May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

サンバイオ・ナノキャリア・JCRとかバイオ ↑

そーせいが怖がっていなかったり、はしかのこととかでたり。
なぜこれでメディシノバは来ないんだろ・・・・。


メディシノバ
米国国立アルコール摂取障害・依存症研究所からのR01研究助成金授与のお知らせ〜MN-166のアルコール摂取障害を対象とするフェーズ2b臨床治験〜
http://fs.magicalir.net/tdnet/2018/4875/20180820498920.pdf

ジーエヌアイグループ
昨日ですが、京都大の江藤浩之教授らが患者自身のiPS細胞を血小板に育てて投与する臨床研究計画を国に届け出ていた。
報道によりますと他人の血小板を輸血出来ない血液の難病になった患者が対象で、29日に厚生労働省が計画を審議する予定とのこと。

はしか欧州で大流行の兆し WHO、感染者4万人超:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34381820R20C18A8CR0000/

21日中国株式市場

21日中国株式市場で、上海総合指数は2700.34(前日比+0.07%)、CSI300指数は3271.84(同+0.14%)で寄り付いた。

21日香港株式市場で、ハンセン指数は27670.54(前日比+0.26%)で寄り付いた。

これ効くかなぁ?

中国人民銀、人民元の中心レート引き上げ=7月26日以来の大きさ
中国人民銀行(中央銀行)は21日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8360元にすると発表した。前日の基準値(6.8718元前後)からは0.0358元程度の元高・ドル安水準。

決勝午後2:00開始予定

こっちも決着は引け後かよ


8月21日(火)決勝午後2:00開始予定
金足農(秋田)−大阪桐蔭(北大阪)

今日のトランプくん2

言ってること、トルコの大統領と変わらんがなぁ・・・。

トランプ米大統領
「FRBは国にとって良いことをするべき」
「FRBは大統領をもっと助けるべき」
「今週の貿易協議で中国から多くを予想しない」
「中国との貿易摩擦を収束させる期限は存在しない」

トランプ米大統領
「中国と欧州は為替を操作している」
「利上げ継続ならFRBを批判するだろう」

トランプ米大統領
「パウエルFRB議長が低金利政策をとっていないと不満」
「FRBは中立金利に向けて漸進的に歩んでいる」

今日のトランプくん

ロイターは、米国がトルコ製の鉄鋼・アルミニウムへの輸入関税を引き上げたことに関し、トルコは世界貿易機関(WTO)での紛争処理手続きに入った、と報じている。WTOが明らかにしたという。

トランプ米大統領
「米国人牧師めぐりトルコに譲歩しない」

トランプ米大統領
「ロシアへの制裁解除を検討する可能性」

今日は源太会セミナーです。

 お盆休みも終わり、今日は8月の源太会セミナーです。

 7月(7/19)のセミナーで「7/30〜8/15までポイントの日がないので、需給的に上でも下でもやりたい放題になるだろう」との解説。8/15までの動きを見て、9月の投資戦略が練れる8月20日頃に次の源太会セミナーを開催しようと話されていました。

ここから秋に向けて、相場はどうなっていくのでしょうか?
 


 過去のセミナーの様子はこちらから

株式投資:参考銘柄(8月21日)

今日の参考銘柄です。

2330フォーサイドですが、この難しい地合いで7月安値を切らなかった銘柄の一つ。大した上げではないが、じりじりここ数日下値切り上げ、上値を追う力はないが反発気味。ゲーム向け商品開発や仮想通貨関連として人気の株式で、大口投資家が触った名残から人気はあります。

4875メディシノバが先週からクロス気味の商いをしながら値を消し昨日は、売っても売っても上を買いに来るおかしな売り買い。一段下の買い物が厚かった事から、何らかの思惑でしょうが、こうした動きをするバイオは九月に何やらというのが普通ですよね。打診だけでも。

3652デジタルメディアプロは任天王向けのファブレス半導体企業。任天堂次第という側面は否定できないですが、この決算数字も微妙です。ただ、自動車向けなどの伸びもよく、技術系と考えたら狙いやすい側面を持っています。下値切り上げている動きはチャートも悪くはないです。

4304Eストアーは自社株消却だけが材料ならばここで終わりでしょう。しかし、ここまで行う償却には裏があり、企業の次の変化があるんだと考えたら、この需給から来る押目は買い目に変わります。Eコマースなどの動きも見せていますし、現状からの脱却が考えられます。

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
 源太会スクール for 初心者

今日の見方(8/21寄り付き前)

今日の見方(8月21日)

「源太会」8月のセミナーは今日です。飛び込みも行けます。
事務局へメールしてください。『源太会スクール』
  
NYがしっかりなのが気持ち悪いのは、日本の立ち位置が掴めないから。というのは、昨日のEUの株価は高いのですが、日本株はCFD見ても伸びていません。また売りの対象としていろいろ仕込まれているのかという気がしますよね。ですから、NYが落ち着いているのが不気味なんです。

中国との貿易交渉はトルコの提案をけったと噂される市場において、一種の参考になるのかとも思います。だとしたら、この局面では、中国との交渉(米中協議)まで各国は買えないはずなんです。そりゃ為替もありますが、株式自身が買われるタイミングじゃないんですよね。

単純に日米の株価の差が3500ポイントあります。それはここ一年では開き過ぎだから、むしろ上げ要因は日本にあるし、先のGDPの数字見ても日本はもっと強くても良いんです。ですが、パウエルさんのニュアンスが変化して、利上げが一回あれば良いぐらいの状況になったら、少しやばい感じですよね。

まあ、「無事に米中協議が過ぎたら良いんですが」という地合いでは、普通は欧米株を買えないです。何か裏があるか、日本が餌食になる立ち位置に変えられたかなんです。材料株と今下がっても先ではのタイプしか無理です。

円高【源太の講義】寄り付き前

株式投資(寄り付き前)

22日の米中協議、23日のジャクソンホールと攻めにくい地合いでも、米国は一回売った事から底堅い展開。例年続く8〜9月の換金を我慢しているという感じなのか?期待感があると売りは遅れ買いが先行するので、それだったら月後半が難しいという発想になります。そうした中で、バリューよりもアグレッシブに攻めて来るなんて強い国だと思います。

ただ自分はパウエルさんの言動が気になっています。他の連銀の方は比較的姿勢変えていませんが「粛々と行う」という金利上昇が、確実にあと一回という風になっていますし、必要性に対して疑問めいた論調が少しあります。いや、ニュアンスの問題です。大したことないし、気のせいかもしれません。

米国の減税効果が秋には剥げ始めるという話やその時期がタイミングよく中国との関税合戦となります。そこから来る消費の減退の時間にぶち当たる訳で、それを打開するための中間選挙は、票取りの突っ張りなのか、納得させる経済なのかが見えないんです。ということは、この地合いから中国貿易問題が気になるはずで、そこらが為替に表れて来たと思うんですよ。

物価高から米国のムードはさほど生活は楽じゃないとも言いますし。

4220リケンテクノス、6888アクモス、6709明星電気
<<back|<178179180181182183184185186187>|next>>
pagetop