたが、週末、月末、年末の売りを吸収していますから、何かのきっかけで動き出す可能性もあります。ですから、後場は指数を丁寧に見ていくことが大事で、持ちの少ない人は捨てるつもりのコールとか、なんか策がありそう。

電池とかも高いから、気になる動きする株式も多いんですよね。人が居ないから、逆に良いものが買えるかもとか思いながら見ます。

4425KUDAN、8893新日本建物、9424日本通信


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

日銀金融政策決定会合における主な意見(12月18−19日分)

日銀金融政策決定会合における主な意見(12月18−19日分)
「下方リスクの厚い現在、追加緩和の要否を引き続き検討すべきであり、リスクシナリオの一環として次なる景気後退への備えを考えておくべき」
「緩和政策の副作用について多面的に点検しつつ、充分留意して政策運営することが肝要」
「前回の消費税率引き上げ時には、約半年後に量的・質的金融緩和の拡大を行ったが、今回も消費の基調次第で、一層の金融緩和が必要になる」

11月の完全失業率2.2%

11月の完全失業率2.2% 前月比0.2ポイント低下:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL25HR0_V21C19A2000000/
<<back|<158159160161162163164165166167>|next>>
pagetop