February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

投信保有が長期化

投信保有が長期化 18年は平均3.4年、10年ぶりの長さ:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41384250X10C19A2MM8000/

今度は大戸屋

https://twitter.com/haripotago/status/1097042577272926208

業績の変化しやすい物【源太の講義】寄付き前

源太会
源太会では【無料】メルマガで「源太の一点銘柄」をお昼ぐらいに出しています。前場見て行けそうなものを選択しています。

『源太会スクール』では勉強と実践の場を提供しています。


株式投資(2/18寄付き前)

個人投資家のモチベーションが上がってくれるかどうかです。今の状況は換金を急いでいますが、業績が悪い割には思ったほど悪くなかったりと感じています。いや、ここから一段と落ち込むにしては在庫がうまく回転し始める兆しですし、半導体はまだまだ問題多いですが、事実として米国で半導体の株式が高いですよね。だから、以前話した経済サイクルの問題で、景気はこれから悪くなるんでしょうが、株式は上がる「金融相場」の小さいのがありそうなんですよね。

だから、ここ一年ぐらい下がっている株式が面白いというか、そういう業種が面白い気がします。新興国株が一年ぶりに上がって来ていますが、そういうのも流れとしてあるんだろうと思ってしまいます。ただ、好業績株を叩くような流れがあるんですが、それぞれ一理ある売りではあります。しかし、売るにしても限度というのもあるし、言いがかりみたいな値下がり株は多いです。

三月末から四月は来期見通しなど出始めるんだから、その時に現在収益が悪い企業が強気で企業計画言うはずがないんだから。確率としたらですがね。だから、この時期に材料出尽くしで下がる好業績とか、価格転嫁で業績の変わりやすい企業とか。少し考えたいですよね。

4404セントラル硝子、6881キョウデン、3652ディジタルメディアプロ

株式投資:今週の参考銘柄(2月17日)

今週の見方からの参考銘柄です。

7748ホロン半導体電子ビーム測定器、検査装置専業。半導体が価格低迷、出荷量が下落という状況で、先日の決算は大幅な伸びへ。半導体全体の落ち込みから通期増額は企業が見送ったが、半導体に底入れの兆しから、この売り物になった状態は「中長期」で貯め込みたいと思う。

9479インプレスは電子書籍で過去から話題だったりしましたが、有価証券売買益が減るために景気の不安視をしていましたが、書籍や電子本がともに好調で、コンテンツもプラットホームも好調。同社は増益を確保。しかし、株価は全く無視された格好で非常に大人しいです。こうした株式が後々評価高める事もあるし、株主優待もユニーク。

3941レンゴーは段ボール・板紙・包装のトップ企業。同社は、創業以来、国内で最大の段ボール生産量を誇り、段ボールの原料となる板紙の生産でも国内トップ級。耐水、防虫、防錆や帯電防止に加え、防炎段ボールなど、物流の仕組みやライフスタイルの変化に対応したパッケージングの進化に取り組んでいる。利益は少し落ち込むが、ネット売買などから段ボールの需要が変わりました。

6327北川精機は5G関連の穴株として注目。週末もしぶとく買いが入って、これからの市場の物色が伺えます。5Gの先行組が落ち着いてきましたが、ここに来て広がり見せるのは、半導体や電子部品に陰りがある中、ここで持ち直しが言われています。特に日本の通信問題のレベル低下が週末に日経新聞で取り上げられ、立ち遅れが顕著ですし。


判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

今週の見方【源太の講義】2月17日

源太会
源太会では【無料】メルマガで「源太の一点銘柄」をお昼ぐらいに出しています。前場見て行けそうなものを選択しています。

『源太会スクール』では勉強と実践の場を提供しています。


今週の見方(2月17日)

2月8日までに発表された3月本決算企業の2018年4-12月期の決算を集計されたのを見たら、18年4-12月期累計(9ヵ月)の営業利益は前年同期比 4%増となっていた。(東証1部、金融除く)。しかし、10-12月期 (3ヵ月)の営業利益は同2%減、当期利益に至っては一時的な損失計上の影響などもあって同23%減。減益幅が拡大している印象だった。

全般的に昨年秋以降の失速が見て取れる決算内容となった。18年10-12月期の営業利益の増減率を業種別に見ると、石油・石炭や非鉄金属など市況関連セクターの減益が目立ち、主力セクターでは電気機器、輸送用機器などが減益。食料品や不動産業といった内需関連業種でも減益。インバウンド需要なども変わって来たのだろう。

一方、増益セクターは、その他製品、情報・通信業など。その他製品は任天堂(7974)、情報・通信業はソフトバンクグループ(9984)の寄与していると書かれていたが、情報・通信業に所属する約8割の企業が増益している事から、企業の活発なIT投資などが業績良好な背景にあると素直に見たい。

