December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

希望価格【源太の講義】寄付き前

☆投資歳時記が完成しました☆
詳細はこちらで

源太会 

株式投資(12/13寄付き前)

NYが反応していますが、シカゴなど見てみたらもう少し反応が欲しい日本株。恐らく、期待通り行く銘柄と意外に重いと感じる銘柄に市場は分かれそうです。今日は後場が関門で、そこでうまく動けば来週以降が期待に変わるし、そこが曖昧ならば少し厄介な展開と思っています。今週末の持ち越す方が良いか悪いかの判断ですからね。

こうした市場の判断は、自分に置き変えたら良く判るのでして、自分の持っている株式が、買った位置は「安い」と思って買ったのにそれ以上に下がっているから、こうした反発局面では「そこまで戻っても不思議じゃない」という発想になります。でも、その位置は常識的に、日経平均水準で見たら22200円程度になっているはず。

そこまで戻るという可能性もありますが、そういう気持ちだから意外に遠い市場の水準になっているんです。上がったら売りたいが基本の日本人は先行き期待が無いから、大口投資家が買うとか、外人が買いまくるとか、何か他の要素が大事になって来ています。

2148アイメディア、6489前沢工業、6532ベイカレント

祈念、明日も上がりますように。【源太の講義】大引け後

投資歳時記が完成しました。
詳細はこちらで

源太会 

株式投資(12/12大引け後)

年始でもないのにこういったPCの株価に向かって柏手を打つシーンが感じられます。米中の貿易問題が少し進展してくれたおかげで、流れが良くなったんですが、見方としたら需給がやっと一巡とも言えます。明日は少しならば押しても良いですが、需給的には後2日売りに耐える日がありそう。その売りに耐えるという流れの中から、なにか活路を見い出せば良いんですが、そこが非常に難しいという流れになります。

ですから、皆さんが自分で考えてみたらわかると思うのですが、明日、高いと手持ちの一角を外すような行為になると思います。下がったら恐怖と週末から換金でして、その動き方から見てみたら、明日は多くの人が利食いしたいと思うような日になりそうだということ。

そういう時間帯をこなして行かなければならないのでして、そういう動き方は仕方がないとは思います。逆にここで出てこないともう一段上で上がらなくなるから、こういう流れから回転が効いたら本当に好転していきます。ただ、問題はこの場面買いに来るぐらいモチベーションが回復しているかなんです。先物は外人ですから、個別株は大口投資家の腕力になるんですかね。

3556リネット、3195ジェネレーションパス、9709NIS

SQの二日前【源太の講義】お昼

投資歳時記が完成しました。
詳細はこちらで

源太会 

株式投資(12/12お昼)

SQの二日前の逆張りが成立しないことを祈っているんですが、今回は中国の2025見直しやファーウェイ副社長の保釈に関して、トランプさんが発言したことから、少しアノマリーが崩れる可能性が高いんですよね。だから、事件性とかの場合は需給が乱れてきていますから、少し違うと思うんです。

ただ、きっちり動いた流れが実に久しぶりですが、個別株は必ずしも良くはなく、上がっては来ても抜けきらないという部分があります。従って、指数が上がらなくなった時に個別対応が出来るかどうかという視点が非常に大事になります。朝の調子で上がってほしいという人も多いでしょうが、それならば日経平均は+600円ぐらいになるので、それは解決となるからそこはないと思うんですよね。

だから、その停滞した時に今まで下っていたんだからという上げ方が大事で、そういう動き方が始まったら個人投資家も握りしめて、新たに買いなんて動きが出てきそうなんです。さてと、大口投資家が動き始めるかどうかがこの市場の大きなポイントになってきました。

4669ニッパン、6489前澤、3967エルテス

10月の機械受注、

10月の機械受注、前月比7.6%増 市場予想10.0%増:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11HL4_R11C18A2000000/

11月の企業物価指数

11月の企業物価指数、前年比2.3%上昇 前月比0.3%下落:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11HLG_R11C18A2000000/

カナダ当局が米国の要請により

ロイター通信によると、カナダ当局が米国の要請により、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟容疑者を逮捕した問題に関して、トランプ米大統領が問題への介入を検討している。
トランプ大統領は国家安全保障や中国との貿易合意に役立つなら、問題に介入することを検討するだろうという。

