October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今週の見方(10月13日)

今週の見方(10月13日)

米国株は経験則の復活に期待
今月に入り米国株が急落しましたが、昨年の時は10月から12月まで急落しました。米国ではミューチュアルファンドが10月末、ヘッジファンドが11月末に決算を迎えたからですが、その時に成績が悪いと解約売りなどが多いのですが、今年は日本株は冴えなくても、海外は頑張っていますし、45日ルール過ぎてしまえば通常の年のような動きになると思います。

2000年から一昨年までのS&P500種指数の月別平均騰落率をみると、9月から10月上旬にかけて決算前の解約売りで下落しやすく、10月中旬から売りが一巡し、クリスマス商戦が盛り上がる12月にかけて上昇しやすい傾向があります。本来ですよ。

しかし、昨年はファンドの運用成績悪化で閉鎖や解約のための換金売りで12月まで下落。経験則とは逆になった経緯があります。今年は運用成績が比較的良好といわれ、売りは早めに一巡するとみられるので、12月にかけて上昇しやすいと考える方が自然ですよね。

今回の下落はこういったファンド解約が、中国・米国貿易問題のナーバスな時間帯に、マスコミによって不安視され、それが配当落ち後処分と重なったという雰囲気。ですから、なんか結局外資に上手くやられたといった雰囲気で、ETFなど先物の手口見る限りでは、日本人投資家は弱気に傾かされて、儲からなかったといえます。一方で運用者が相当儲かったという、先の数字は非常に嫌らしいですが。

そうした気分がマザーズなどの換金を誘い、何故売っているか自分で気がつかない状況になってしまい、「上がる気がしない」→「投げ」という短絡的な投資が目立って来ています。同じ投げるならば指数が上がるのは判って来たんだから、優良に乗り換えようとする動きもあるのでしょう。

ただ、この米中の進展は解決していません。自分が先日から話すように拡大しなければ良いのであって、攻め方は最初は景気敏感型でも、その次は好業績、その次が出遅れとなります。だから、ここからは下がった好業績株で十分だと思いますよ。なんか、時間軸がおかしいだけでなく、早く儲かりそうに感じる過去の株を追うのはやめた方が良いと思います。『コア&サテライト』のサテライトに合わせた方が有利ですが、そこが少し後になると思います。

まずはここは運用者はETFで組んできます。17年の時と同じと見ているようでありながら、絞り込む銘柄が難しく、ここで景気敏感は当然だとしても、他との格差があるから、まずは、再度コアを指数で作り、それをベア型で閂した後から、通信などの好業績に流れ、その後が将来期待できる株式となって行くんでしょう。だから、相変わらずコアはバリュー型グロース系という、好業績で投げられた物を買う姿勢に変化はないです。

つづき、
株式投資:今週の参考銘柄(10月13日)

お気を付けください【源太の講義】大引け後

株式投資(10/11大引け後)

台風のことをTVでずっと言ってますが、実際に備えて色々用意してとは思いませんが、身の危険があれば無理しなようにしてください。欲を言えば避難とか言うならばその道筋や呼びかけ、避難場所の整備とかもやっておいて欲しかったですね。TVでよく言う「先に判っている」ということなんですから。

ただ、今日の株式もそういうイライラが見えたのでして、米中問題が上手く行って買うとしたら「景気敏感」。だから、指数や半導体・電子部品という考え方で、悪い時は全面安ということを考えてしまいます。個人がそう思っての行動だと思うんです。軽量電子部品買いの総額売りとなった感じですよね。

だから、正しいとは思うのですが、なんか逆向きになりそうな感じで、意外に普通の妥協ならば織り込んでしまっている場合があるし、個別株は売られ過ぎて、また新しい感覚の買いが出来る気がします。だったら来週で良いかで、やはり手が出なかった日です。

7567栄電子、4783日本コンピュータ・ダイナ、6701NEC


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

弱い心を利用【源太の講義】お昼

株式投資(10/11お昼)

日経平均とマザーズの動き方が違い過ぎるとの話もありますが、とにかく、個別株は悪い状態。買い主体は上がったものに対して換金と利食いの売り後は空売りまでやっていますね。要するに、買い要因は自分が買うんだということになって、一つの達成が有ると益出しから叩き込んでしまえば、今の市場は買い主体が存在しないので、信用力が切れたら投げ合いになります。

こうした見方と実際の買いの日経平均のアンバランスさが仕込みには最適で、株は今日上がらなくても、ここは貯め易い、ビビらせれば投げて来るという風な雰囲気があります。おそらく今日上る、休み後すぐに上がるは無いでしょうが、この下落を綺麗にさらわれている銘柄はありますね。

まあ、この地合ならばそうやりやすい訳で、指数や企業数字が良いから売りにくい指数が存在するとなったら、大きな運用者は小型株に来ないから、価値判断は大口投資家だけになります。それは先日のようにタイミング見ながらって感じになりますよね。いや、見てて達者だと思いますよ。

