June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

解せぬマスコミ解釈【源太の講義】寄付き前

株式投資(6/2寄付き前)

この動きでNYは無事通過と思うか否かですが、納得しにくいのは市場やマスコミの話し方で、間違いなく利下げが年内に有るという感触はある物の、利下げの票数は少数派。パウエルさんがその小数派。これが二回三回の利下げを今示唆するとは思えなかったし、文言がそう捉えるかどうかは感じ方だし、解説者の胸先三寸だと思います。

ですから、ここでは多くの人が本来思っていた様に、順当な過去の例から「利下げは長短金利がクロスして8〜10か月後が常識」としているという事になります。まあ、NYの位置から想定して、金利が下がった記憶も無いのですが。ただ、それがいち早く行われるならば、景気には効果的でそれがまともに回転したらインフレ懸念になって行くと思います。

一方、日本はタイトな労働市場で人手不足は解消できません。ですが、給与は企業が先行き不安感があるという判断から上がっていません。この人手不足と給与が伸びない条件が両立できている数少ない国で、これで消費税上げるのは自殺行為になって来ます。

これを狙ってという相方の考えもありますが、わざわざ危険にして消費税据え置き占拠する国じゃ、株は上がらないですよ。ヒヤリングに行っても不景気な話しか言わない企業を誰が買うのかという判断になって来ます。NY次第も仕方が無いという話ですよね。

2303ドーン、4875メディシノバ、6662ユビテック

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
<<back|<123456789>|next>>
pagetop