トランプ氏、民主指導部と大激論

トランプ氏、民主指導部と大激論 壁予算めぐり:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38823330S8A211C1000000/

株式投資:参考銘柄(12月12日)

今日の見方からの参考銘柄です。

7196CASAは好業績発表。それでも上がらなかった株価は、いつもの事かと思えるんでしょうが、いつもの物は売り気配になったりと非常に厄介。ですが、同社はそこまででなく、最終的に変わらずですから他が下がったのを考えたら、効果はありと思います。今日のような仕切り直しの日には、下がったら押さえたいですね。

2148アイティメディアは見込み客を提供するリードジェン事業に長けた企業。これは私が良く話す「情報銀行」の考え方で、収益効率を考えたらこうした企業が上がる必要があります。現在の押しは全く理不尽で、人気があったから押しているとも言えます。この水準なら将来性加味したら買いになります。

2173博展は電通の下請け。先週まで好調だった同社はここに来て失速。材料が無くなった訳ではないですが、ここまで周囲が下がれば仕方が無いです。昨日も材料が出て少し伸びましたが、投げが多かったからしこりは昨日分は少ないはず。大阪湾岸の発展という先を期待しての土地ではない、イベントなどの仕事は増えそう。

6532ベイカレントは十月末に底打った組。ごく普通の動きで、さすがに一昨日は株価が下がりましたが、昨日は値を守っています。こうした大きな売りが一巡して、下の買いが一巡した個別銘柄が、他とは違った動きになる事は多いのです。全く他とは違う動きですが、内需型システム開発だけに面白い存在。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(12/12寄り付き前)

源太会 
新規の生徒さん募集をしていますが、全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

今日の見方(12月12日)

この市場は手ごわいと何度か書いてきましたが、実に難解な部分が有って、悪い話は昨日もラジオのディレクターが話すように、イギリス・イタリアに次いでフランスもおかしな具合になって来たし、サウジだってそのまま。ロシアも少し変になって来たし、日本の機械製造の下押しとかは非常に難しいです。米中貿易問題にトランプ弾劾問題が絡んできますから、下がる要因は非常に多いです。

そこにヘッジファンドの解約や崩壊、新規契約の減少、金利高から資金調達コストがアップとなって来たら、ちょっとこれは買うなんて言ってられないという雰囲気があります。ですが、これらは今始まった物は少なく、すべて過去から言われていた物です。つまり、需給が悪い時にCTAからの売りが強烈で、マスコミなどのコメントから理由探すのに現状の問題を解説したんだと思うんです。

しかし、それにしても大口投資家が動かなさすぎるのでして、この市場において彼らが動かないと非常に窮屈になります。少し動くとネットで自分だけが知っている風な煽りでやる程度では、れで天井になるケースが非常に高いんですよね。年末処理が大分出て来ています。

気力が無いからそういう風に動くんですね。

やめてしまえ【源太の講義】寄付き前

源太会 
新規の生徒さん募集をしていますが、全て上の源太会にまとまっていますので見てください。難しい相場ですが、一緒にやりながら上手くなっていきましょう。来年の投資カレンダーは発売しませんが、生徒さんへは教材として「投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(12/12寄付き前)

下がる話を最近よくするのですが、基本的には来年の経過からの話。昨日のラジオでもそうですが、相方も非常にそこらは警戒しているのですが、でも、それは来年の話。自分はそうなるという彼の予想に対して、こういう事が起こればという話で、今すぐに警戒とは思っていないのです。

AIからくる怖さはビッグデータからこうすれば投資家が壊れるという考え方があり、特に昨日、一昨日は投資家が戦意を喪失する動きになっています。もちろん、多くの環境もありますが、基本的には需給がうまく行ってなく、投資家が自分本位の投資をするからだと思っています。

他の友人は「だから株なんかしないんだ」「今のうちにやめてしまえ」と昨日話していましたが、そうもいかないのがこの世界で、経済を想定したゲームは貯金とは違うんだと思うんです、ここから非常に難しいんですが、日柄からあと二日我慢したらある程度の方向性は付くと思います。それまでは我慢と考えていまし。

2148アイメディア、6489前沢工業、6532ベイカレント
<<back|<1234567>|next>>
pagetop