August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

高名な先生のレポート

http://c.bme.jp/18/1961/248/318321

トランプ大統領がインタビューで

FOXニュースは、トランプ大統領がインタビューで、中間選挙を受けて検討している閣僚などの人事について「ある程度替えるが、それほど多くはない。3人から5人のポストの交代を検討している」と述べたと報じている。

メイ首相の寄稿文を掲載

英紙サンへは、メイ首相の寄稿文を掲載している。そのなかでメイ氏は「代替案は検討していない。EUと合意可能な別のアプローチは存在しない」と主張。「議員らが協定を拒否するなら、初めからやり直しになるだけだ。分裂が増し、不透明感も増し、英国民の期待に沿えなくなるだろう」と指摘していた。

これじゃダメじゃん【源太の講義】寄付き前

源太会 
11月22日の無料IRセミナーのご案内。私が開口一番話します。無料メルマガも時々銘柄研究することにしました。それは、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。生徒さんも募集していますが、全て上の源太会にまとまっています。

株式投資(11/19寄付き前)

なんとなく落ち着かない売りと、どう見ても需給的に換金を急ぐ売りが合わさって出てきた週末。一部は買われる動きがありますが、一方では割安割高関係なく売られてしまうような格好。理由も見当たらず、無気力な市場でした。そこに週末の持ち越したくない売りだから、こりゃ厄介です。

今日、その週末の売りが「換金の用事」というタイプで、売りが一巡していたら問題なく上がるんですが、幾分は少ないとは言えマインド的に落ち込んだ市場はネガティブ志向が見えているので、少し弱くなっただけで不安や不満が市場内に蔓延しそう。

ただ、テクニカル的にもファンダメンタル的にも問題が無いような水準まで来ているし、後はバランス感覚の裁量だと思うんです。ブラックフライデー期待と期末処理の外資の中、国内の投資家が弱気過ぎるというのはいかがな物かと思っちゃうんですがね。

株価の位置に対して投資家がどう思うかという指数があるんですが、日本は今の位置でも「先に期待が無い」とする人が大勢を占めているのですが、米国は本当に強気の人が多く、日米ともに個人のキャッシュが多い状態なんだから、米国は買われやすく日本は様子見したくなっているというのが判ります。

それじゃダメじゃん。

6033エクストリーム、6787メイコー、5216倉元

株式投資:今週の参考銘柄(11/18)

今週の見方からの参考銘柄です。

7748ホロンは検査測定装置ですが、週末は全体に押されて下落。同社は、好業績から評価されたのですが、その水準は非常に高く、競争激化から大手に参画した流れから全く変わったと見ています。この技術でPER10倍は低すぎて、現預金にも余裕がある技術株は、時に大化けしますから。

4662フォーカスシステムズは先の好決算が評価されて、株価は先の高値を一気に奪回。しかし、この株式はこうした一過性ではなく自分は社会の流れからまだまだ評価が高く伸びていく企業だと思っています。この全体が押して下がるこの場面で、少し考えて行きましょう。内需型でもあるし。

4582シンバイオはエーザイとの流れから、収益が向上しましたが、同社の技術ならば次の段階も非常に興味があります。信用買い残の多さから動きが難いですが、先日来下がる過程でも執拗な売り買いがされてる形跡があり、ここから買いが入って来るようなら要注意と思います。

6033エクストリームは先日からお伝えしている株式で、需給から大きく叩かれた銘柄。しかし、ゲームの材料が少し出て来ましたし、一番下でクロスめいた大口約定後から一気の切り返しは、今の株価の位置から見たら思惑を読んでしまいます。こういう地合いだから、材料株一つ生まれて欲しいですし。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今週の見方【源太の講義】11月18日

源太会 
11月22日の無料IRセミナーのご案内。私が開口一番話します。無料メルマガも時々銘柄研究することにしました。それは、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。生徒さんも募集していますが、全て上の源太会にまとまっています。

源太ならではの経済・株式市場の見方。投資の参考にしてください。

今週の見方(11月18日)

自分は、21484円で底値を確認した可能性がありと見ています。その場合、今度は基準線を上回って抵抗帯の「雲」を目指すとみたい(基準線は21900円辺り)と思っています。日経平均が13日につけた安値の21484円は予想PERで12.14倍に相当していますし、20617円の年初来安値をつけた今年3月23日の12.22倍を下回った事もその要因に入れています。

