August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(8月6日)

今日の見方(8月6日)

トランプさんの投げたボールを中国がどう返すのかがポイントと書いた週初のレポート:今週の見方(8月4日)。まあ、誰も読まないでしょうが、根本的にはそれを強烈な返しから、市場は景気の読みを修正しなければならなくなったという事です。しかし、そこもまだよくは判らない部分があって、本当にこれで米国は良いのかという事が見えて来ます。確かに、トランプ氏の言うように中国の貿易の在り方の不当性はあります。しかし、言い方もあるでしょうし、やり方もあったと思います。

だた、そこまで言わないと動かない国の中国は、「後僅か」というトランプさんに単純には従わないから、次の大統領選をにらんだ交渉を伸ばして来てる可能性もあります。以前から話すように、米中問題は時間が長引けば中国が有利なのは決済機能が変化しつつあることで、中国の外貨獲得が必要が無くなって来たりして、元の決済が増え始めた事。そして、内需は強いからその方式で中東から中央アジア、EUと伸ばせば、時間掛かるとはいえ、相当強靭な経済が保証されます。

だから、飴と鞭で向かうべきですが、プライドが違う東洋の国に対して、余りにも高圧的な対応は上手く行かなくなります。そこまで焦るのは、何かを急ぐからトランプ支持が上手く行っていないのかと思うんですよ。日韓問題も韓国が強気に出て来ますよね。約束や国際条約が守れない可哀想な国は、下がる株式では厄介な存在になります。

まあ、今日辺りはリスクパリティ投資の売りで壊されて下値計算が出来ない、昨年の最後の急落の前日か当日か見分けがつかなくなります。ですが、その極、僅かな時間の幅がでかいとしても、前日買った株式は大きく儲かった記憶もあります。コールから考えています。


つづき、
株式投資:参考銘柄(8月6日)

焦るトランプ【源太の講義】寄付き前

株式投資(8/6寄付き前)

昨日ライブで「今晩は700ドル安はあると思う」と話しましたがそれ以上の展開。売主はリスクパリティーの売りと思いますが、節目の5日で十分な底入れが無かったから、新しい売りを呼んでしまったかも。いや、トランプさんの言葉に習さんが怒り爆発なのかどうかは別にして、農産物の受け入れを止めたのはトランプさんにとって意外な展開なのかもしれません。

昨日も言いましたが、根本が米中問題が片付くとした経済数値だけに、ここが揺らぐとどうしても予定が立たなくなる世の中は、確かに、駆け引き上手なトランプさんでも、威嚇営業は相手を怒らすことだってあるという事。こういう経営者が小さな企業を口上手く乗っ取って、旧経営者を追い出す下りは良く見ます。

しかし、何故ここまで彼が焦るのかと考えたら、少し怖いのは思ったように支持率が集まっていないのかと思います。厄介なのはどう考えてもやめた方が良いが、やめたら株式が下がるだろうし、経済もブレーキ掛かる可能性が高いという事です。そして、日韓問題も韓国が有利に展開してしまい、外交力と袖の下文化の搾取の上手い国は、国民誘導も上手いという事になります。

さてと、今日明日ここでどんだけぇ〜の下げなのかですよね。

2130メンバーズ、9742アイネス、3976エルテス


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

外出します。【源太の講義】後場

株式投資(8/5後場)

この大きな下落、そして、この灼熱の下、撮影だから上着を着て外出です。何か自分が悪い事したのかと思うのですが、この場面で逃げようとは思わないし、そのために枠を空けてきたから、3日かけて買い下がる感じで今日は打診しました。昨年の12月の下落的に備えるつもりではないのですが、出ていくとなると萎縮せざるを得ないというのがあります。

ただ、狙うのは最初は、為替に関係なく、貿易摩擦も関係ないとなるから、バイオなどの発想がどうしても強く、逆にそこじゃ上げ始めた時にワンクッション置くから、嫌でも一番弱気の個人投資家の投げている物からという流れになっています。そう考えたらPERの高い物で、高い技術物が全く信じられていないようなので、自分からしたらそこから買いに行くように感じます。

4425KUDAN、6580ライトアップ、3920アイビーシー


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

日経平均−551

「5日の東京株式市場では、日経平均株価が542円安に下げ幅を拡大。6月4日以来の安値を更新している。為替相場ではリスク回避により、ドル/円とクロス円で円高が優勢になっている。」

いつか来た道【源太の講義】お昼

株式投資(8/5お昼)

いつか来た道に来た雰囲気ですが、本当に7月末に下がると8月頭に叩かれますよね。いつもの事なんですが、「どこまで下がるの?」なんて話が来ます。しかし、多くの人は読み筋で、問題は「いつ買うのか?」という事で、各アナリストの見方から2万円は朝書いたように言われていますよね。それが信じられないのは、昨年の12月の動き方で、想定以上のガラという形の下落をイメージするから。

しかし、仮になったとしても後2日の日柄ですし、底で買わなくてもせっかく今日に向かってと枠を維持してきたのだから、今日は打診してみないといけないですよね。ですから、根本的には最悪の日なのか、ここから最悪なのかの両面に合わせる買い方をします。まあ、この市場は心理的に追いやられる「狼狽」型だと思っていまして、上がって悔やむ下って悔やむ、何もしないでも悔やむという、不満相場になっているはずなんです。

韓国が各企業にまた何かやっていますが、そうじゃないと言ってもそうなのは分かるし、香港もまたバタバタしています。売られても文句言えないぐらい経済対策しない日本ですもん。

2397DNA、4442バルテス、4425KUDAN


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

7月の財新中国非製造業PMI、0.4ポイント低下

7月の財新中国非製造業PMI、0.4ポイント低下の51.6 5カ月ぶり低水準:日本経済新聞

中国人民銀行(中央銀行)は5日朝

中国人民銀行(中央銀行)は5日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.9225元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8996元前後)からは0.0229元程度の元安・ドル高水準。

中国人民銀行は10営業日連続でリバースレポを見送った。

オフショア市場で人民元が急落。

オフショア市場で人民元が急落。米中通商交渉の長期化が懸念されるなか、人民元安が進み、ドル・元はこれまでレジスタンスとなっていた7.0000元をブレイクし、一時7.0477元までドル高・人民元安が進み、元は史上最安値を更新した。人民元は対円でも15.07円まで下落している。

週明けのオフショア人民元(CNH)は売りが先行

週明けのオフショア人民元(CNH)は売りが先行。対円では先週末安値15.28円を下回り15.22円まで下落し、1月3日フラッシュクラッシュ時の安値15.20円に迫りつつある。米中通商交渉を巡りトランプ米大統領は強硬姿勢を崩さず、中国メディアからは、交渉そのものが必要かどうか懐疑的な論調もでてきているもよう。米中の溝は埋まりそうになく、人民元の売り圧力に繋がっている。
<<back|<12345678910>|next>>
pagetop