July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

動いた株

*ディー・エル・イー<3686.T> 315 +80

「トリラー」への投資決定発表を引き続き材料視。


*ダブル・スコープ<6619.T> 567 +80

韓国向けセパレーター好調が一部で伝わる。


*THEグローバル社<3271.T> 249 +33

真空地帯を買い戻しで上げる形か。


*グローバル・リンク・マネジメント<3486.T> 675 +74

不動産ファンド事業およびアセットマネジメント事業に参入。


*サンコール<5985.T> 487 +47

自動車株高の中で出遅れ感に関心向かう。


*日本精工<6471.T> 875 +58

決算発表を受けてあく抜け感が先行へ。


*マツダ<7261.T> 742 +47

為替相場の円安進行で自動車株がしっかり。


*GMOクラウド<3788.T> 7340 +450

電子署名サービスの利用増加期待が続く。


*SUBARU<7270.T> 2565 +140

自動車株高の流れに乗る形へ。


*アーク<7873.T> 119 +6

三井化学の株価推移に連動する形。


*日本板硝子<5202.T> 443 +22

為替相場での円安進行を好感視か。


*NTN<6472.T> 243 +12

決算発表後の日本精工の上昇など連想感に。


*ジェイテクト<6473.T> 932 +46

本日はベアリング株も一斉高の展開に。


*日産自動車<7201.T> 432 +21

円安や世界的な自動車販売回復期待で自動車株堅調。


*ブイキューブ<3681.T> 1369 +67

米ズームの好決算発表や時間外取引急伸が刺激。


*ミネベアミツミ<6479.T> 2081 +102

ベアリング株高に連れ高の流れにも。


*セイコーエプソン<6724.T> 1309 +64

輸出比率高く円安の進行なども買い材料か。


*三井化学<4183.T> 2339 +114

前日に経営概況説明会を開催。


*アシックス<7936.T> 1266 +61

円安なども手掛かりに買い戻しが優勢か。

 
*住友電気工業<5802.T> 1338 +63

自動車株高で関連株として見直し買いも。


*and factory<7035.T> 1178 -123

通期営業益赤字への下方修正を嫌気。


*サインポスト<3996.T> 2032 -177

前日にストップ高と急騰の反動。


*ジェイリース<7187.T> 378 -26

時価総額に係る猶予期間が解除へ。


*東祥<8920.T> 1379 -94

東京あらーろ発動などもマイナス視か。


*ネットマーケティング<6175.T> 633 -41

水戸証券では投資判断を格下げ。


*ファインデックス<3649.T> 966 -60

目立った材料ないが戻り売り優勢の展開に。


*フィールズ<2767.T> 346 -16

25日線割れで真空地帯を下げる。


*ベネフィット・ワン<2412.T> 2382 -107

高値圏で利食い売り向かう形にも。


*enish<3667.T> 565 -24

「五等分の花嫁」ゲームアプリ制作で大幅上昇の反動続く。


*ファーストリテイリング<9983.T> 62910 +1160

5月の既存店減収率縮小などをポジティブ視へ。


*トヨタ自動車<7203.T> 6885 +111

円安進行や世界販売回復期待などで。


*フルスピード<2159.T> 589 +77

国内最大級のインフルエンサーネットワーク企業との資本提携を好材料視続く。


*黒田精工<7726.T> 791 +71

THKなどの評価の高まりも刺激か。

上がった株

どれも持ってない。


*TOWA<6315.T> 1119 カ

今期の大幅増益見通しを材料視。


*三桜工業<6584.T> 851 +117

前期業績の高い変化率受け見直し買い。


*大幸薬品<4574.T> 2192 +262

足元でのウイルス新規感染者数増加の兆しも材料視。


*日本マイクロニクス<6871.T> 997 +114

野村證券では買い推奨に格上げへ。


*ビーグリー<3981.T> 1547 +136

あらためて好決算を見直しの動きにも。


*さくらインターネット<3778.T> 641 +53

データセンター関連として関心が向かう流れに。


*GMOクラウド<3788.T> 5530 +430

5000円レベルの底堅さ意識で買い戻し優勢か。


*オイシックス・ラ・大地<3182.T> 2338 +169

東海東京証券では新規に買い推奨観測。


*VTホールディングス<7593.T> 376 +27

