June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

日銀

日銀は20日の金融政策決定会合で金融政策の維持を決めた。

日銀は当座預金のうち政策金利残高に対する0.1%のマイナス金利を維持すると決定した。10年債利回りがゼロ%程度で推移するよう長期国債の買入れを行う。その際、保有残高の増加額年間約80兆円をめどとしつつ、弾力的な買入れを実施する。

日銀声明
「海外経済巡る下振れリスクは大きいとみられ、企業や家計のマインドに与える影響も注視が必要」
「少なくとも2020年春ごろまで極めて低い長短金利水準を維持」
「ETF・REIT、市場の状況に応じて買入額は上下に変動し得る方針を維持」
「長短金利操作の現状維持や政策金利のフォワードガイダンス維持に原田委員、片岡委員が反対

日銀政策委員会・金融政策決定会合の結果は、長短金利操作(イールドカブ・コントロール)は賛成7、反対2。資産買い入れ方針は全員一致だった。
<<back|<1234567>|next>>
pagetop