September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

トランプ氏「小幅の利下げでは不十分」

トランプ氏「小幅の利下げでは不十分」 FRBに要求:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47942760Q9A730C1000000/

6月の有効求人倍率

6月の有効求人倍率、1.61倍に低下:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL29HPC_Z20C19A7000000/

米半導体株の大幅高にアナリストは慎重論崩さず

米半導体株の大幅高にアナリストは慎重論崩さず、決算は「まちまち」 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-30/PVFB1UT0G1KY01

株式投資:参考銘柄(7月30日)

今日の見方からの参考銘柄です。

3328BEENOSは1日が決算。同は投資した企業の相次ぐ上昇で決算は期待なのですが、決算で終わるという、事業と違うものが思惑になります。という事は、逆に決算前で売られている現状ならば、決算後期待出来るのかも。決算前で上るなら利食いも構わないし、買い場に近いと思います。

4324電通は少し良くなっていますが、同社の場合は設備投資に今掛ける余裕と言うか益金が莫大であるから、電子化に向かって一気に進めていますが、子会社の配当も還流止めていますよね。同社の子会社が余裕う持つとともにグループ力を上げて行こうとしているのが見えます。

6580ライトアップは企業の営業支援、生産性アップですから、全くの政策通りの企業。ですが株価は政策と同じように低迷していて、根本的には需給的な面の悪さかと思います。急騰場面など見ていますと、買い戻し的な動きが見えますし、中身4662が良いから一時注目したこと考えたら、夏枯れは買いという流れに当たるかと。

4662フォーカスシステムズは公共向けのシステム開発に非常に強いのですが、保守・運用・セキュリティと望まれる今の時代は、開発にも資金が必要になります。そのため、航空管制との案件は良好で、一般企業向けの拡大も図りはじめ、研究としては筑波大学とリアルタイム音声文字化を研究したりしています。企業が変わる手前かと。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

今日の見方(7月30日)

今日の見方(7月30日)

毎日、電車で書いていますが、今年は春から体調が思わしくなく、先日から夏風邪をひいて、今日も相当な頭痛なんです。こういう時にこの暑さは非常にきつく、冷房はほしいが冷房の風が体に痛く、どうにかしなきゃと思っています。

株ってそういう感じで決して良好じゃないが、それを無理していたら、色々な物が身体に来たりします。いや、損している時こそ見ている物が上がって、非常に良く見えるのに、持ち株は全く先が見えないという感じで。よくあることですが、そういう時は本当は全部売って、売った物が欲しければもう一回買うとか、持ち玉を入れ替えた方が良いんです。

ちょうど今、市場はそういう時期で、担当者が六月ぐらいに変わり、夏休み前に買った人の株式を売却して、新しいのを組むのは休み明けにしようかという感じなんです。個別株に思い入れも無いから、淡々と処分されますし、持っている人にとっては異常な安さでも、投げる人には単なる金にしか見えません。

そういう状況と思って欲しいのですが、ショートゲームはまあまあ、適当に出来ます。ですが、組み込みは大阪講演や源太会で話したように、”AIの組み込んだ文言”から作るのは必須で、そこは急いで組み込んでいます。だから、まだ上がるのか、もっと上がるのかが富士通やNECの思案。自分ならば今日辺りから、その次ぎ目指さないと、決算物が先買いに変わったんで、決算後は伸びなくなると思います。

つづき、
株式投資:参考銘柄(7月30日)
<<back|<372373374375376377378379380381>|next>>
pagetop