August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:今週の参考銘柄(8月11日)

今週の見方(8月11日)からの参考銘柄です。

8023大興電子通信は好決算発表。しかし、通信機器の落ち込みを気にした事や先に好決算狙いで買われていたから出尽くし型になっています。この企業の動きは非常に意図的で、発表前日一回投げを誘発させておいて買っていますし、週末はその反対売買をされています。しかし、ゆっくり本当の買いをすべき。

9697カプコンは8月1日に19年4−6月期決算を発表。営業利益は前年比51%増の77億円で、市場コンセンサス36億円を大きく上回るポ数字。「バイオハザード」や「モンスターハンター」シリーズなどの人気ゲームの好調が主因。チャートは高いようでも狙う物もないから、動きを楽しむ投資家が集まりやすい。

4442 バルテスは第一四半期赤字。過去出していないから比較できないのですが、巷では警戒する話もありました。ソフトウェアの脆弱性を診断する動きは顧客が発注して起こるため少し遅効的な部分があったり、三月末で入金一巡して次は半期ベースなど多いのです。ここで間違った売りが来たら面白くなると見ます。

6881キョウデンがマイナス50%の悪い決算、当期利益は75%のマイナス。グラスファイバー撤退などの話は既にありましたし、基板変更も無償で行う事は既に話していました。株価はその内容に似合う下落で、悪材料待ちしていた向きも非常に多く、ここからパネルはじめ収益がボトムから盛り上がって行くと思います。ここでの調整は拾い目と見ます。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

今週の見方(8月11日)

今週の見方(8月11日)

市況:先週の日経平均は一時20110円まで急落した後に反発しました。会社の解散価値を表し、過去何度も下値の「岩盤」になった1株当たりの純資産(約20000円)に近づいたことが押し切れなかった要因だと考えています。今月の日経平均は昨年10月、12月、今年5月に続いて急落した市場は、この間、安値(終値ベース)をつけたのは昨年12月25日の19155円で、当時は1株当たりの純資産に支えらました。その後、今年1月から4月まで反発したものの、米国の対中追加関税第3弾を受けて5月、第4弾を受けて今月、それぞれ急落して再び純資産に近づいた状況にあります。

この事は皆が周知していて、いつも止まったらその数字の話します。街では強気をけなすマスコミや弱気を馬鹿にする超長期派が言い合っていますが、そういう事ではなく、下げに転じた時に企業収益の「資本金」をも食ってしまう変化なのかと言えばそうでもないから、「下限はこの辺りだな」というのは、非難するよりも大事な事です。

要因と需給:先週末9日は8月物の日経平均オプションのSQでした。日経平均が急落する過程で行使価格20500円や20000円のプットオプションが急上昇するとともに、これを誘発するような仕掛け的な先物売りが目立ち、日経平均の下げを加速させていました。少し、過剰反応に見えませんでしたか?

先物の手口をみると、売りの中心にいたのはやはりクレディ・スイス証券でした。ただ、同社の売りポジション(建玉)は7日に約14000枚にまで拡大し、6月4日に日経平均が20289円で底入れした時と同じ水準に並びました。日経平均が一時20000円に近づいてプットオプションの保有者に達成感が出たことや、週末にSQを通過したことを含め、仕掛け的な先物売りは先週で一巡したと考えています。参考グラフ:投資の森

米中問題やトランプさんの話しを気にしても、本当にどう展開していくかは不透明です。従って、総体的に不景気ならば対策あり、トランプさんは景気の悪くなることは過去してこない、行う時はFRBに対して催促であるし、規制を掛けた時は「支持率が落ちて来始めた」のは知っていますね。だから、農産物さえ買えば、弱い選挙区だから収まってしまう、そこはしばらく押さえる気がします。

結局は投資カレンダーのポイントの日に合うように、運用リズムのまま。SQ過ぎたら月の20日まで底堅かったり、ジャクソンホールあたり基準になりますよね。

つづき、
株式投資:今週の参考銘柄(8月11日)

弱いと思い過ぎかも【源太の講義】大引け後

株式投資(8/9大引け後)

最悪のこと考えたらこの場面で株なんて買えないという、その最悪の事を書くような文章が目立ちます。マスコミは韓国問題と一緒で一番端っこ使いますから。ですが、一理あると思う気持ちも根底にはあるし、話のまとめ方に「米中問題がエスカレートする可能性がある」と言われたら、そうなる可能性は否定できないんですよね。

