July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資(お昼):なんかなぁ・・・。

買うならばもっと豪快な買い方があるはずなんですよ。基本的には指数寄与度の高いものが人気ですが、普通に日本株が安いというならばそこは違うんじゃないかと思います。TOPIXの動きから見たら、もう少し買われても良いのですが、ファーストリテーリングの好決算と絡めたSQポジションと捉えて来られても仕方がないんですよね。為替とか見たらそうじゃないとは思うのですが、上がるとは思うが物色の覇気の無さから指数だけのことで、全体が強くなっていくとは思えないんですよね。


だから、自分はここは仕手系という選択になっていきますし、それで良いと思います。テリロジーが非常に強いですが、あれだけ皆が注目している中、オープンリーチして上がる株式なんて、このご時世応援したいですよね。ただ、自分はそういうのが芸風的に弱いので、少し端の方の静かなもので考えて行くような卑屈な投資をやっていきます。


3264アスコット、4875メディシノバ、3845アイフリーク

FIG

FIG

株主優待制度の導入に関するお知らせ
http://fs.magicalir.net/tdnet/2018/4392/20180712480644.pdf

トランプインタビュー

英大衆紙サンは、トランプ米大統領がインタビューで、英国のEU離脱(ブレグジット)に関するメイ英首相の方針は米英の自由貿易協定(FTA)締結の可能性を「潰すだろう」と述べたと報じている

大鵬薬品

大鵬薬品、がん免疫療法創薬・開発の米Arcus社のアデノシン受容体阻害剤をアジアで独占的に開発・販売する権利取得

センコー

センコーグループHD、「イノバテックスタジオ」を設立−AIやロボットなどの次世代技術の開発・システム販売

リコー

リコー、音声認識技術・ソリューションを提供するスタートアップ企業2社と資本業務提携
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485171_01.pdf

SQ値22452.35

上で決めたということは、今日、指数が上に向かわないと今後厳しいです。

今日の見方(寄り付き前)

ここは常識的に内需型で必需産業を買うのが普通。先日の「火中の栗を拾う」投資はここで利食いになって、ここは絞り込み、または、ここから総額修正気味に動ける企業を探すという結論になります。従って、ここで自分が思うのは、貿易戦争に勝つためのコスト削減的な発想になるべきで、そうした市場が来たら日本株は保てると思うんです。

もちろん、需給的に全部売られることもありますが、世間で言うような深刻な状況ならばこの場面はこうした逃げ方でしかなく、それが糸口にならないようならば、この市場自身がぶっ飛んでしまうと思っています。まあ、ぶっ飛ぶと思わないからこうした個別株に行くのでして、それでも来週半ばはまた投資の仕方は変えて行かないとならないですからね。

うした多くの技が必要な市場は本当は良くはなく、なんでも順番に上がる相場が一番楽なんです。ここは組み替えは来週するとしたら、どうするのかを考えておきましょう。今日は祈るだけで良いのですが。


7518ネットワンシステムはクラウド・セキュリティ・IOTと、今企業がスべきものが全てできる企業。企業と公共のバランスもよくて、多くのアナリストが気に入っている株式。株価も関係なく堅調で、情報漏洩を防ぐシステムサービスが話題になっていますよね。今後の海外展開を考えれば十分安い。

9765オオバは調査測量や計画区画割り、地理情報システムの企業。昨日は少し災害関連として注目されていたために期待が高く速さがないから寂しそうな動き。しかし、その投げが有るから今日辺り下がれば良い感じになるのでして、災害関連でも有るが政策上必要な企業と自分は思っています。

4563アンジェスが気になるのはこの市場でいち早く上がった企業で、伸びて行かないから皆が飽きて投げてきています。じゃ、なぜあの難しい地合いで買ったんだってことで、この市場の先行性があると観ています。他の参考のために見ておくべきかと思うんですよね。

2678アスクルは好決算を景気に売られた株式。同社はいつも決算から当分売られます。17年と比較して利益がと言われていますが、それは売るための口実で、人件費や積立などの流れからある程度の様相の範囲内。売りたかったという理由でしょうが大概ならば許せる範囲内。逆日歩がすごいです。

株式投資(寄り付き前):本当に日本株を買いに来ているか

NYが反発。昨日の日本の物色を考えれば十分理解できます。しかも、米国が中国との交渉も視野というのだから、これは先週の東京IPOの講演で話した「今週は米国の姿勢が柔らかくなりやすい」という部分で、仮に、今、後戦争に入るとしても一定の会話があってからになるし、その会話がどうなるかは別としても形式的にはしなくてはならないですから。EUやメキシコ・カナダといったところがあるし、日本は赤子の手をひねるような国ですが、やる事は多いのですよ。


そう言いながら、日本は加計問題などすべて忘れ去ったような感じで安部さんの支持は拡大。それで良い国なんだから、それはそれで良いでしょう。ただ、この問題は一つの当たり前という認識が変わろうとしている部分ですし、そういう事が良い事だと思われているという錯誤だと思います。


その中でファーストリテーリングが良い数字を出しました。昨日はその前に高く、その作用は数字を織り込むものかそうではないのかがポイントで、NY高や先物が高いから朝の内は触りますが、その後から指数調整の買いか、業績評価の買いか見なきゃならないですよね。最悪は昨日上げた日経平均が伸び悩んで個別も閑散に後場からなることでして、良いSQだったという外人様の思惑通りになる展開だと癪ですよね。

まあ、それでも良いという国なんですから仕方がないんでしょうが。

7518ネットワン、4563アンジェス、4662フォーカス

イメージワン

イメージ ワン (2667)

テレメトリー式心電送信機「duranta」が遠隔診療支援プラットフォーム「セコムVitalook」に採用されました
http://fs.magicalir.net/tdnet/2018/2667/20180712480186.pdf
<<back|<244245246247248249250251>|next>>
pagetop