自社株買いや株主優待制度の拡充を引き続き評価。


*サイボウズ<4776.T> 2771 +174

足元の順調な売上推移など評価続く。


*凸版印刷<7911.T> 1855 +114

業績上方修正や記念配実施を好感。


*ニチイ学館<9792.T> 1693 +93

TOB価格引き上げの思惑なども高まる。


*オプティム<3694.T> 2763 +134

高値からの調整一巡感で押し目買い優勢に。


*アイビーシー<3920.T> 1038 -161

上半期大幅減益で通期予想取り下げ。


*ニコン<7731.T> 993 -96

減配公表嫌気に加えて今期業績回復期待も後退へ。


*イワキ<6237.T> 1043 -91

特に材料見当たらず買い戻しによるリバウンド一巡か。


*日産自動車<7201.T> 415 -35

決算とともに事業構造改革を発表もあくぬけ感につながらず。


*三菱自動車<7211.T> 311 -23

日産の赤字決算などで警戒視波及か。


*ディー・エル・イー<3686.T> 176 -12

M&Aやファンドの設立など発表で前日急伸も利食い売り。


*マツダ<7261.T> 703 -42

前日は自動車株高の中で買い戻し優勢も。


*日本製鉄<5401.T> 1010 -59

ショートカバー一巡で戻り売り優勢か。


*リテールパートナーズ<8167.T> 1482 -84

もみ合い上放れ後の買い戻しにも一巡感。


*NTN<6472.T> 233 -12

他の景気敏感株同様に戻り売りに押される。


*東レ<3402.T> 524 -26

前期業績下振れや減配計画をマイナス視。


*NOK<7240.T> 1389 -69

前日まで順調なリバウンドも本日は戻り売り優勢。


*enish<3667.T> 592 -28

「五等分の花嫁」初のゲームアプリ制作発表で直近急伸の反動。


*住友化学<4005.T> 340 -16

前日には経営戦略説明会が開催されているが。


*タマホーム<1419.T> 1322 -61

配当権利落ちに伴う処分売りが継続。


*リミックスポイント<3825.T> 117 +21

ビットコイン価格の大台回復を材料視。


*高田工業所<1966.T> 925 +101

前期の増益決算などを評価の動きにも。


*共和コーポレーション<6570.T> 499 -41

足元急ピッチの株価上昇で過熱感も。

動いた株

*DLE<3686.T> 188 カ

M&Aやファンドの設立などを相次ぎ発表。


*enish<3667.T> 620 +100

「五等分の花嫁」初のゲームアプリ制作発表を引き続き材料視。


*日本エンタープライズ<4829.T> 286 +42

オンライン診療普及支援サービスに期待。


*電通グループ<4324.T> 2981 +410

第1四半期の大幅増益決算を高評価へ。


*VTホールディングス<7593.T> 355 +42

自社株買いや株主優待制度の拡充を評価。


*ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス<4433.T> 1149 +131

インバウンド関連の一角として経済活動再開に向けた動き材料視。


*リテールパートナーズ<8167.T> 1796 +176

高値もみ合い上放れで買い戻し続く格好に。


*マツダ<7261.T> 754 +69

自動車株高の流れの中で買い戻しが優勢。


*東邦チタニウム<5727.T> 730 +61

鉄鋼大手などと同様にショートカバー優勢か。


*アルテック<9972.T> 244 +20

3Dプリンター関連の低位株として関心向かう。


*日産自動車<7201.T> 450 +35

ルノー・三菱自動車との協力体制を発表。


*ダブル・スコープ<6619.T> 478 +36

買い戻しなど需給要因が中心とみられる。


*日本製鉄<5401.T> 1080 +69

大手鉄鋼株では足元でショートカバーが活発化も。


*ジェイ エフ イー ホールディングス<5411.T> 842 +53

日本製鉄と同様に買い戻しの動きが主導か。


*三菱自動車<7211.T> 335 +21

ルノーや日産との協力体制発表を好材料視。


*トプコン<7732.T> 952 +58

出遅れ感の強さから買い戻しの動き強まる形か。


*東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616.T> 266 +16

全般的な金融関連株高で買い戻しか。


*コニカミノルタ<4902.T> 434 +25

相対的な株価の出遅れ感の強さを意識も。


*IHI<7013.T> 1691 +95

