April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

[6584]三桜工業


こういう記事が好きなんですよね。
今は反映しなくても先でとかで役に立つから。

[6584]三桜工業
今月に入り、米国のベンチャー企業で独自技術による全固体電池開発を手掛ける米ソリッド・パワーへ出資を発表、現行のリチウムイオン電池に続く次世代電池分野への取り組みを評価する動きが顕在化

三連休後【源太の講義】お昼

株式投資(お昼)

24日の2回目の日米貿易協議があるし、外務大臣も21日から向かいます。大統領と首相の会談もあるというのですが、さて、それを控えて日本人が強気でいられるのかということです。それが和らいでいるから買いと見る外資に対して、日本だけ悪くなるのではと思う日本人とでは、全然行動が違います。それでも動きが良いから指数は期待されて握ったとしても、日本の投資家は関係のないものを売ってしまう傾向があります。

為替問題や貿易問題避けたから内需を買っていても、結局は「動かない、下がったら嫌、今のうちに」という発想で、とにかく逃げていくんです。だから、基本的には強気でいても肝心の腹が座っていないから、「損は御免だ!」という考え方が先行し、上がるならばここからという目先投資でゆっくりと眺めるなんて考え方が無いんですよね。

まあ、それでいいですが、自分は粘って行く方が好きなので、ここは伸びる可能性がある下っている物という発想になってしまいます。

3891ニッポン高度紙、2307クロスキャット、3987エコモット

源太会facebook

おっ、話が銘柄っぽくなってきた。

重要インフラの緊急点検実施 11月末めどに対策策定を 首相 | NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180921/k10011638981000.html

北海道新聞販売所がドローンで新聞配達実験 旭川

なんか関連来ないかなぁ
2303ドーンや2667イメージは、防災や位置情報で書いちゃったし・・・。11:30

北海道新聞販売所がドローンで新聞配達実験 旭川
https://www.nikkansports.com/general/news/201809210000390.html

政府の動き

菅官房長官:全国のインフラ点検して強じん化対策、11月めど
菅官房長官 日米首脳が23日に会食、26日に会談

読売新聞によると、茂木経済再生相は21日、閣議後の記者会見で、日米両国による新たな貿易協議の第2回会合を24日(米国時間)にニューヨークで開くと発表した。

ビットコインETFの「正式な審査の開始」

日本でもやらないと事件になります。
こうした事は逆言えば通貨として認められようとしているんですよね。




【速報】米SEC、VanEck版CboeビットコインETFの「正式な審査の開始」を告知|通常の延期とは異なる https://coinpost.jp/?p=47271

株式投資:参考銘柄(9月21日)

今日の参考銘柄

4293セプテーニは今回弱い低位の中では動いているタイプ。地味で地合いが向かないから、投資対象じゃ無いようですが、指数が多々どまりした時に始まる低位株の嵩上げは気が付いたら%高い結果になったりします。漫画アプリなどで広告ですが、人件費増は今の世の中仕方が無く、人材確保が大事だと思います。

2667イメージワンは抜け出して頑強。しかし、こうした株式は週末三連休前ならば弱くなるのが普通ですが、投げの構わず買いに行く動きや結局は高値圏で進む動きは少し驚きます。同社のような指数以外で別に上値を地味に狙う企業は材料株として興味持っても良いはずです。

6562ジーニーは昨日の髭で今日の投げ買い。つまり、メディアの広告枠を自動売買するシステムは儲かってはいないでしょう。しかし、利用者数がまず増えている点から大きな将来の収入減になることが予想されます。これにマーケティング乗せて付加価値つけたら単価上げれますから。

6768タムラは市場さえ普通ならば生き残れる株式。同社が昨日押したのは企業ではなく、日経平均の位置と出遅れから。こういう投げは次の実需に展開し、根本的にはここからがこの市場の力。このままでは単なる外資の遊びになります。若干はんだなどが落ち込むが位置が低すぎる。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
 源太会スクール for 初心者

今日の見方(9/21寄り付き前)

今日の見方(9月21日)

これで勝負あったという気がしますが、昨日の伸び悩みはクレディーがここに来て動きを止めた部分。今日だって考えて置かなきゃならないのは、外資系の先物が鍵を握る展開は変わっていなく、指数と個別株は別に動くという事。ただ、こうした場合、乗れなかった金融系の運用は間違いなく個別系のテーマから進むのであり、そうした傾向は運用者の性として変えられない物なんです。

皆さんが運用する立場として考えた時に、「1000円以上上がった日経平均をどこまで買えるのか」という考え方から行くならば、トランプさんが動く呪縛から逃れられないですが、事実として高い日経平均を見た時に「比較論」が表に出ます。そうした発想は指数の中でも好業績や貿易や為替を避けた物に行きます。指数なんか勝算が出るまでは見送って行くというパターンの運用になります。

こうした「買うとしてもの発想」は非常にめんどくさく、複雑な心理を呼びます。裏の裏を考えたら今度の中間決算で一番伸びるのは駆け込み需要で北米で売り上げが高かった自動車など、為替差益だから正攻法とも考えられますし、そこが一番今後被害被るという傾向になります。

まあ、だから、めんどくさいので「テーマ株という発想」に、運用の方々はなって行くんですが。

強さの理解【源太の講義】寄付き前

株式投資(寄付き前)

強い米国市場に対して、ついて行っている日本は肝心の日本人が意味が分からない強さで、この市場は昨年との比較に入っています。「ここまで強いか!」という心の中には「なんで?」という疑問が伴うから、「今更買えない」という気持ちが強いのでしょう。

ただ、何度も話して来た日本企業の「収益率」のアップに、GDPで示された消費力の回復から十分理解できますし、どんな形であれ、貿易問題が片付いたら、それに合わせる事業計画はマイナス成長じゃないという考え方から。そういう考え方をしてきましたが、そうは言ってもの速さでびっくり。

もっとも思うのは指数と個別株の比較感であります。この個別株の弱さというか気力の無さは、昨日、露呈したのであり、この感覚は日本人だけでは何もできない、個人は早い回転したいだけという「成長」に関しての期待など微塵も無いんだと感じました。大事な事は、高い技術や今後の産業構造上必要な物はどこまでも追うべきで、それに伴うセキュリティーなどが必要という事です。

と言いながら、乗れないからそういう物に行くという悲しさはありますが。

3891ニッポン高度紙、4293セプティーニ、2667イメージワン

8002今日の出来事

8002丸紅
日経平均に負けない上昇

9月4日の株式投資:参考銘柄からブログに書かれていた銘柄です。

個人投資家は、あの相場環境では見ていない銘柄だったと思います。
運用者目線の分析から源太の注目銘柄として登場。
その後もブログの中で出てきていました。

骨太の投資家になるために、源太会スクールへご入会ください。
 源太会スクール

<<back|<316317318319320321322323324325>|next>>
pagetop