ですから、多くの人はこの三連休を無事過ごす可能性は少ないと思うし、今晩と週明けのNYどちらかに自信がないという形に向かいます。そして、休み明けはお盆休み本格化だという事も考えるから「本日の値段」が信用できないんですよね。でも、その割には叩きもなかったし、マスコミが言うほど危険な状況ならば外資系はそこそこ動くと思うんです。

従って、バカンス前に一巡という流れの中で、本格的な人は今は休んでしまっているような気がして仕方がないんです。ですから、その中で考えたら今日はまだまだ頑張った方で、悪い中でも見るところは有ったように思います。この相場は難しいのですが、何とかしのげたような気がします。

一応は投資のリズム通りですから。

6188富士ソフト、4425KUDAN、6888アクモス


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

9日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文

9日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文(12時25分時点)で、主な買越銘柄は三菱UFJ24万株、みずほFG17万株、りそなHD7万株、JXTG5万株だった。

 一方、売越銘柄は野村19万株、日本通信14万株、双日10万株が目立った。

行こか戻ろか・・・。【源太の講義】お昼

株式投資(8/9お昼)

今なら撤退できるという水準まで戻った市場は、売り方はここが正念場で「週末か週初下がれ」と思うことや「トランプさん、なにか一言」と思っています。買い方は「普通に安い」と思っても、三分の一戻り達成した後の伸びで、持ちたいのですが、三連休から買う気になれないといった中、気迷いだと思います。

ですから、非常にナーバスな動き方でして、少し投げたがる人が来たり、指数が頼りないと売りが出てきます。十時半ぐらいまで指数売買と同じリズムで買われていた物も止まってしまって、市場は指数が持ち直しても、個別株は動きにくいという風な感じでしょうか。なんかここらで止まるようじゃ困るんですが、気持ちがもう負けてしまっているという気がします。ただ、安いのは判っているんですよ。

そうした後場ですから非常に厄介ですが、確かに買うには中途半端と思うこと自身が実は根底に不安があるということです。朝から不安にさせる記事が多いですから。売り方も買い方も、ここは行くべきか、手仕舞いするか迷うところ。

6188富士ソフト、3042セキュアヴェイル、4425KUDAN


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

株式投資:参考銘柄(8月9日)

今日の見方からの参考銘柄です。

3962チェンジは過去の我々の主砲でしたが、長く時間掛かって、やっと売ったら上がって行きました。そして、やっと過去の買値に来ました。公募増資などを嫌った投げが続きましたが、セキュリティへの気持ちが企業で高まり、人材育成がうまく行って他社とは違う切り口からコスト政策をうまくやっています。最近は投資事業として見られますが、ふるさと納税など地方自治体に向かって地道にシステム営業を拡大しています。

4425KUDANの人工知覚の話はしましたが、株価の方は方向が見えていません。ダラダラ下って、先日やっと反発とおもったらこの下落で急落。上げる時にもたもたしてつまらないです。ですが、手垢のついたものは触りたくないのが夏相場で、見方によっては早い反発が出来たのも確かだけに要注意。

4442バルテスは地味ながらも態勢を立て直しています。企業内容は今後必要なという流れにぴったりのソフトウェアの脆弱性の診断で、尚且つ、品質管理の人材派遣もやっています。こうした企業は認めたら判るという部分で市場の弱い時は弱いのですが、市場に可能性出て来たら一気に認められます。

2127日本M&Aセンターは過去に相当売り買いしました。大きく化けた一つですが、最近の企業跡継ぎの無い流れやAI化から来るコストカット意識から非常に企業の継続が変化しています。高い技術にAI化からくる資金需要。企業買収はしやすくなったと言っても良いでしょう、不景気の金余りはこうした事業は有利。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

今日の見方(8月9日)

今日の見方

資金繰りが厳しい弊社ですが、何に使ったという事は無く、そう多くない収入に対して、6〜7月の保険料やたまたまの家賃の契約満期、定期に出張が重なって、いつもの倍の資金が必要となったから。ですから、元々、カツカツで行っているので資金が今月は不足して、このままでは夕方からアルバイトに行かなきゃならなくなります。

景気が良いとは思わないが、そうおかしくも無いと思っていても、税金や少しの値上げが生活に厳しくなっていくので、講演なども一部の人気の方が薄価でも動くから、我々下々は機会が減って来ています。多分それが多くの社会の疲弊として出ているんだろうと思います。証券各社は決算相当悪いですから。