3万人を対象とした一時帰休を発表も。


*レイズネクスト<6379.T> 1239 -96

今期の減益・減配見通しをマイナス視。


*ライク<2462.T> 1625 -119

権利落ちによる手仕舞い売りが優勢か。


*オープンドア<3926.T> 1330 -95

ショートカバー一巡感による戻り売り続く。


*日本オラクル<4716.T> 11970 -780

配当権利落ちで手仕舞い売りが優勢に。


*ライドオンエクスプレスホールディングス<6082.T> 1626 -94

前期業績の下振れ着地などはマイナス視へ。


*ビジョン<9416.T> 885 -40

信用買い残重しで戻りは鈍い。


*ディー・エヌ・エー<2432.T> 1487 -66

前日にかけての一段の上昇で戻り売り。


*タマホーム<1419.T> 1396 -58

高利回り銘柄として配当権利落ちの影響。


*ディップ<2379.T> 2624 -108

リバウンド一巡感など需給要因か。


*カカクコム<2371.T> 2607 -104

上値の重さも意識で戻り売りが優勢となる形。


*三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T> 465 +21

米金融関連株の上昇が引き続き刺激に。


*トヨタ自動車<7203.T> 6946 +206

本日は自動車株の強い動きが目立つ。


*リクルートホールディングス<6098.T> 3755 +159

今期も厳しいスタートだが今後の底打ち期待を反映へ。


*共和コーポレーション<6570.T> 540 +80

緊急事態宣言全面解除に伴うリバウンドの流れが続く。


*Oak キャピタル<3113.T> 105 +12

特に材料観測されないが値頃感や仕手性の強さなど妙味に。


*アゼアス<3161.T> 1048 +86

4月期業績予想の上方修正を発表。


*天昇電気工業<6776.T> 345 -25

1-3月期は経常2ケタ減益に。


*セキド<9878.T> 478 -33

中国の新幹線教育グループとの合弁設立を材料視する動きにも一巡感。

今日の株価材料

まとめてあるから助かります。
ありがたい話です。

今日の株価材料(新聞など・28日)
▽米下院、少数民族ウイグル族の弾圧関与の中国当局者に制裁を科す法案を可決 トランプ大統領の署名待ち(ダウ・ジョーンズ通信など)
▽香港統制、世界が警戒 トランプ氏は制裁示唆(日経)
▽9月入学見送りへ 今・来年度導入に慎重論(各紙)
▽企業支援、官民で94兆円 2次補正「真水」33兆円決定(各紙)
▽ルノー会長「日産自(7201)との統合不要」 3社連合中計(日経)
▽人工呼吸器、米から1000台 トランプ氏打診で輸入へ(日経)
▽ETF評価益92%減 日銀3月末時点で8年ぶり低水準(日経)
▽巨大ITに透明化圧力 新法成立も実効性課題(各紙)
▽地銀の資産運用助言 資産運用基盤、みずほFG(8411)傘下のみずほ信託と提携(日経)
▽野村(8604)傘下の野村アセット、投信併合完了 追随の動きは鈍く(日経)
▽ファーウェイ、米規制に対抗 半導体の迂回調達探る 日本企業にも触手(日経)
▽EU経済支援220兆円規模 対コロナ、欧州委が復興計画案(日経)
▽マレリ1300億円を調達 コロナ対応の自動運転開発 資金も(日経)
▽日本電産(6594)、吉利にEVモーター(日経)
▽日本MS、中小のテレワーク支援(日経)
▽IHI(7013)、需要減で一時帰休(各紙)
▽JAL(9201)、採用活動を一時中断(日経)
▽マツキヨHD(3088)、最大20万円 従業員支援策で無利息貸し付け(日経)
▽VW、中国政府系に出資で調整 合弁親会社50%取得へ(日経)
▽リクルート(6098)、4月が売上高21%減 米で求人サイト苦戦、「クリック課金」成長期待も(日経)
▽KYB(7242)、前期最終赤字618億円 改ざん問題巡り引当金(日経)
▽ワタミ(7522)が前期最終赤字29億円 今期65店閉店決め減損(日経)
▽三菱マ(5711)、最終赤字829億円1〜3月最大(日経)
▽天馬(7958)、米ファンドから取締役 6月総会で提案(日経)
▽ワシントンH(4691)、前期最終76%減益(日経)
▽電通グループ(4324)が黒字転換 1〜3月最終153億円(日経)
▽20年のエネ投資43兆円減、過去最大の縮小 IEA予測(日経電子版)
▽米テスラ、北米で一斉値下げ「モデル3」は最大5%(日経電子版)
▽SBG(9984)のビジョンファンド、従業員10%削減を検討(ブルームバーグ)
▽日立金(5486)の今期、120億円の最終赤字見通し 新型コロナで需要低迷(NQN)
▽大日印(7912)の前期、連結最終益694億円 前々期は356億円の赤字(NQN)

