July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

6月19−20日分の金融政策決定会合議事要旨

6月19−20日分の金融政策決定会合議事要旨
「わが国の景気について、委員は、輸出・生産面に海外経済の減速の影響がみられるものの、所得から支出への前向きの循環メカニズムが働くもとで、基調としては緩やかに拡大しているとの認識で一致」
「景気の先行きについて、委員は、当面、海外経済の減速の影響を受けるものの、基調としては緩やかな拡大を続けるとの見方で一致」

寄り前

2日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文(8時50分時点)で、主な売越銘柄は三菱UFJ83万株、みずほFG45万株、マネックスG33万株、JXTG32万株だった。

 一方、買越銘柄はヤフー20万株、ルネサス13万株、イビデン10万株が目立った。

株式投資:参考銘柄(8月2日)

今日の見方からの参考銘柄です。

2397DNAチップは休養十分。先日から好材料なのに元の値に戻ってと話ししていましたが、そこから根が生えたように重く思案していましたが、他のバイオの順当な動きから、個人投資家の落ち着き次第という感じで見ています。まあ、動くと早いのは周知の事実で、こういう企業は動きが小さい時に少し買ってほっとく株。

2121ミクシィが久しぶり動意仕掛けています。収益は相当悪くなるんですが、顧客課金という大きな流れが一巡していることが理由だということで、それは周知の事実。しかし、ゲームは水物で何かあれば変わります。従って、他の話題であるバスケットチームを持っていることを評価する流れが出たことは楽しみな材料。

6038イードはM&Aから事業拡大。WEBサイトは沢山経営しています。最近はメディア事業が好調なんですが、足を引っ張っていた自動車関連の調査などソリューションが低迷していました。しかし、そこからキャンピングカーレンタル企業などの提携に向かって、本来の得意な部分が動きはじめています。

3687フィックスターズは、マルチコアプロセッサーと言われてもよくは判らないのですが、そのまま考えたら多くのコアを集積したとなるんでしょうが、独立した複数の情報を同時に処理して行くから効率がいいということでしょう。自動車の自動運転はじめ、多くの情報を必要とする企業は必要としますからね。



[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

今日の見方(8月2日)

今日の見方(8月2日)

決まりだから仕方が無い。これはあまり好きじゃないです。講義で書いた「弱冷房車」は、自分もそうですが寒いのは苦手なんで必要。ただ、今の気候は異常気象で横の高齢者は今にも倒れそうな汗だくでした。関係部署で話し合って、色々考えるんでしょうが、臨機応変も必要だと見ています。

この相場は臨機応変をトランプさんの飛び道具で粉砕された形。昨日は正解の買いが一気に壊れてしまうんでしょう。約束が一か月で反故されるんですから、対応できない運用者は多いかと。最後の勝負と思ってやったらこういう答えでは、昨日のような頑張りは期待できないと思います。

まずは半導体や電子部品が為替から触れないから、製造業が難しく、金利低下を期待してもトランプさんが中国への関税を行うという事は、世界景気的に難しくなったと言えます。いや、多分、中国との交渉で韓国と同じように、どうせ今のうちだけの大統領だと思って引き伸ばし策なんですよね。韓国だって、トランプさんがいなくなったら自分達が今より有利に動けると思っています。

要するに、そういう感覚を嫌うセールスマンは、今答えを作りたいのであり、事業なら時間はかかっても政務は今が大事という事になります。これで雇用統計が悪ければ駄目としていた動きが再び悪い方が良くなり、一時的な感情だから米国株は買いでしょうが、休み前に再び組み替えるとなったら、運用者は気力がなくなります。

材料株がかろうじて頑張れるのかというところ。長い週末になりそう。


つづき、
株式投資:参考銘柄(8月2日)

弱冷房車、いる?【源太の講義】寄付き前

株式投資(8/2寄付き前)

ここでこれかよというトランプ発言ですが、ここまでは市場は読んでいたから非常に良い感じでした。でも、追加関税しないという約束があるからと安心しきっていた投資家は、この米国の大統領の発言には「?」という反応だったでしょう。いや、これは読めなかったという事で、多くの投資家が組み直しや入れ替えを余儀なくされます。

これを「弱気が強気になったから」なんて狭義な事を言っている人は、ノー天気でして、約束が守れない国が最近多いですが、その中でも最上級の行為と言えます。フィリピンの大統領が非常に良い人に見えて来ます。

「正しい」を最近は己の主張と言いますか、考え方について正当性を貫くのが良いとされています。しかし、過去の正当性と違うのは怒りに任せての正当性で、給食費やNHKの料金払わないのが正当とされています。一理あるが段階踏まなきゃというのが出来なくなっているんですよね。

まあ、「日程通り5日までなのか」という気がしますが、昨日の強さは為替もおかしいから今日は自信無いという週末になると思います。市場の空気が読めないんだもん。電車に「弱冷房車」というのがあるんですが、この猛暑でも必要かどうかです。空気の読み方は、今の世の中は要らないという事でしょうか?

3687フィックスターズ、2130メンバーズ、9742アイネス

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
<<back|<311312313314315316317318319320>|next>>
pagetop