April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

突然出る売り【源太の講義】お昼

株式投資(4/19お昼)

週末と言っても来週末から10連休があるから、この場面は下手に買えないという感じと、処分はしておこうとする売りが混在しています。ですから、せっかく良い調子でも重く感じたら突発的に売りが出てきます。その売り方は、急いでいるから突然なのでして、さっきまで高かったのにという感じが非常に多いですね。

投資家は強気でないことはないですが、確信するほど市場は信用していません。だから、売って上がったら嫌なのに、今日の気分は「上がっても良いや」みたいな感じで考えていると思うんですよ。ですから、弱気じゃないが「どうでもいいや」みたいな、気持ちが変化して行っているんですよね。

それぐらいしんどい気持ちになっているのでして、10連休活用というよりも、「来るなら早く来い」という精神的なものからの疲労感です。何を言いたいのか判らない市場なので、投資家の無駄な投げが本当に増えています。今の動きにナーバスで、下ったらこの世の終わりみたいになった記憶から、ここは投げたいし、自己責任なのにそれを他のせいにしようとしていますね。年末心理と全く一緒です。

連休で相場が変わるのじゃなく、精神的負担になるという気持ちの問題です。

4553東和薬品、3852サイバーコム、2173博展


【無料】「お昼の1点株銘柄」

源太会*投資のパドック*

米大統領、北の故金日成氏誕生日に祝意=TV

米大統領、北の故金日成氏誕生日に祝意=TV

公共テレビPBSは、トランプ米大統領が、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長の祖父、故金日成主席の誕生日(15日)を祝うメッセージを送っていたことが分かったと方針転換。ボルトン米大統領補佐官が17日、インタビューで明らかにしたという。

菅官房長官

菅官房長官
「トランプ米大統領が5月25−28日に国賓として来日」
「予定通り消費増税できるよう経営運営に万全を期す」

3月のCPI(消費者物価指数)は前年比+0.5%

3月のCPI(消費者物価指数)は前年比+0.5%

3月のコアCPI(消費者物価指数・除生鮮食品)は前年比+0.8%

3月のコアコアCPI(消費者物価指数・除生鮮食品/エネルギー)は前年比+0.4%

時事通信は、麻生財務相が25日に米国ワシントンを訪れ

時事通信は、麻生財務相が25日に米国ワシントンを訪れ、ムニューシン麻生氏訪米、25日に日米財務相会談実施へ=時事

米財務長官と会談する方向で調整していることが分かった、と報じている。今月下旬の日米首脳会談に合わせて実施するという。ムニューシン氏は通貨安誘導を封じる「為替条項」の導入に前向きで、財務相会談でも焦点になるとみられる。

株式投資:参考銘柄(4月19日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4293セプテーニは以前からの銘柄で、倍加している企業。しかし、まだまだ、同社に対しては株式市場における「資本」という点が未消化だと見ています。いや、根本的には1兆円産業となったネット広告の強さでして、これを資本力から生かせないセプテーニに、ネット広告が欲しかった電通が合致したんですよね。

4323日本システム技術は昨日反落。昨日はこうした長く売られた実力株の投げが目立ちました。メイコーの時もそうですが、安いがゆえに個人は持っても買いには来ない運用者という構図は、需給の変わる月の20日から変化することがあります。今日はその応当日だけに、押し目を狙いたいと思います。

2162NMS同社は中国向け製造業に派遣しているのですが、前期は米中問題から非常に落ち込んで行ったと思います。今期の予想も非常に難しい状況になったと思います。ですが、株価はそれを織り込んだ状況ですし、人材不足は技術者は多く、中国が後半盛り返すという前提の市場になっています。恐怖から売られるならば一考。

3652ディジタルメディアプロのような、期待からくる高レシオは決算時期は不利。しかも、この流れは連休嫌った個人投資家がブレやすい値嵩株は嫌われます。故に昨日も売られたのですが、これこそ連休は関係の無い業種で、将来への高い期待を買うべきだと思うんですよ。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

源太会スクール for 初心者
こちらで【源太の講義】のポイントをまとめています。

今日の見方(4/19寄り付き前)

今日の見方(4月19日)

自分はよく「僕たちは下手なんだ」と書きますが、それを嫌味と思う人は多いです。でも、本当に下手と思う方も多く、「市場分析は良いが銘柄を書かないで、持ってたら嫌な気分になる」と、銘柄の外れ具合を指摘する人もいます。そういう方は見なきゃそれで良いんですが、株式というのは他人が何を見ているのかも気になるものなんです。

