June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

中国人民銀行(中央銀行)は5日朝

中国人民銀行(中央銀行)は5日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.9225元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8996元前後)からは0.0229元程度の元安・ドル高水準。

中国人民銀行は10営業日連続でリバースレポを見送った。

オフショア市場で人民元が急落。

オフショア市場で人民元が急落。米中通商交渉の長期化が懸念されるなか、人民元安が進み、ドル・元はこれまでレジスタンスとなっていた7.0000元をブレイクし、一時7.0477元までドル高・人民元安が進み、元は史上最安値を更新した。人民元は対円でも15.07円まで下落している。

週明けのオフショア人民元(CNH)は売りが先行

週明けのオフショア人民元(CNH)は売りが先行。対円では先週末安値15.28円を下回り15.22円まで下落し、1月3日フラッシュクラッシュ時の安値15.20円に迫りつつある。米中通商交渉を巡りトランプ米大統領は強硬姿勢を崩さず、中国メディアからは、交渉そのものが必要かどうか懐疑的な論調もでてきているもよう。米中の溝は埋まりそうになく、人民元の売り圧力に繋がっている。

FOXニュースは、ナバロ米国家通商会議(NTC)委員長がインタビューで、

FOXニュースは、ナバロ米国家通商会議(NTC)委員長がインタビューで、利上げと量的引き締めがGDP伸び率を少なくとも1ポイント押し下げた、などとしてパウエルFRB議長の手腕を糾弾したと報じている。

5日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文

5日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文(8時50分時点)で、主な売越銘柄はヤフー100万株、三菱UFJ45万株、オリックス17万株、日産自16万株だった。

 一方、買越銘柄はみずほFG79万株、アシックス30万株、楽天5万株が目立った。
<<back|<281282283284285286287288289290>|next>>
pagetop