June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今日の見方(6月20日)

今日の見方(6月20日)

下がることを用心してここ最近のNYは動いていたのかという気がします。あのFOMCの内容をポジティブには取れないと思います。しかも、あの前日の上げでは。だから、市場自身が強いという認識が大事で、勘違いしてもらったら困るのですが、弱気で話をしているマスコミ批判ではなく、根本的に市場が金融政策や経済から動くタイプではなくなっているという事です。

それはきっかけや解説には使いますが、上下のイニシアチブを握った何者かが、運用難の金利低水準、世界的な逆向き金融政策に対して、資金運用をする場所が変わって来たという事なんです。違う言い方したら、その先が国債なのかもしれないですが、こうした動き方は、ここで市場が求める金利低下したらインフレから少しバブルっぽく変わります。

そのバブル前の日本を知る人が思う今の市場は、売買高が変わって来ますし、上場基準がきつくなって新参者が無く資金だけが市場を大きく動かすし、そうなって来た時に今の日本の「不景気でも配当は維持する」という姿勢が運用を呼んできます。そうなるかどうかは、企業の収益の安定性だから、ここ最近良くなった資本回収率でROEが鍵になっている実態になります。

ここまで来たらまあ、乗るしかないんでしょう。普通の割安株は今動かないから買ってもつまらないと思うでしょうが、実は、それが大事で今日の相場に固執しないで、金融相場の場合、どういう順番で買われていくのかがポイントになっています。
<<back|<12345678>|next>>
pagetop