April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

目安【源太の講義】寄付き前

株式投資(4/18寄付き前)

ここで思うのは、どこまで我慢するか。市場はぼちぼち上値計算して来ましたが、基本的には「不明」としています。基本的には昨年の12月高値を意識ていますが、この市場の中身は指数と個別株が別に動いています。明日は少し高いはずなんですが、来週はどうなのかとなったら判り難い部分もあります。そういった心理的な部分も含めて、持ち株の今後の処遇を考える日になります。

「引っかかっていた株式を強気するな」という昔の言葉があります。過去の経験則から、それは元々高かった過熱した時に買った物で、下がるだろうと思って買った物はそれには値しません。ですから、根本的には非常に強い物も出て来ます。しかし、自分が買って急落した株式や下がった時に気にいらなかった株式を、ここで相場観とかの考え方から強気になるのはご法度。

つまり、下がった時にその企業の良さが消えてしまったという事です。その株式を買った人は、その企業を信じていないし、値動きや儲けだけを見たとなるんです。そう考えたら、その株式は単純な「数字」として株価をとらえる必要があり、売却という道を選びます。

今日はそこを見極める日です。

4124大阪油化、2173博展、3852サイバーコム

『源太会スクール』のサイトをリニューアルしました!

『源太会スクール』

http://gentakai-school.com/

しこりが多い【源太の講義】大引け後

株式投資(4/17大引け後)

上がっては来たんですが、最後にもう一伸びほしい所で売りが出るという、「週末かよ!」とツッコミを入れたくなるような市場。ですから、明日を信じていない強気は、過去から根底では「強気」であった時に行動が弱気だった、その逆の動きが出ています。ですから、この市場は強気転換と言っても、本質的にはまだまだ強気じゃないのでして、凝っている株が残ったままの強気という感じになっていると思うんです。

ですから、そこが回転してからやっと強気になる訳で、そこは指数じゃなくマザーズだの、JASDAQだのが動いてくれなきゃどうにもならないんです。一部は別として、売った方が正解になっている市場は、気持ちの上ではまだまだ売りたい強気が多く、「5月か6月暴落」と言いながら、日経平均は新値取るのではという様などっちか当たるような予想。安いと思っての弱気から、弱いと思っての強気ですから、こうした売りが多くなっていくんです。

必ず通る道なんだから、ここクリアできないと非常に辛いですよね。

2173博展、2162NMS、6881キョウデン

北海道で夏日【源太の講義】お昼

株式投資(4/17お昼)

いや、暖かいというどころか、北海道は夏日だそうです。身体が対応できていないから、十分気をつけないと事故になるかもしれません。気をつけてください。

この市場も上がって来ている相場ではありますが、この上げに慣れていないから急に高いところを逃げようとしたり、飛び乗ったりが、どうもうまく流れていない事になるんです。そうしたことが「上る」というのに不慣れで、強いと言っても軽量のニュース一発型の買いしか知らないから危なっかしく見えます。

ゆっくりと確かめながらが自分は狙います。市場の中には強いから飛び乗りもあるし、ここは連休前だから過熱は買わないで、売ってきたらそこから考えるという風な狙い方だってあります。ただただ、自分はこの連休だから、連休の前に買う銘柄と売っておきたい銘柄をちゃんと分けておいて、投げてくるだろう銘柄を買うのかどうかとか、連休前に買っておかなきゃ不味いというものの理由は何かという視点から考えます。

ということは、流行っているものは自分には無縁なんでしょう。

2173博展、2162NMS、3927フーバーブレイン

中国の1-3月期実質GDPは前期比+1.4%

中国の1-3月期実質GDPは前期比+1.4%、前年比+6.4%、予想は前期比+1.4%、前年比+6.3%

中国の3月固定資産投資(除農村部/年初来)は前年比+6.3%、予想は前年比+6.3%

中国の3月固定資産投資(除農村部/年初来)は前年比+6.3%、予想は前年比+6.3%

中国の3月小売売上高は前年比+8.7%、予想は前年比+8.4%

米商工会議所会頭、数量制限拒否を 日米貿易交渉で

米商工会議所会頭、数量制限拒否を 日米貿易交渉で:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43828460X10C19A4EAF000/

株式投資:参考銘柄(4月16日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4344ソースネクストは期日の売りでだらだら下がっていましたが、先日報告したように毎日大量の信用残が減っています。現在、逆日歩中ですが、これがこのまま連休になるならば、前期は広告などで利益は悪いが、ポケトークの広がりから、今期数字が良いとしたならば、来週は面白い動きになるかも。

4308Jストリームは動画ネットのライブ放送とか、5Gになって行くと相当注目されると見ています。放送局の配信なども活発化して来ていますし、自分が見たい時に見たい物をという時代には必要な企業。決算は今期微妙という事で嫌われていますが、連休で嫌う売りが出るならば一考。

3927フーバーブレインはまだまだ足元が甘いから、投資として下がり始めたら売りが嵩んできます。しかし、先のブロックチェーン技術を利用したサイバー脅威インテリジェンスの共有プラットホームに進出など、セキュリティー部門が確りして来ています。人気化する時は意外に強くなる傾向があるから、こうした人気離散した時に考えます。

7477ムラキは期日が来月来るから、この連休前は動き難いと見ますが、同社の場合は、投げが多い時に下で黙って受けておかないと数量買えないという欠点があります。しかし、株が上がり始めたら大きな単位も買いに来る傾向から、ここから下に指値しながら投げを待つのが良いのかと。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

源太会スクール for 初心者
こちらで【源太の講義】のポイントをまとめています。

今日の見方(4/17寄り付き前)