いつ上るかが判らないのですがね。

7567栄電子、9742アイネス、3758アエリア


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

株式投資:参考銘柄(10月11日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4763クリーク・アンド・リバーは業績は絶好調。テレビやゲーム、WEBの派遣や最近では医療などの専門分野の派遣も有名。クリエーティブ関連に強いのは画面の上手さ定評があるからで、高い技術の派遣者を所有しています。弁護士や医師の派遣なども考えたら、同社は幅広くなってきたものです。昨年の減収を設備投資と考えたら良い活用です。

6882三社電気は今期は中国の落ち込みから辛いとは思いますが、半導体の生産だから仕方がないという部分があります。しかし、5G関連で電源などの見方もあり、大幅減益・減配もあります。ですが、だから売られて来たのであり、半導体や製造装置まで来期を買うのに、同社を嫌う意味がわかりにくいです。週末で安いならばチャンスかと。

4308Jストは抜け出してからの売り物待ちの時間。ここは市場がいいならば一気に突き抜けたと思いますが、この地合いでは資金は回りにくいと思うんです。ですから、ここでの一呼吸は大事でして、売り物吸収中となります。ですから、三連休前の今ならば投げが出やすくて安く仕入れられると思うんですよ。

3407旭化成はノーベル問題からの上げでしたが、目先が多いのと方向感がないから攻め手がなかった雰囲気。しかし、空売りなどの感覚から週末は一度は買って買えるような感触が有るし、仮に今日動かなくても米中問題から見た日本株としては、PER10倍となったらさほど悪い投資とは思えないんですよね。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今日の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

今日の見方(10月11日)

今日の見方(10月11日)

昨日、動いていない物を狙うという事を書くと、「動かない物を買って意味があるのか?」という指摘を受けました。う〜ん、考え方ですが、その中には「未来永劫動かない物を」と解釈されている方もいて、いや、そうじゃ無いんだけrどもと思いました。それだけ自分の知っている言葉の数の少なさから迷惑をお掛けしているのだろうと思っています。

いや、普通に証券的な発想は「動かない物」=「動く要因はあるが今は評価されていない、先で評価されるもの」という考え方で、現在評価されている物ではなく、実力はあるが注目されていない物を買いましょう、と、いう事なんです。いわゆる、待ちの投資で、現在の多くの投資家の様に、「動く物へ行くのはやめよう」という事です。

これでも判らない人は存在すると思いますが、評価されている物が連日新たに評価する人が現れる様な「連続性」ある市場とは思えないから、人気化した物が息切れしたら売りの対象になってしまうのでは?という、需給に関しての不安をイメージしたという事。

昨日は前日の動きから「結果を求められている市場」でしたが、資金の回転は速く、とても一日持つと考えられず、で、下がった株式を買うと儲かるかというと、落胆から下に落ちてしまう雰囲気があったという事。だから、物色対象が変わりそうだから、少し早いが今評価されていない物をじっくり買いましょうって事になります。

昨日の説明で終始していますが、では今日はというと、昨日投げられた物を下で買ってそれが不発から投げに来た時を待って行きます。今日じゃ無く読み難い来週にかける感じの買い方になります。上がったら売ろうとする人も多いが、投げたがる人も多いですよ。

つづく、
株式投資:参考銘柄(10月11日)

ポジティブな朝【源太の講義】寄り付き前

株式投資(10/11寄り付き前)

今度はポジティブな朝ですが、これも立ち合いが始まるまで不透明。ポイントは振り回される個人投資家は、実際に指数と関係のない部分が盛り上がらない事。過去から強い市場は先週の様に、指数がどうあろうが動く個別の割安を強調したり、評価したりという中から生まれて来ますから。

それが全体観の不透明さから投資意欲が無くなって、少し押さえ気味なら良いですが、昨日妙な投げという事になったら本当に悲惨な感じになります。昨日の感情はこの夏の弱さに似たような状況。特に、四月高値銘柄に期日など来て売らざるを得ないような状況になった物はきついようです。

そうした時に、この市場は三連休前の投げと理解したら非常に良いと思うのです。本来今日売られるべきものが昨日出てしまい、投資家は資金は確保している状況にあると思えば今日はどうにかなります。でも辛いのは、今日の後場にやることが無く、外資や先物業者が思うように動いてしまうという、非常に寂しい動きになるんじゃないかと思うんです。

雰囲気、三連休前に盛り上がるとは思えないですし、米中問題は判らないし。

3891ニッポン高度紙、6553ソウルドアウト、4762エックスネット

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

堪える相場【源太の講義】大引け後

株式投資(10/10大引け後)

