April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

工作機械受注実績(確報値

日本工作機械工業会(日工会)が19日発表した2018年1―6月の工作機械受注実績(確報値)は、前年同期比26・1%増の9640億4500万円で過去最高を記録した。

参考銘柄(寄り付き前)

6489前沢工業は先日話して急騰。昨日は失速。しかし、今日は週末だからもっと処分しに来るかも。ただ、決算近くてそう悪くはない数字だと思うし、基本は官公庁だから三月末まで数字は上がらないのも判ります。まあ、水道工事は本当に無いとだめでして、それは地震対策なども関係します。

4662フォーカス昨日失速ですが、判るんですよね。短期的視野じゃ上がらないのは判っていますが、投資は皆が短期目線で見たようです。その反動から下落してきた機能ですが、公共に対するシステムの導入は盛んで、独特のシステム開発には同じような仕組みが要ります。同社の伸びは見えて来ますよね。

3645メディカルネットは昨日静か。自分はこうした企業がゆっくりしている時が好きで、特に今日のように皆が売りたいという時間帯は魅力感じます。同社のようなシステム型からくる企業は、評価が無水足い代わりに評価が進むと一気です。内容からまだまだ評価が低いと見ます。

3264アスコット昨日から一気。先日来強く言って来ましたが、この地合いはこうした材料株は週末でもあり危険ですが、来週頭考えたら買う物も無いんです。従って、下がっても何度も上がろうとするデイトレが出来そうなんですよね。保ち合い抜けたから軽くなると見ています。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさますようお願い致します。

今日の見方(寄り付き前)

株式投資:今日の見方(7月20日)

これで、調整に入るか週明けに高値を取るかのタイミングになりました。今日は週末だから皆は逃げようとするタイミングで、市場は強くならずにNYの影響になります。しかし、月の20日の最後の商いは、個別はともあれ、指数は意外に堅いまたは、下がってもしつこいような商いになるんじゃないかと思います。ファーストリテーリングと安川を見ながらこの市場見てたらそこらの感じが良く判って来ます。

業績は企業が米国の駆け込み需要から良くなっていると思いますが、それはあくまでも一時的な事だから、第一四半期の数字は本当のところ意味をなさないというのが持論です。それか、元々そういうの関係なく需給だけでの相場と見ています。だから、今回の第一四半期数字はどういう風に市場が理解するか微妙で、実は株価の位置が決めるという単純な物だと見ています。

だから、中国関連で下がった株がどう動くのか見たいし、空売りから逆日歩がついて堅い日経平均寄与度の高い物がどう動くか見ておきたいのです。そこら見て自分たちは動きます。結局それなら、仕手株で良いじゃないというのが本音。

株式投資(寄り付き前):源太会講演の内容から

昨日、源太会で講演したことが、今日のNY辺りですでに出始めたという感じです。それは何が特別にじゃないのですが、米国が堅調な経済といっても一種の企業収益が伸びない不景気に変わろうとしているんですよ。ですから、ここで注意したいのは小売りの好調が一種の「駆け込み需要」でないことを祈っています。

貿易関税の仕組みを話しながら思ったのは、普通に米国内の「増税」となるという事が理解できていないのであり、それは大きな規模の米国GDPから見たらわずかでも個人の消費には大きな部分であり、構造的に鉄鋼アルミ業界がいかなる仕組みから高いコスト払っているかを知らないとダメなんです。

だから、トランプ氏はここでトーン下げて、為替に言及して風向き変えていますし、ロシア問題などでマイナスが大きいと思います。支持率が下がり始めたのも事実です。為替やこのような支持率離れから株が下がったのを企業業績だと解説する評論はもっと怖いと思わなきゃならないのです。

こういう組み立てを覚えて「仕手株」となれば、投資の仕方も変わるんです。

6489前沢工業、4662フォーカス、1400ルーデン

株式投資(大引け後):めんどくさい相場

少し下がると空売りや換金含めて嵩(かさ)んできますから、本当に怖いです。ですが、じゃ、そこから下がるかと言うと、上がって欲しいもう少しでトントンになりそうなタイプは、失速して上げの半分ぐらい埋めるし、利食で売った物はそこから上がってくるという風な「いやみたらしい相場」です。

こういう市場は精神的に良くはなく、悪い流れになったら「えっ!」という風な下げ方をする株式が現れます。市場は丁度、投資カレンダーのポイントの日(昨日18日)を過ぎていますから、そこが抜けなかった今の市場は普通は少し調整します。ただ、空売りとかが多いから、下値は今のところ限定されてますから、一般的には個別株で残るんですよね。

そういう時に個人のモチベーションが精神的に良くない部分から来たら、なんかまずいことになるような気がします。だから、ここでは仕手性の強いもので皆が乗れるようなのとか、出遅れた実力ある株がほしいところなのです。

1400ルーデン、3264アスコット、2375スリープロ

6月工作機械受注(確報)

15:13 とも 日本工作機械工業会は6月工作機械受注(確報)が前年比+11.4%と発表した。速報は前年比+11.4%。

ネクストウェア

ネクストウェア

KDDIプロアクティブアラーム検知サービスとのシステム連携オプションの提供を開始
http://fs.magicalir.net/tdnet/

ファーストリテの実質浮動株2%、

ファーストリテの実質浮動株2%、「品薄株」がNT倍率を拡大
https://jp.reuters.com/article/stock-tokyo-idJPKBN1K90GH

光世証券

光世証券 純利益6900万円ー79.4%

資生堂など

資生堂など−化粧品関連株が後場から急落 ゴールドマンのレポートを材料視か https://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?type=1&newscode=1320791
<<back|<194195196197198199200201202203>|next>>
pagetop