今日の見方(4月17日)

今週末は書き物を休みます。

ここで強気が増えて来ましたが、自分は淡々と処理を進めています。買いの根拠が中長期で見つけられるものは、長く持つから連休は関係ないのですが、いまいち、人から聞いた物や動きから触った物は、ここで逃げれるならば逃げると言った感じ。そりゃ、仕方が無いですよね、指数の状況からここから上があるとしたら、外資の買いであって、個人投資家は提灯や綾取り姿勢なんだから、企業決算が出そろってからの水準訂正しかないんですから。

だから、個別株は難しいですし、それは多くの個別株は21500円程度の水準から上がっていなく、運用者はこの前書いたように「変化型バリュー投資」になっていますから、京セラや安川、ソニーといった、中国復活意識の感性になっています。だから、一般株は個人が強気にならないと上がって来ないし、確かに昨日辺りから強くはなりますが、10連休控えた来週後半まで、そのモチベーションは維持できますかね?

そういう考え方で見た時に、この場面は好業績の安い物か、高い技術から来る将来性高い物へと向かうべきで、そこに今期の決算が上向くような要素が大事になります。そういう投資が、いつもこの時期から始まるんですが、連休効果か少し遅くなっていますし、処分と組み入れは、同じ効果で早く行われてしまった様子。

こうしたリズムが少しずれているのですが、投資カレンダーのポイントの日が上手く作用して、変化つけてくれています。実はそれもバイオリズムなんです。


葛藤【源太の講義】寄付き前

株式投資(4/17寄付き前)

昨日も書いた事ですが、ここで反発して来て持ち株に強気になっても、僅か2、3日前に投げようとした株式を強気する理由が何なのかです。そこは買う時から考えていることが大事で、だから買うタイミングを考えるように話してきましたが、得てして、下で聞いた株が急に上がって来て、そこを買うのは心のどこかに弱気だったから、その株式が押して来たと思って、元の聞いた位置よりも高く買い、下がる株式に不安を覚えてしまうケースが非常に今回は多いです。

買い要因は元々あるのですが、市場の流れは非常に辛く、指数で儲けを計算しますが、個別株がまともに来たのは昨日ぐらいから出て、その前はバイオなどの思惑相場でした。4月の特徴である運用者の「新営業年度のセッティング」はバリューの大型から来て、それが終わって小型に向かうから、4月はいつも「前半は指数、後半から小型株」というのは、講演や書き物で何度も言って来た事。

だから、上がる要因が大事で、それに疑いが生まれた状況は、買った時に銘柄から入ってしまっているから、非常に危険になります。そこらが「売って上がる、持って下がる」といった要因に焦ってしまうし、気迷いになります。今日はそういう10連休前の葛藤が生まれる日で、「何故強気なのか、何故弱気なのか」一回整理して考える日になります。

4124大阪油化、2173博展、4323日本システム技術


『源太会スクール』のサイトをリニューアルしました!

『源太会スクール』

http://gentakai-school.com/

強気が増えて来た【源太の講義】大引け後

株式投資(4/16大引け後)

昨日と違って急速に強気が増えて来ましたが、だからと言って弱気になろうとは思いません。ですが、連休もあるし、位置的には高いから、用心した投資と総額を気にします。動いたからと出遅れ思考の株を高い位置で行くならば、ど真ん中を先に行く方が良いです。良いのに動かない株式を投げて、動く物へと行こうとするぐらいならば、その良い株を狙うとか色々ありそうです。

そのような考えにならず、持っている物が動かないとイライラしたり、早く動く物へと乗り換えようとしたりする時間帯で、それが上がって来たら過度な期待をしてしまうのも今の時間。だいたい、昨日まで食させてた株が良く見えるというのはおかしなことでして、元々何故その株式が良いかを考えて、その動くタイミングを一回逸してたら、次のタイミングは何時なのかという風に考えるようにならないと駄目です。

こういう時に「考えた投資」が出来ないと、非常に苦しい展開になるのでして、期待していなかったんのならば、何に乗り換えるのかとか、休むとか、何か思案が必要。強くなったら強気になるじゃダメです。自分は淡々と整理していきます。

2162NMS、4662フォーカスシステム、6881キョウデン

動きすぎ【源太の講義】お昼

株式投資(4/16お昼)

今まで上手くいかないという気持ちの悪さや実際に高い日経平均から、「自分だけ取り残されている」というそんな感じの流れになっているんですよね。だから、本当は多くの人が苦しい戦いをしているのですが、とにかく焦ってバタバタやってしまう日です。朝書いたように今日は特にすることがなく、淡々と売っていくようなことをすべき日です。そして、後場の後半から買うならば考える冷静さが大事です。

今引っかかっている多くの株式は、過去に誰かが言っていたものでしょう。上がって来てしまったと思いながらも、怖いから押し目を買ってしまい、企業自身は良いのですが、地合いから売られることが多く、そういう動きは誰もどうすることは出来ないんですよ。儲かってきたのは、年末に買っていた電子部品や化学などで、システム系は上がってはいますが、急騰とかが多いので押し目が効いているのは少ないと思ってほしいんです。

そうした動き方は、指数は強くても相場は弱く映れば良いのですが、焦ってしまう方は少し上がって来ると、期待で売れないからじっとしています。前場のように少しダレたら、イライラしてしまいます。買う時と同じで、ここはもっと先でという感じで見ていくしか無いし、なんで上るのか自分でちゃんと考えないとおかしいですよね。

その要因が無いならば、投げなきゃ仕方がないです。

4712KEYHOLDER、2173博展、4124大阪油化
<<back|<123456789>|next>>
pagetop