相場が急落した今年2月以降、日経平均は予想PERで12〜14倍に相当するレンジ内で推移しています。もちろん、大きな経済の変化があれば別ですが、不安要素と捉える数字が悲観者が考える危険性程の数字には思えないのです。また、そのレシオの考え方が当てはならないのは判ります。

しかし、世界的な購買(消費)力を考えた場合、現在の12倍台前半はかなり割安感があると感じます。これも21484円で底値を確認した可能性を大きくし、日経平均は予想PERのレンジの中心13倍に相当する23000円台前半まで戻しても無理はないという考え方でいます。

先週は相場が下落した割に外国証券の先物売りはあまり目立たなかったと思います。外国人は先月、先物を4兆円近く売り越したので、 売り圧力が後退している可能性が大きいんですが、むしろ投信や邦銀の持ち高調整で下がった「理屈にならない下落」という需給要因だと思います。

外資の先月の売りは空売りではないと言われています。(今年 4〜9 月に買い越した分を先月にまとめて売り越した格好)、踏み上げ的な買い戻しは期待しにくいですが、株式利回りから再び買い直す可能性はあるんじゃないかと思います。

投資カレンダー的にそのまま当てはめたら、ITバブルが崩壊した2001年から昨年まで17年間の日経平均の月別平均騰落率をみると、1年のうち12月が+2.9%でトップ、11月が+2.1%で第2位となっている。普通に買いの入りそうな時間帯に、ここまで下がって弱気は無いと思います。

感謝祭・クリスマス商戦の盛り上がりに合わせて外国人が米国株、ひいては日本株を買い越しやすいことが主因なんですが、今週23日(ブラックフライデー)から感謝祭商戦が始まるので、経験則では日本株にとって縁起の良い季節を迎えるのではと。

売り要因【源太の講義】大引け後

源太会
Eストアーの無料IR講演会はこちらから受け付けています。
詳細&お申込はこちらから

株式投資(大引け後)

今日ここまで売られる要因がいまいちわからないのですが、聞くと過去から皆が話したような事。だから、下ったから理由を探すという考え方ですが、それが今に即した話ではなく、中国貿易問題を見極めたいと言っても、それは今始まったことではないし、肝心の中国は高いんですからね。

だから、これは明らかに需給問題で、誰かが売らざるを得ない状況になったということなんでしょう。一般的には月の20日あたりで切れますが、来週後半休みだから日程的に今日に集中したのかもしれません。もちろん憶測ですが、大口の株主が持ち株減ったとか出ていますから、何か大きな換金が有ったのかもしれないですね。

まあ、とにかく、やってられんと言う感じですが、それでも材料株の一角が底打ちを初めて反発に入ったものも多くなっています。だから、売り難いものから売って、段々売りやすい大型に向かったという方が判りやすいと思います。この需給というやつならば、なんとかなるんですがね。

6033エクストリーム、8143ラピーヌ、3956国際チャート

日経が敵だった【源太の講義】お昼

源太会
Eストアーの無料IR講演会はこちらから受け付けています。
詳細&お申込はこちらから

株式投資(お昼)

今日はもう少し強いと思ったんですが、各所に大きな成行きの売りが出てきてました。だから、指数も意外ですが、個別株も11月独特の売り方で、意外な下値がついたものが多いです。常勝スクールや勉強会で話してきた「毎月の売買特徴」、月替りまでの売りというもので、その動き方は非常に微妙な感じを出してきます。

処分を急がなければならないとは、一定の切迫感です。それは「昨日、中国株が上がっても売られ、時間外のNYが安いといって売られ、為替が円高で売られている」と解説できますが、成行きで買いの無いところに売りに行くような「急ぐ売り」は絶対に別要因でないと可怪しいですよね?だから、今日各所の売られ方を見ていたんですが、需給的な何かが影響していると思います。投信も決算だったりするし、資金需要が多い時期だけにボーナス課金なんてのも考えられます。

指数も投信などで組み込みも多いからですが、日経新聞が業界紙のように「戻り売り」なんて書くなんてのはどうなんだと思いますよ。それが、正しいとしても。

5271トーヨーアサノ、8914エリアリンク、3773アドバンスト・メディア

年末高は格好の売り場か

日経新聞は業界紙か!


年末高は格好の売り場か 移動平均、弱気相場を示唆:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37803250V11C18A1EN1000/

ハンセン指数は26041.56

16日香港株式市場で、ハンセン指数は26041.56(前日比-0.24%)で寄り付いた。
<<back|<158159160161162163164165166167>|next>>
pagetop