February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

メキシコ国境の壁建設投資金を確保するために

メキシコ国境の壁建設投資金を確保するためにトランプ米大統領が国家非常事態宣言を行ったことに対して、カリフォルニア州をはじめ米16州がトランプ政権を提訴したと一部通信社が伝えた

劉・中国副首相 

劉・中国副首相 通商協議のため21-22日に訪米=報道

株式投資:参考銘柄(2月19日)

今日の見方からの参考銘柄です。

7748ホロン半導体電子ビーム測定器、検査装置専業。昨日は動きかけたのですが、先週末に下で出来て消化しきれなかった動き。同社は期待値が高く物足りないとする数字ですが、株価との釣り合いならば割安。今日ぐらいは市場は過去に動いた記憶と四月に強いと思われる目で見るから期待できると思います。

4293セプテーニは非常にしぶとい動き。ダレそうでダレない動きは、TOB以降一時的な需給の悪化や悪い相場展開もあって下に向かいましたが、基本的には体質の変化が期待されるのであり、広告も電通がカバーして来ると変わると思います。じわじわ来てやがて速度も速くなると見るのは、来期の数字や方針がぼちぼち話題になると思うから。

3854アイルは中小企業などの在庫管理で、Eコマースなどの企業に受けています。まだ、飛び抜けて業績が良くないのは、システム化の更なる勧めや人件費も必要だから。キャッシュレス対応がまだまだ進んでいきますし、速度も重要ですから。アマゾンやヤマト運輸と提携したりして、将来性を作って来ています。

3652ディジタルメディアプロは半導体関連ですが、AI関連に事業を変化させ始めています。対応型という事でしょうが、株価は全体の立ち直りとほぼ足並みを揃えており、業績はまだついて来ていませんが、高い技術が引き合い。そうした技術的な株式は、今期よりも来期以降の5Gなどの情報量が多くなって来た時に生きて来ますし、今の投資は先で生きてくると思います。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今日の見方(2/19寄り付き前)

源太会
源太会では【無料】メルマガで「源太の一点銘柄」をお昼ぐらいに出しています。前場見て行けそうなものを選択しています。

『源太会スクール』では勉強と実践の場を提供しています。


今日の見方(2月19日)

今日はDVDとラジオ、そして、源太会。ばたばたしますが、自分はこういう機会があって恵まれているのは、しゃべる事から毎週今の市場を整理する癖が出来た事。そして、その発表の場がある事。DVD作成で自分以外の人の意見が効けること、そしてラジオで質問と持論とが交錯してしゃべりやすくなるという事。

こう考える自分は恵まれているのかもしれません。そうしながら投資カレンダーを確認し、年間月間週間の計画を立てて、最後に「板状況と株価の位置、過熱度、ムード」などを取り入れて売り買いを見て行きます。そうした時に思うのは、計画通り行かない時に、自分は短期売買でまずは損金を作っておいて、その損金以下に失敗した物を処分して、被害を少なくし、大勝負の時まで頑張ります。

今そうした損金を出そうか粘ろうか迷う時に、好決算物はなるべく売らないで、自分が思うよりも悪い決算や仕手的に動く物を処分します。しかし、低位や資本変化や社会的変化から必要とされる技術物は保持します。それが良いかどうかは判らないですよ。しかし、何で利益を出そうとしているのかとか、一定の計画は必要で、そのヒントになるのが「整理」という作業です。指数は上がって来たんだから、ここで何かないかと増やすんじゃなく、ここは何を売っておくかという気がします。

で、枠が空いたら、次は何かとかどうなるのかとか考えるんです。

感覚の変化【源太の講義】寄付き前

源太会
源太会では【無料】メルマガで「源太の一点銘柄」をお昼ぐらいに出しています。前場見て行けそうなものを選択しています。

『源太会スクール』では勉強と実践の場を提供しています。


株式投資(2/18寄付き前)

昨日、打ち合わせに行く途中で、たいして急いでもいないし、大した段差でもないのに路肩の歩道との境目のブロックに躓き、こけてしまいました。いや、普通に足を上げて超えることができる程度で、ごく日常の中なんですよ。うかっとしたら足が昔のように上がっていないのかも。

こんな感じで市場も少し過去の「伸び」という相場に慣れてしまって、思うように上がらない速度が鈍くなっていたり、逆に、持たなきゃならない時に、早目に売ってしまうようなことがあるんじゃないかと。最近やっと上がって来て逃げたら上がるし、これは安全だと思って買ったら、一回は下値を見てしまったり、ちぐはぐな雰囲気です。

自分はこの市場は年末年始で下がらなきゃ、二月は暴落と持っていました。いや、完全に買いになるには、貿易問題や英国の問題があるから難しいんですが。でも、あそこまで下げて、決算が悪いんですが、売ったほど悪くは無く、電子部品や半導体も12月頭や半ばまでは戻って来ました。