会社側による 19/3 期通期の営業利益計画の修正動向を見ると、下方修正が優勢な状況に。(1月以降の集計で、上方修正は101社・1897億円、下方修正は157社・8660億円)。株価は、「業績悪化は織り込み済み」との反応も一部で見られるが、上値を追うには先行き不透明感が払拭されることが必要だと思う。

その為には、好業績か大口投資家の見える物かになってしまうのは仕方が無いが、在庫など見てみると、今の数字の良い物よりも悪目一巡株の長期投資の時期に入ったのかもしれない。

一年ぐらい下げ続けた株式の割安技術株という感覚が長期投資には必要か?目先、今週は外人が買い戻しに入り始めるかというのがポイント。チャート上は一目均衡表の雲抜けから、過熱感も無く、チャンスではある。

源太会、本日の【無料】メルマガを公開します。

源太の1点株銘柄を【無料】配信します。前場見た結果から早そうだと思う1銘柄を選んで紹介します。昼休みを基本に登録メールへ送ります。

源太会*投資のパドック*

公開します!本日のメルマガはこんな感じでした。



前場の相場の様子と注目銘柄がわかり、サクッと読めます。ちなみに、今週の注目銘柄は少しずつ動き始めています。ぜひ登録してみてください。
源太会*投資のパドック*はこちらから

源太会は個人とチームを融合して、効率的に株式投資を学び・資産形成していく場が必要だと思いスタートしました。個人プレーとチームプレーのバランスによって、一人でも多くの方が投資で成功できるようにと願っています。

長い一週間【源太の講義】大引け後

源太会
源太会では【無料】メルマガで「源太の一点銘柄」をお昼ぐらいに出しています。前場見て行けそうなものを選択しています。

『源太会スクール』では勉強と実践の場を提供しています。


株式投資(2/15大引け後)

覇気がないとかなんとか言いながら、長い一週間が終わりました。今日の相場で思うのは、前場は後場警戒と諦めから投げて、後場は需給が少し改善されたが、目先的な投資はできても基本は買い切ることはなかったという印象。ですから、根本的には「様子見」という時間だったと思います。

今日は投信解約の売りが有ったりしました。常識的な市場では「45日ルール応答日」であり、基本的にはそれによる動きが有るというのを知りましょう。曜日ごとの癖や日々の特徴を覚えて、その仕組みに合わせて動くようにしたらこの市場はまだまだ攻略できます。ただ、めんどくさいのはその上げ幅や抵抗感が無い換金売りで、その売りがなかなか切れないという事。そこに個人投資家の疲れが重なったら、やらなくても良いことやってたりします。

まあ、こういう相場は非常にやりにくくて、好決算が売りになっていると何が尺度か判らなくなります。ただ、3月や4月は好決算が有利で、そういう物を狙いながらやっていきます。

6881キョウデン、9479インプレス、4662フォーカス

投資尺度【源太の講義】お昼

源太会
源太会では【無料】メルマガで「源太の一点銘柄」をお昼ぐらいに出しています。前場見て行けそうなものを選択しています。

『源太会スクール』では勉強と実践の場を提供しています。


株式投資(2/15お昼)

「ストップ高とか多いから、この相場はチャンス」とよく言われますが、とにかくそういうメールが多いです。でも、実際にこの市場、現場でバタバタやってる人に取ったら、昨日急騰した株式が連続して高いなんてのは極稀で、UUUM辺りは昨日急騰して今日はストップ安なんてことが見えちゃうと「本日高い」株式を人に薦められるものじゃないです。逆に、ストップ高した株式を「売るべきです」とも言えないのが今の市場です。

だから、市場や環境を理解している人が割り切っての売り買いならば判りますが、こうした時は好業績が売られて、スルガ銀行のような決算を出したら上がるんじゃ、「投資尺度」という物が判らなくなります。最近は好決算が出たら、市場では「大丈夫なんでしょうか?」と問い合わせが来るくらいです。

まあ、何処かでどうにかなるんでしょうし、各所の講演会で話しした今日は『売りの出やすいタイプのポイントの日』で、こうした時に「割り切って買う」のが良かったりします。自分の感性でね。

9479インプレス、7610テイツー、3652ディジタルメディアプロ

米国での輸入自動車の増加が国家安全保障に及ぼす影響

ロイターは、米国での輸入自動車の増加が国家安全保障に及ぼす影響に関する商務省の調査報告書が、近くトランプ大統領に提出される見通しだ、と報じている。正式に報告を受けた後、大統領が90日以内に追加関税などの措置導入を最終判断するという。

1月中国消費者物価指数(CPI)

○10:30 1月中国消費者物価指数(CPI)

前回値 前年比1.9%
予想 前年比1.9%
重要度 中

○10:30 1月中国生産者物価指数(PPI)

前回値 前年比0.9%
予想 前年比0.2%
重要度 中

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
<<back|<12345678>|next>>
pagetop