October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

源太による【無料】企業IRセミナーのお知らせ

来週末は大阪と今月末は東京にて、源太による【無料】個人投資家向け企業IRセミナーを開催いたします。新春の勉強会として、直接会場へ足を運んでいただける価値あるセミナーになるかと思います。ぜひ、ご参加ください。

来週土曜日です!!
1月19日(土)大阪 13:00-15:15
株式会社Eストアー(東証JQ4304)
会場:TKP新大阪ビジネスセンター「ホール3A」
詳細&申込み

早期お申込みが増えています!
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

産業ロボ18年は初の1兆円突破、2年連続にも自信

産業ロボ18年は初の1兆円突破、2年連続にも自信
日本ロボット工業会(東京・港)の橋本康彦会長(川崎重工業取締役)は11日、2019年の産業用ロボットの受注額(非会員を含む)が前年比4%増の1兆500億円になるとの見通しを発表した。米中摩擦による悪影響が懸念される一方、自動化に対する投資が引き続き好調に推移している。2年連続で過去最高を更新する。

吐き気【源太の講義】お昼

株式投資(1/11お昼)

昨日から吐き気がして少し嘔吐していたんですが、今朝から本格的な吐き気。熱も有るので風邪だとは思うのですが、ひょっとしたら昼から休むかもしれません。いや、大したことは無いのですが、なんかいつもよりもおかしいからご迷惑をおかけするかも知れません。

市場は高いんですが、これは昨日三連休を意識して売り過ぎたことに対する動きなのですが、そこまでは良いとしてもその上まで買うような感じがないんです。だから、今日の後場は非常に難しい感じになりそうで、早く売り過ぎて早く買いすぎた様な感じが動きを取れなくしています。まあ、根本的には安川(6506)を見ても悪い決算対して改めての売りは少なく、確かに、材料出尽くし的で買いは入りませんが、市場は非常に冷静だと思うんです。ですから、そう悪くはないのですが、戻ってしまった株価に対して、市場の反応が非常に弱い印象を与えます。

まあ、売ってるから新たな売りがない分静かに推移していますが、来週の買い意欲がどうも読めないからそこらが克服出来無いと、今日の引けは売って帰ろうとしてしまうような気がします。指数は調整でどうにかなるでしょうが、個別株の目先型が非常に難しいですよね。押し目が買えないのが辛いんです。

体調のせいかなぁ?そう見えるのは。

9070トナミ運輸、5699イボキン、4293セプテーニ

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
「資産縮小の戦略を変更することは躊躇しない」
「米経済の現状は好ましい、トレンドを上回る成長が続く見込み」

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
「経済への逆風が持続する場合、FRBはそれを相殺する政策で対応すべき」
「世界経済の見通しはここ数カ月で若干鈍化、金融状況はタイトに」
「FRBは辛抱強くなれる」
「2019年の経済動向を見守る」

株式投資:参考銘柄(1月11日)

今日の見方からの参考銘柄です。

7196CASAがつれ安するのを待っています。良いものも悪い物も売りたくなるこの市場は、同社のように伸びていく要素がある政策関連株が下がったらと思っています。最後に売られるタイプだけに今日即買うと考えずに、今から動きなどをチェックして市場と合わせて買い出動しましょう。

4397チームスピリットは勤怠管理業務ソフトを一体化させたクラウドサービスの会社。色々と最近は企業も勤怠に関してきび惜しく、防御策から同社の就業管理システムが伸び始め、開発費を上回る伸びになっています。海外に進出する日系企業などの顧客開拓から海外も視野おいた企業。

3559ピーバンドットコムは試作用プリント基板製造で、過去から何度か消化した企業。ここに来て人件費などが嵩んで収益が伸び悩んでいますが、仕事量は減らない今の時代の変化からくる新製品に向かう動きは不変。ビルドアップ基盤など新しいものへも意欲的で、人件費がやがて価格転化されるのではと考えています。

6964アクトコールは先の光通信との提携から資本政策として注目ですが、昨日はやっぱり大幅下落。短期的には難しいと話していたように、同社の場合は上る要因がある注目されていないものとして考える必要性があります。今日辺り三連休前で市場も難しいから投げが出やすく、大きく下げて行くならば狙い目かと。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(1月11日寄り付き前)