良い銘柄に出会うのは自力では過熱度が判らないし、大化けの時なんかは市場の雰囲気が大事になって来ます。ですから、そういう風評も大事になって来るのですが、その時に他人が言う事に「そんなことは無い」などと否定はいけませんん。やはり、自分は下手だから、そういう評価なんだと思うこと出来ていますが、たぶん時間軸と当てる当てないの視野の違いだと思っています。

自分は時間軸が長く、運用スタイルで「組み入れ」というやり方が主ですが、下手だから他人の書いている物や話すものを精査して、こういう基準で見ていると判断し、そこに強気と弱気の言い分で、今はどちらが有利なのかという考えでパーセンテージを組み立てていきます。素朴で誰でも出来る事です。

みんな信じてあげるのであって、我々としたらどちらが有利なのかという素朴な比較で十分なんです。なんせ株は自分が買ったら他人がどう思うかがポイントで、自分の感性で人を否定するよりか、他人の感性で何かおかしいと感じる方が有用なんです。だから、生徒には「今日買って明日売り」という風な短時間物は、直接言うようにしています。

表の時間軸とは違う事も多いですから。

初押しでなきゃ。【源太の講義】寄付き前

株式投資(4/19寄付き前)

昨日書いたように今日の日経平均が少しでも良い動きをしてくれたら、殆どいい感じのリズムになって来ます。それは日程通りという投資カレンダーの流れのままで、ポイントの日が上手く作用してくれるからです。ところが、今日は寄付き天井でマイナスに向かうという形になったら、非常に不味くて、少し考えなきゃならないという展開に変わります。

順当なリズムならば、月曜日はそう悪い動きにならないから、連休意識がまた一昨日のように売り方が不安になって来るという展開で、昨日、先物など国内勢が売っていたという動きから、何度も話す昨年の12月の下落の意味を理解していない動きです。売っていた動きを正解とするならば、それは新たな警戒を感じるような動きになって来るからです。

一般的には昨日の下落は一昨日、上がった事から枠の空いた個人投資家が妙な期待から買い過ぎていたという事は間違いが無く、故に、昨日、何故買ったのかを良く考えるように話しました。通常ならば「初押し」になるのでして、そこが成立しないと非常に個人投資家は難しい動きになります。

とにかくNYは味方してくれていますし、昨日は連休前の不安を取った売りしかないと思うんです。ここでしぶとく個人好みな買いがほしく、ここで整理ではちょっと辛いです。

6882三社電機、2173博展、3852サイバーコム


『源太会スクール』のサイトをリニューアルしました!
こちらから『源太会スクール』

http://gentakai-school.com/

NYも週末は休み【源太の講義】大引け後

株式投資(4/17大引け後)

「仕方がない」と昼に書きましたが、それにしてもだらしない一日。ただ、指数についてはNYも今週末休み(19日休場)ですし、10連休もある日本は堂々と買うには非常に難しいものがあります。そこを突いた売りも存在しますし、そういう時は少し慎重に構えるような動きが出るので、それが「この前よりもマシだ」という売りになるのが弱いですよね。

いや、昨日の動き方から考えたり、強気を言う人の話では「連休は関係ない」で一致していたはずなんですよ。ですが、腹から思っているのではなく、先日まで安くなると信じて、そのうちに安くなる可能性があるに変わったに過ぎないのです。ですから、止まると下がるという呪縛があるし、昨日までは買い戻しが主であり、昨日はその最近の上げから枠が空いて、軽い気持ちで乗ったに過ぎないのだと思います。

そのピークが過ぎたら今日のような事になり、これで明日は個別株含めた色々な意図が見れるとなります。

4553東和薬品、6882三社電機、3852サイバーコム

仕方がない【源太の講義】お昼

株式投資(4/18お昼)

今日は仕方がないとも言えるお湿り。昨日から少し急落の素振りを見せていましたから、何某(なにがしら)かはやると見ていました。以前から書いているように、この売りは市場に関しての不審ではない、連休に対しての警戒から、来週に期待が難しく、だから、この場面は週末意識から売りが出る部分。通常早ければ、明日は「売り」に怖さを感じて上がってくるんですが。

そこは日本人のモチベーションの低さで、考え方としたら一押し合ってもおかしくはないという感じなんでしょう。ですから、恒常的な下落ではなく、あくまでも連休意識のモチベーションの無さを売るという形です。マスコミ的表現で言えば「利益確定の売り」という流れだと思います。

こうした動き方は当然あるべき時間ですが、根本的には非常に難しい状況で、せっかく個別株に見直し的な買いが入っていたのに、それを良しと思わないような、信じられないような流れが出来てしまうんです。それをバイオが打破してくれていますが、個別材料という範囲で収まってしまうかもしれないです。

一時過ぎから昨日強かった一般株が来たら良いんですがね。

2162NMS、3852サイバーコム、4875メディシノバ
<<back|<12345678910>|next>>
pagetop