その効率を上げる「アシストする企業」や「高い技術を持った集団」が今は繁忙。従って、人を欲しがる動きが少し変わった感じです。基礎を教える自分の話もある程度時間がたったから実戦的な銘柄論になりましたし、著名なテクニカルの先生が初心者向けの講演をされています。

少しずつ変わる市場はこうした低迷時でも普通は投資先とか努力します。その変化を微妙に見つけていくのが投資という物で、銘柄を変えて見るとか、考え方を変化させるべきです。

つづき、
株式投資:参考銘柄(8月9日)

意図を持った記事【源太の講義】寄付き前

株式投資(8/9寄付き前)

昨夕に書いたんですが、「普通の心理ならば600ドル安からほぼ変わらずまで戻ったNYを見て、しかも、下値水準ならば翌日は+200〜300$ぐらいは一時的でもあると思う」ものだと。【源太の講義】大引け後しかし、日経新聞のスクランブルに書いてあるような懸念から株価は上がり難く、思い切った買いにはならなかったという事です。もう少し信じてもという気にならないのかと。

その昨日のスクランブルで感じたのは、下がった時のネガティブな意見を貼り合わせただけで、「株式を買った外人」の行は日本株を買ったとは書いてあらず、事実、米国などは買いましたが、日本株は買戻し程度で収まっていました。それを読んだら判るんですが、外人が買ったを強調しているから、日本株と見てしまいます。

先物など勘案したら、元々持っていた日本株の通常状態では売れない水準まで売っていますから、売るべきものは本当に米中が胸ぐら掴み合う喧嘩でないと起こりえません。そこは判らないとしても、関係の無い株式は買っても良いと思うんですが、その文章ではディフェンシブとした食品や雑貨株の上昇を挙げていまして、それって買ってるんじゃないのって思います。

どこの世界で今、食品とかが内需一本と思っているんだか。ある意図を持ってそれに都合のいい意見を集めて、さも他の専門家が言っているように組み立てられた記事です。ただ、下がる時の懸念はこうした物というのは勉強になります。

2163アルトナー、6188富士ソフト、6888アクモス

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

普通のときならば【源太の講義】大引け後

株式投資(8/8大引け後)

いつもの感覚ならばNYが600ドル安から戻っているんで、今晩は高いだろうと考えての計画が作られます。ですが、今の日本市場にはそういう発想での動きはなく、今しか信じていないから、今の動きや強弱感だけが優先されます。ですから急騰に急落と言った動きが個別で現れやすく、明日が週末三連休となったら完全に今日の時点で手仕舞いという流れになります。

最もきついのは決算跨ぎを極端に嫌う投資で、最近決算が良くなかったり、とにかく決算過ぎたら売りが出るなんて気持ちになっているから、本当に寂しい結末になっていくんです。少々悪くても内容重視したら持てる株式も多いのですが、そうした余裕や気持ちはもうなくなっているんでしょうかね。

こういう流れになったら我々は地味にやっていくような動きにならざるを得ないのです。しかし、買われる物は他人が興味あるような乱高下という風なタイプにならざるを得ないのです。まあ、今の市場はそこらが非常に難しいです。自分は地味に行きますが。

2173博展、6888アクモス、2162NMS


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

まだまだ、弱気が多い。【源太の講義】お昼

株式投資(8/8お昼)

市場は三分の一戻り達成してから失速。市場は18,000円中心のプットを唱える人が非常に多いです。言う方は「自分独自の・・・」なんて話しますが、日経新聞の「スクランブル」を読んで納得して、その話を聞いた又聞き、もしくは、似た発想が多いということです。自分はそういうのも一理あると思うから否定はしませんが、ここ三日間予定の行動が出来たと思っていて、先物などの大きな買いが入った動きから、そこまでは考えていません。

しかし、後場の意識は日銀が入れないという状況に、戻りの達成感、上値買う材料の欠如という発想から、売り方にとっては勝負の日にもなっていきます。三連休前の明日が個別株は不気味だったり。でも自分で言うのもなんですが、そこまで真剣に考えないといけないのかとか思ってしまいます。2万円以下はPBR1倍以下になる日経平均となると、思惑や想像ではなく、はっきりと壊れたという何かがあると思います。

まあ、そうなるのか判らないですが、基本的には自分の知識において現段階では見つけられません。だから、運用者の日程通り粛々とやっていきますし、週明けのポイントの日があるから、無駄なものは外すポジション管理型でいきます。

4425KUDAN、3823アクロディア、3687フィックスター


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
<<back|<12345678>|next>>
pagetop