この相場は堪えますよ。物にもよりますが、基本的には大きく上がったバリュー株が「これからの時代はあなた方です」みたいに言われて、調整が調整ではなく反発のないまま下っていくし、その間頑張った9月に下がった個別株がやっと反発態勢に入ったかと思ったら、一気に下がるものも有るし、これはこの上は難しいぞとばかり動かなくなるものが多かったです。そうこうしている間に中断もみ合いとしていた株式に、用心の売りが出てきました。

売る時間が少なかった、売ったら上がったというタイプで、対応が非常に難しかったという気がします。それを余計複雑にしたのは日本時間以外の世界的株の強さで、こういう感じですと指数が強かった分日本株不信が始まってきます。体感と現実が違うという感じで、投げは少し遅くなるし、買いは早い目になってしまうという感じです。ただ、今日ぐらい個別が下ったら、明日は売られる株は少なく、買い下がった人が長い目で市場を見ていたら、そうは下がらないんですよね。

しかし、訳が判らない市場で難易度が高いと思います。

6701NEC、2173博展、5704JMC

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

なんで日本だけチャンスがない!【源太の講義】お昼

株式投資(10/10お昼)

ニュースが二転三転して上げ下げ激しい市場ですが、為替の円安理由と株式の下落理由が真反対だったり、記者や発信責任企業は普通の個人の情報じゃないのだから、洗練して話してほしいです。同じ企業の配信する情報でも五分前と今で真逆のこと流していますからね。結局、米中は落とし所がわからないのでしょうが、海外は一応逃げる時間与えられたが、日本はこういう動きじゃ個別株まで資金が回らないで、三連休前に逃げ切りができないですよね。

では、上がったらどうしたか?というと、個別銘柄上手く逃げたかったというのが心理でしょうから、実は、その気持を読まれていたということであり、それが「売り気配」という心理によく現れて、昨日話した「結果求める日」とした今日の結果は「短期売買」という事情だったと言うことだったんです。

この場面、位置から見てゆっくりと良いんじゃないのって気がするんですが、旭化成とか空売りが溜まってたら面白いとも言えますよね。今日上るか、明日買い戻すかの感じになるから。しかし、それにしてもマザーズは安い。

3758アエリア、9742アイネス、3968セグエ



[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

今日の株価材料(新聞など・10日) 

今日の株価材料(新聞など・10日) 
▽ノーベル化学賞、吉野彰氏ら リチウムイオン電池開発 吉野氏は旭化成(3407)名誉フェロー(各紙)
▽米中次官級貿易協議「主要問題で進展なし」(サウスチャイナ・モーニング・ポスト電子版)
▽法人税収、各国に配分 OECD案 国際課税に新ルール(各紙)
▽私的年金も加入延長 企業型70歳・イデコ65歳未満(各紙)
▽グルメサイトの「口コミ評価」 公取委、実態を調査(日経)
▽トルコ、親米クルド人勢力へ攻撃開始 シリア北東部(各紙)
▽トランプ氏、米中貿易協議「有利な取引望む」(日経電子版など)
▽中国、米との部分的貿易協定排除せず(ブルームバーグ)
▽中国、今週の対米通商交渉への期待値を下げ 禁輸措置受け(ロイター)
▽フェイスブックCEO、リブラ巡り米議会で証言へ 23日に(日経電子版など)
▽ヘッジファンド解約急増 1〜8月資金流出10年ぶり水準(日経)
▽ZHD(4689)、SBI(8473)と金融提携 商品・サービス拡大(日経)
▽クレセゾン(8253)、インドでネット融資 中小・個人向け(日経)
▽日立キャピ(8586)、68%増益目標に 税引き前、3カ年中計(日経)
▽インドネシア資源相、国際石開帝石(1605)のLNG開発「2022年に投資決定を」(日経)
▽NTTドコモ(9437)・AGC(5201)「ガラスに見える」基地局 都内で導入へ(日経)
▽博報堂DY(2433)、顧客データ安全に連携 企業を仲介(日経)
▽凸版(7911)など、訪日客ニーズ分析実験 行動データ活用(日経)
▽星野リゾート、ハワイにリゾートホテル 20年開業 海外3カ所目(日経)
▽早期退職、1万人超に 1〜9月、上場27社 業績好調でも適正化(日経)
▽バンナムHD(7832)がTOB 創通(JQ、3711)を完全子会社へ(日経)
▽アマゾン、日本で偽物排除 任天堂(7974)・パナソニック(6752)など25社と連携(日経)
▽グーグル、5Gスマホ 20年にも発売 ハード強化鮮明に(日経)
▽イオン(8267)3〜8月期純利益6割減 傘下の不適切会計響く(日経)
▽トヨタ(7203)など8社、新団体 自動運転技術、標準化目指す(日経)
▽9月の工作機械受注35%減 2カ月連続1000億円割れ(日経)
▽ローソン(2651)などコンビニ2...
<<back|<12345678>|next>>
pagetop