October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

風景が変わった【源太の講義】お昼

株式投資(お昼)

アンジェスに続いてメディシノバが上がり始めて風景が変わりました。その風景の違いが、売り場なのか持続なのか迷うところに皆がなっていきます。株式は下ったから株数が増えたのに上がってきたら儲かっている額を見てしまうから、売るのが惜しくなってきます。ですから、迷ってしまうのですが、自分が最初はいくら買ったのかをを思い出してそこまでは売って、その後からはその株式に対しての期待を自分は考えます。

要するに、上がらないでナンピンばっかり増えてしまって、困っていたのに上がって来たら、期待に変わるというのは常です。そういう商いは決して良いものじゃないし、逆に失敗したりします。元々どうだったのか、そこからどう変わったのか、変わっていないのかなど自分は非常に気にしながら見ていきます。

まあ、儲かれば良いというような投資のスタイルの人は、こういう時に「逃した」として上値を乗ってしまうのですが、そこまで良い相場なのかどうかは不明ですよね。だから、前場で皆が売って帰ったという状況になっています。

3719ジェクシード、2497ユナイテッド、4392FIG

今日の見方(8/23寄り付き前)

今日の見方(8月23日)

市場は物色としては良くなったんですが、その半分は急激に下がった物が少し戻したにすぎません。中身のある企業が本当に下がって行ってたんですから、そりゃ幾分は戻ります。ただ、一昨日ラジオで話した「変化」というのは本当に気が付きにくく、そういう中での売り買いが今なされていると思ってください。

どう考えても安いマザーズは逆に言えば寄与度の高いところが本当に大幅減益で、レシオも高いから狙い撃ちされたらあっさり下がります。ですが、そこが下げ止まる感じになって来たらら幾分変わるかもしれなですし、指数で動かされた下げは個別での抵抗にあう感じになります。

まあ、そういう展開にさえなったらこっちのものですが、自分は比較で買うタイプだけに材料株相場という動きには弱いです。だから、過去から仕手介入的に扱われた「大口投資家保持」株で行こうと思っています。結果的に早けりゃいいですし、基本は先で上がれば良いぐらいに思っています。

相場論議【源太の講義】寄り付き前

株式投資(寄り付き前)

昨日は所用で後場から外出してすみませんでした。しかし、市場は堅調で怖い日だっただけに良かったです。前日下がった株式がある程度上がり、人気銘柄も堅調だから、まあ、それらしい日という感じがあります。こうした動きさえあれば指数が下がっても大丈夫でして、この流れから生まれる「個別物色」という風になれば相当良い感じになって行きます。

ですが、信用できないのは個人のマインドとトランプさんで、どうも中国との問題は進展がなさそうで。トルコの方も動きが無いんですよね。そうなったらこの市場は先が見えなくなって、処分が多い九月が少しに来なって来ます。だから、上がるのは「これは機関投資家は持っていない」というレベルの株になり、中味の良い一般株が非常に苦しくなったりします。

まあ、それも相場と言えばそうですが、良い物が買えないという流れになると、短期的な材料株相場になってしまいます。市場規模で買うような、おしゃれな相場論議が出来ないんですよね。やるやらないの世界になってしまうから。

5363東京窯業、6670MCJ、6709明星電気

トランプがうざい【源太の講義】お昼

株式投資(お昼)

しかし、本当は繊細で計画的な人ですが、その計画的な動きが行われる前に、相手がやったら嫌だなってのはよく分かるって人です。周囲が仕方がないから妥協すればするだけ無茶な言い方してくるのは、うまいのかもしれないですが、良いことじゃないと思うんです。トルコの大統領とあまり変わりない発言だったりしているということは、このまま行けば本当に大きな大失政がある可能性があります。

ですが、基本的には中間選挙で彼が勝った方が株には良いと言われています。将来的な見方から本当にそれで良いのかは別として。昨日ラジオの相方なんてのは「どうでも良い」と話ししていましたよね。ですが、ここで大事なことは、基本的には中間選挙でどうなるかを想像し、その悪い懸念から先に影響が出た時に、自分がどの様な行動を取るかを決めておくのが「運用」であり「投資」です。

予言とは違う「備え」なんです。「どういう結果であれ関係ない」というよりも、「考えて行動する」癖が大事なんです。

4875メディシノバ、32845アイフリーク、9517イーレックス

今日の見方(8/22寄り付き前)

今日の見方(8月22日)

昨日は後場2時ぐらいから放送局に行ったりと途中で出て行きました。出る前は比較的強く推移し始めていたのですが、 局について市場を見てたら覇気のないのにびっくり。少し前の「反発だ!」なんて雰囲気がかけらもないんですよね。ラジオの相方の話もプット持っているが9月高くて10月下落というから矛盾感じるし、個別株についても自信がないのが目立ちました。

そういう状況だから「判らない」と素直に認めて、矛収めるのが多かったと見ていますし、あえて買う必要もないという風に見えました。それが強い仕手株は買いが集まって来ますが、弱い仕手株は「逃げ」に懸るから値段を消すような動きが大勢を占めたんです。

それでも一回上がった事から下値には買いが入ってくるという傾向があり、その傾向から下がっても朝とは違う風景が見えて来ました。そこが良かったと思うのであり、個別企業の売られ過ぎ銘柄がある分、もし次に何かあったら狙うのはこれだという風な選択が出来ました。

まあ、本当に気になるなら昨日下がったと思います。まだ判らないという風な商いでしたから、意外に冷静かと。
<<back|<411412413414415416417418419420>|next>>
pagetop