時系列の問題ですが、戻って来る値段までは来たという感触。少し市場の強さを自覚して、自重しながら今日も見ます。

4404セントラル硝子、3954アイル、3652デジタルメディアプロ

3719ジェクシードを回顧

昨年に源太がよく見ていた銘柄のジェクシード(3719)、今月に入り動きが変わっています。

こういう銘柄を見ると、「(源太が言った銘柄は)先では上がるんですよね」が思い出されます。「源太からのご挨拶」

本日は17円プラスの165円で上抜けて引けました。

源太の朝のレポートやブログで登場し始めたの昨年の7月頃からでした。そこから120円を中心に横ばいが続き、下は硬そうに推移していましたが、12月の暴落時に大幅下落となってしまいました。

途中、損切りや買い直しをした方もいたかと思います。さすがに12月25日の安値67円まで行くと、買うのを躊躇したのではないでしょうか。

そんなジェクシードですが、先ではちゃんと上がる源太らしい銘柄でした。

いつ買うのか、どのように回していくのかが上手くできれば、利益につながっていくと思います。”源太式”資産形成投資法

悪くはないよ、でも・・・。【源太の講義】大引け後

源太会
源太会では【無料】メルマガで「源太の一点銘柄」をお昼ぐらいに出しています。前場見て行けそうなものを選択しています。

『源太会スクール』では勉強と実践の場を提供しています。


株式投資(2/18大引け後)

上がったんだから悪くはないのですが、日本人の力では無理なのかと思わすような動き。ネットで煽る人たちもストップまであと僅かで推奨だから、なかなか皆も乗りにくそうでしたよね。ですから、この市場で非常に厄介なのは、行くなら行けという時に止まって、「翌日改めてお伺いします」的な終わり方で、多くが上がると信じていない、今だけの付き合いが多いのです。

弱いというのじゃなく、大分中味は良くなったとは思っています。特に今日は今まで売られっぱなしの株式が反発してきし、評価し直しの物も大分あったと思うんです。ストップ高した物は、間違った売りもあれば、5G関連とか材料もあります。ただ気になるのは、今の売り買いになってしまっているのがまずく、上抜け期待の「一泊二日」という買い方がなんか難しそうなんですよね。

それくらいの強さですが、一時よりも大分良くなったとは思いますね。

3778さくらインター、6309巴工業、2173博展

オモテとウラ【源太の講義】お昼

源太会
源太会では【無料】メルマガで「源太の一点銘柄」をお昼ぐらいに出しています。前場見て行けそうなものを選択しています。

『源太会スクール』では勉強と実践の場を提供しています。


株式投資(2/18お昼)

北朝鮮に対しては評価ありますし、まあ、問題はあろうが考えることは出来ます。だって、過去からノーベル平和賞って意図的な流れが多いですからね。いや、自分が今言いたいのは、ああだの、こうだの言ってもトランプさんって支持率は50%有るんですし、自分はそういう時に次の大統領選で対抗すべき人が出てくるのかと思ってしまいます。だから、周囲はおべっかも考えながら動くだろうと思うんです。

ただ、今こうした壁だの何だのは、来週ぐらいからトランプさんに選挙などの事で不利な時間帯が多くなるから、ここに多くの問題をぶつけて、片付けていくことから気をそらすような流れも有るんだろうと考えます。そして、株式の方は特に日本株を外資が間違ったんじゃないかと思うんですよ。つまり、見た目の動きと多くの裏の動きが意図が違う事が多く、特に、下がると見ていた外資が買戻し気味にも見れて仕方がないんです。

特に、米国の半導体の動きなどは、落ち込んでは居ますが「崩壊」じゃなく、なのに騒いで昨年末からやりすぎたんじゃないかなぁ?まあ、自分は金融相場と思っていますから、材料株系見ますが。

3906アルベルト、3967エルテス、3927フーバーブレイン

日本、徴用工問題で防衛産業品の規制を検討=朝鮮日報


日本、徴用工問題で防衛産業品の規制を検討=朝鮮日報
朝鮮日報は、韓国が植民地支配時代の徴用被害者が新日鉄住金に対する差し押さえ資産売却手続きに着手すれば、日本は半導体製造に必要な核心的材料のほか、防衛産業関連物品の輸出を規制する案も検討されていることが分かった、と報じている。

米CBSテレビは、マケイブ前米連邦捜査局(FBI)副長官がインタビューで

米CBSテレビは、マケイブ前米連邦捜査局(FBI)副長官がインタビューで、2017年にローゼンスタイン司法副長官からトランプ大統領の解任について提案され、支持する閣僚らが何人いるかについて話し合ったと述べた、と報じている。
<<back|<1234567>|next>>
pagetop