July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(7月2日)

今日の見方(7月2日)

イライラするのは一つは個人投資家がノイズに押されて買いの手が止まる事。そこを狙ってデイトレの先物業者が動いて来ます。我々の様に目先調整するという考えを持つ者は、たいした調整でないことは判っても、このメンバーじゃないというライン(持ち株の構成)を見て、組み替えて行きます。その組み換えを考えている時に、自分の様に脂漏性湿疹などの「痛い」状況になるとめんどくさくなるんです。

一方で本気で下がると思う方も多いです。その綱引きは金融系の運用者は「下がるとは思えない」という、資金管理型の見方で、「上がると思えない」人は商品系やアナリスト系のファンダメンタルに多いのです。面白いのは、この両者はいつもは逆の見方から来るのでして、証券や金融出身者はファンダメンタルからチャート破りが好きだし、商品系はチャートやテクニカルで淡々と行うんです。

だから、彼等も気持ちが揺れている「確信」となります。一方、「株は上がったり下がったりするもの」という言い方する人は、高値で「過去から言ったように、株は流れに逆らえない」となります。ここでそういう言い方はないだろうという感じで、本当に答えが難しいんです。

そういう時にいつも時間外でNYが下がるから、ナスダックの強さが邪魔に見えるし、ターゲットが売っても買ってもマザーズだから揺れやすいのが投資家の気持ち。そして、今晩の雇用統計は期待ほどが出ないはずですし、高いと7月はきつくなるはず。だって、米国の一角は外出自粛になり始めたんですから。

本気で下がるんじゃなく、枠空けて落ち着く事でしょう。


続きはこちら
🔻 🔻 🔻
株式投資:参考銘柄

考える日【源太の講義】寄り付き前

株式投資(7/2寄り付き前)

『7月号』公開スタート
6月後半〜7月の源太カレンダー解説動画

こちらからご確認ください。

☆お待たせしました!
「ただしい株の基礎」通常講座の始まりです。
こちらからご確認ください。

動きが難そうなNYを考えながら、明日のポイントの日を前に非常に難しいところ。一つは銘柄に核のない「ゲリラ型」の投資で、一応のウイズコロナなどの見方はあっても、それですでに動いた銘柄のリバ取りという感じでは、弱気の虫を動かすのは難しそうです。思考が仕手系になってしまうのかという感触。

昨日、苛立ったのは今のメンバーじゃ上がっても効率が悪いというタイプがことごとく投げられ、それを笑って過ごせる資産家は少なかったという事。株は上がれば下がるとこの時期に書く人もいますが、上がっている時に言ってくれたら良いのにという感じですかね。

ただ、今回難しいのは、既成事実は買い難い事ばかりなのに、資金運用上は「下がる」とは思えない、最終的には上の形で、その上の形が22000円割れで上がるのか、215000円で上がるのか、このまま行ってしまうのかが本当に見分けにくく、目先の調整狙いの空売りやWインバースの買いが、余計売り難くしていきます。

まあ、今日はちょっと考えながら動かなきゃならない日ですよね。

8086ニプロ、6890フェローテック、4388プロパティデータ


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

何かが足りない【源太の講義】大引け後

株式投資(7/1大引け後)

『7月号』公開スタート
6月後半〜7月の源太カレンダー解説動画

こちらからご確認ください。

☆お待たせしました!
「ただしい株の基礎」通常講座の始まりです。
こちらからご確認ください。

仮に今晩強かったとしても、「今の自分の組み立てでは無理」と思った瞬間、組み直します。ですが、今日は売ってはみたものの、買いのイメージがどうも浮かばないから、何かおかしいんだと思います。明日の晩の雇用統計が気になるし、今晩は連騰したNYに自信がないのと、総体的に上がらなきゃならないのになんか上げ方が歪で、あれだけ強かったと思う物が失速しています。

こうした時は何が要因かを再度考えます。上げ要因よりも下げ要因が多く、下では買いがあるならば、今の値は高いのかどうかという疑問が出て来て当然なんですよね。だから、配当分の売りとか、年金のリバランスとか言われたら、さすがに今日のところは動けなかったし、昨日の朝の値段を今朝は越えられなかったというのも嫌味になります。

まあ、気にし過ぎでしょうが、ポイントの日(7月3日)の前に嫌な売買だったという気がします。多くの方が弱気しているから反対とも思うんですが、弱気が多いと買う人は少ないというのは当たり前ですしね。

8086ニプロ、6890フェローテック、6378木村化工機


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

何が有っても売り【源太の講義】お昼

株式投資(7/1寄り付き前)

『7月号』公開スタート
6月後半〜7月の源太カレンダー解説動画

こちらからご確認ください。

☆お待たせしました!
「ただしい株の基礎」通常講座の始まりです。
こちらからご確認ください。

そういう雰囲気がしている東京市場は、いくらかまとまろうとしているのに、どうもばらばらになってしまって最後まで保てないという感じ。弱気の方は何だって売りというスタイルだから、上がったら売るが上がらなくても売りに変わって来ていました。雇用統計などから買いにくいとは思いますが、NYは昨日も反発したんだから少しぐらいは見習う動きが欲しいと思います。

ただ、その慎重さから来る買い方は売りが先行しているにも関わらず、良く買いに黒物が多く、意外に換金してから少し攻めっ気が出てきたのかと思ったりします。だけど判らない指数に振り回されている雰囲気も有るから、今日はこうした感じから来る売買をよく見ています。

言えることは、この相場は起きてるのが辛い。

7519五洋インテックス、7940ウェーブロック、9424日本通信


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

今日の見方(7月1日)

今日の見方(7月1日)

今日は雑多な株が上がって来なければならないのでして、その考えは「死んだ」と思われる株式が、ここ三か月起こったような「調整後の反発」という物が期待されます。いや、それが無いと困るのは、ここから先にまた押し目が来たら、そもそも出遅れを買った部分や株主総会後の動きを期待した物だから、非常に厄介な重っ苦しさがあるんです。それを越えて行くには、一部の成功した企業だけが上がるのは良くは無いんです。

こうした「上がるんだけど」の日に「安いから」という買いが成立してくれるかどうかが非常に難しく、少し反発で買うとそこから伸びなくなって、全体調整時に先に落ちてしまうというのがよくあるんです。今日はそうした見極めが大事で、非常に神経使う売買になってしまいます。

そこまで考えなくて良いというならば非常に楽な市場で、やはり昨日ライブで話した年金運用の矛先が「好業績」という物になったんだし、ニューノーマルだのウィズコロナなんて言うのは意外に昨日下がった軽量株に多いから、マザーズが下がってくれたことが非常に良い雰囲気を作ってくれています。

問題はその売買の仕方で良いのか、引っかかった物をどうするのかの考え方の問題で、ここは本当に難しい場面です。自分はまずは枠つくりに行く逃げの態勢から、その他のポジションを確認しながら、整理重点主義で行きます。

続きはこちら
🔻 🔻 🔻
株式投資:参考銘柄(7月1日)


<<back|<1234567>|next>>
pagetop