▽27日の米国株、続伸し553ドル高 米経済活動の正常化期待で
▽NY円、1ドル=107円65〜75銭で終了 東京市場終値比13銭円安・ドル高
▽NY債券、長期債が小反発 10年債利回り0.68%
▽NY商品、原油が反落 金は反発

動いた株

*マーベラス<7844.T> 782 カ

テンセントの出資による今後の展開力への期待が続く。


*enish<3667.T> 520 +80

「五等分の花嫁」初のゲームアプリ制作発表。


*酉島製作所<6363.T> 852 +91

前期業績上振れや自社株買いを好感。


*デザインワン・ジャパン<6048.T> 265 +28

ナイトワーク出身の人材紹介サービス企業を買収。


*DOWAホールディングス<5714.T> 3505 +335

決算受けて業績のディフェンシブ性の強さなど意識も。


*ブイキューブ<3681.T> 1120 +104

「V-CUBE Video SDK」の利用時間が過去最高を突破と。


*日機装<6376.T> 991 +87

深紫外線LEDについて新型コロナ不活化試験で有効性確認と。


*日本アジアグループ<3751.T> 295 +24

目立った材料観測されず、出遅れ感など意識か。


*リログループ<8876.T> 2363 +174

決算マイナス視の動きにも一巡感か。


*リテールパートナーズ<8167.T> 1550 +110

高値圏で買い戻しの動きが優勢となる。


*ツバキ・ナカシマ<6464.T> 963 +67

出遅れの景気敏感株の一角で強い動き目立つ。


*テー・オー・ダブリュー<4767.T> 372 +25

「バーチャル展示会」関連として取り上げられる。


*DMG森精機<6141.T> 1350 +83

4月の工作機械受注では中国向けの減少率縮小。


*タカラバイオ<4974.T> 2874 +176

ワクチン開発に関する特集記事などが材料視される。


*NTN<6472.T> 236 +14

220円レベルの抵抗線突破で買い戻しも。


*マブチモーター<6592.T> 3525 +205

今期配当計画据え置きなどで安心感も。


*SHIFT<3697.T> 9100 -930

短期的な過熱感の強まりなど反映か。


*オプティム<3694.T> 2731 -195

高値圏で利食いの流れが向かう形か。


*日本ペイントホールディングス<4612.T> 7640 -540

足元の上昇ピッチの速さに過熱感強まるか。


*出光興産<5019.T> 2399 -156

今期の配当計画「未定」などをマイナス視。


*エスプール<2471.T> 758 -47

本日は内需成長株の一角に利食い売りが向かう。


*ペッパーフードサービス<3053.T> 593 -36

短期リバウンドの流れにも一巡感。


*LIXILビバ<3564.T> 2365 -139

前日にかけて高値更新で一段高となっていたが。


*NECネッツエスアイ<1973.T> 5620 -320

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では新規に中立判断。


*神戸物産<3038.T> 5120 -270

4月の高値水準では戻り売りが優勢にも。


*日総工産<6569.T> 720 -38

前日にかけてのリバウンドの動きの反動。


*エムスリー<2413.T> 4040 -210

特に材料なく高値圏での利食い優勢。


*オープンドア<3926.T> 1440 -73

前日にかけてショートカバーとみられる動きで上昇。


*TOKYO BASE<3415.T> 358 -18

週初からの上昇で戻り売りが優勢に。


*カチタス<8919.T> 2436 -118

高値圏で利食い売りの動き強まる。


*三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T> 439 +10

米金融関連株の上昇が刺激にも。


*NTTドコモ<9437.T> 2970 -20

野村證券では投資判断を格下げしている。


*共和コーポレーション<6570.T> 460 +80

緊急事態宣言全面解除に伴うリバウンドの流れ強まる。


*セキド<9878.T> 511 +80

中国の新幹線教育グループとの合弁設立を引き続き材料視か。


*ラオックス<8202.T> 215 +33

インバウンド関連見直しの流れにも乗る形か。


*大興電子通信<8023.T> 738 -140

今期の大幅減益見通しを嫌気。
<<back|<12345678>|next>>
pagetop