源太会
【源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
1月19日(土)大阪 13:00-15:15
株式会社Eストアー(東証JQ4304)
会場:TKP新大阪ビジネスセンター「ホール3A」
詳細&申込み
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

今日の見方(1月11日)

何というかめんどくさい市場は休むべきだと思っています。好決算が出尽くしとか、経験則の生かせない市場は面白くないんです。ですが、その経験もあるから対応しているのですが、判らない人に説明するのが非常に面倒と思っています。NYが高いのですが、市場はここまで上がったら「どこかで下がる」と見ていますし、自分もそう思うから独自色が欲しいのです。

ところが、その独自色がバイオなどの「買い難い」ところに出るから非常に難しく、根本的には何も出来ないような状況にあります。心が疲れているんですよね。多分、今日もそういう相場でしょうが、押したら買う日が初めから高いとなると、食欲も半減しますよね。

なんとなく【源太の講義】寄付き前

源太会
【源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
1月19日(土)大阪 13:00-15:15
株式会社Eストアー(東証JQ4304)
会場:TKP新大阪ビジネスセンター「ホール3A」
詳細&申込み
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

株式投資(1/11寄付き前)

三連休の意識か、市場に対しての警戒か、判りませんが、相当な険悪感が市場にはあります。盛り上がらないというか。何と言ったら良いのか言葉が見つからないのは、韓国の問題にしてもほっといてそのままになっている事。米国は今日も高く前向きな国だと思います。

ただ、日本株も昨日みたいに警戒して進んだ場合は、今日の反発はあると思います。でも、最後は三連休で一部を除いたら伸び悩むのは判るし、まあ、盛り上がらないでしょう。こういう時に昨年損した人は「取り戻そう」としてあえぐのですが、リハビリならともかく、勝負にはきついと見ています。

まあ、根本的にはここは動く気はなく、ぼんやりとした日になると思います。とにかく覇気はなく、今日いきなり覇気があったら、かえって怖い気がします。下がったから買うぐらいしかできない市場は、「儲けたい」気持ちが罠になって、なんとなく怖い日の気がします。

6489前沢工業、4814ネクストウェア、6964アクトコール

動けなかったです。【源太の講義】大引け後

源太会
【源太による個人投資家向け新春IRセミナー】
1月19日(土)大阪 13:00-15:15
株式会社Eストアー(東証JQ4304)
会場:TKP新大阪ビジネスセンター「ホール3A」
詳細&申込み
1月30日(水)東京 18:00-20:00
株式会社カナモト(東証1部9678)
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンタ「ホール5C」
詳細&申込み

株式投資(1/10大引け後)

バイオとかが動いても「この位置からは」なんて感じだから、一般の方は乗れなかったですよね。その乗れない動きから三連休の後を考えたら、やはりポジションは「縮小」とならざるを得なかったんですよね。それがポイントならば、この先に買いの要因があるかどうかでして、そこが今は本当に難しいんです。

まず、米国は中国との貿易問題も上手く早くは片付かないでしょうし、景気も悪くはないが過去ほどの拡大もないでしょう。世界経済がそうですよね。ですから、第三四半期決算が出揃う頃の日本企業がこれからの先行きが良いようには思えないのです。そうした動きがどうなるのかという疑問や不安があるから、来週の外資系の動きが大事なんですよね。

そういう意味ではいつも基準になっているの安川で、その辺りから市場は上下離れていきます。そう考えたらこの三連休が気になってしまう運用者は多く、どうなるか判らないならば、まずは動きやすいようにという考え方が先行しますから。

2191テラ、1926ライト工、1959九電工

さくらレポート

日本銀行は10日、地域経済報告(さくらレポート)を公表した。
景気情勢判断では北海道、中国の2地域は自然災害からの復旧・復興が進んでいるとして上方修正された、その他の7地域は据え置き。

日本銀行は10日、地域経済報告(さくらレポート)を公表した。その中では「受注の下振れなど指摘する声徐々に増えている」などの見解が示されている

10月景気一致指数

10月景気一致指数・速報値 103.0、予想 103.0

10月景気先行指数・速報値 99.3、予想 99.6
<<back|<159160161162163164165166167168>|next>>
pagetop