July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

格付け

ライオン(4912)

大和が「3」から「2」格上げ

ファミマ(8028)

大和が「3」から「2」格上げ

ファナック(6954)

メリルが「中立」から「買い」格上げ

CKD(6407)

メリルが「買い」から「アンダーP」格下げ

鳥貴族(3193)

岩井コスモが新規「B+」

JR東(9020)

岡三が「強気」から「中立」格下げ

JR東海(9022)

岡三が「強気」から「中立」格下げ

記事

今日の株価材料(新聞など・9〜11日)
▽8日の米ダウ平均、455ドル高 米中対立の懸念和らぐ
▽8日のNY円、1ドル=106円60〜70銭で終了 東京市場終値比23銭円安・ドル高
▽8日のNY債券、長期債反落 10年債利回りは0.68%に上昇
▽8日のNY商品、原油が上昇 金は下落

▽世界企業、守りの資金確保 過去最高水準(日経)
▽コロナ対応「評価せず」55% 世論調査 内閣支持率横ばい49%(日経)
▽2次補正、今国会で 中小の家賃支援・学生救済・雇調金拡充(各紙)
▽10日の都内の新規感染22人 5日連続で50人下回る(各紙)
▽緊急事態宣言解除 30県以上で調整 政府、14日にも判断(各紙)
▽非鉄鉱山、相次ぐ操業中断 国内大手出資の3割停滞(日経)
▽ソニー(6758)、遠隔操作ロボ 共同開発 ANAHD(9202)系新興と(日経)
▽米テスラCEO「加州本社を移転」 工場再開で自治体と対立(各紙)
▽住友電(5802)、再エネ送電線受注 独で600億円(日経)
▽マネフォ(マザーズ、3994)、未上場株の買い手紹介(日経、以上11日)

▽マツダ(7261)、3000億円融資要請 3メガ銀などに 20年3月期営業益5割減(各紙)
▽ESG「貢献度重視」拡大 ファンド残高50兆円超(日経)
▽孫ソフトバンクG(9984)社長、新型コロナ出口戦略「基本はテストと隔離」(ブルームバーグ、以上10日)

▽米失業率14.7%、戦後最悪4月、雇用は2050万人減(各紙)
▽みらかHD(4544)、新型コロナ15分で判定 国内承認申請(日経)
▽外資規制、重点審査518社 トヨタ(7203)・ソフトバンクG(9984)など(各紙)
▽証券各社、コロナで明暗 野村(8604)・大和(8601)、対面営業が苦戦(日経)
▽体温計電池、増産相次ぐ マクセルHD(6810)や村田製(6981) 販売店で品薄(日経)
▽米アップル無線のイヤホン生産 ベトナム3割で中国集中回避(日経)
▽ダイキン(6367)、協調融資で2000億円調達 三井住友FG(8316)傘下の三井住友銀などから(日経)
▽ニチイ学館(9792)、米ベインとMBOへ 1株1500円(日経)
▽日本製鉄(5401)の20年3月期、4315億円の最終赤字(各紙)
▽旭化成(3407)社長「緊急事態下の法整備を」 企業の医療物資支援(日経)
▽ANAHD、全日空の一般社員対象に夏季一時金半減へ(各紙)
▽JR西日本(9021)、16日から一時帰休を実施 1日1400人規模(日経)
▽シャープ(6753)の20年3月期最終、一転73%減益 車・スマホ用パネル不振(日経)
▽川崎汽(9107)の20年3月期、経常益70億円に上振れ コンテナ船採算改善(日経)
▽NEC(6701)の20年3月期、純利益2.5倍で23年ぶり最高 セキュリティー関連好調(日経)
▽ライオン(4912)の20年1〜3月期、純利益3.9倍 ハンドソープ伸びる(日経)
▽SUMCO(3436)の20年1〜3月期、35%減益も最終上振れ ウエハー回復(日経)
▽リコー(7752)、融資枠3000億円 20年3月期最終益は20%減(日経)
▽ヤオコー(8279)の20年3月期営業益、過去最高 「巣ごもり」効果(日経)
▽サントリBF(2587)の20年1〜3月期、純利益19%増 コスト減(日経)
▽カプコン(9697)の20年3月期、純利益27%増 旧作ソフト好調(日経)
▽ミネベア(6479)の21年3月期、2%最終増益も視野 コロナ影響短期なら(日経)
▽パンパシHD(7532)の20年1〜3月期、7%営業減益 ドンキの訪日客減る(日経)
▽三井化学(4183)の20年3月期、純利益50%減 ベトナム事業で評価損(日経)
▽スズキ(7269)、インド工場を一部再開(日経、以上9日)

動いた株式

*オーイズミ<6428.T> 430 カ

場中に業績予想を大幅上方修正。



*ファンケル<4921.T> 2880 +367

今期増益見通しを高評価の動きへ。



*DDホールディングス<3073.T> 890 +108

ウイルス打撃業界で本日は強い動き目立つ。



*串カツ田中ホールディングス<3547.T> 1535 +163

株式新聞で取り上げられている。



*スシローグローバルホールディングス<3563.T> 1933 +202

上半期決算や4月月次発表でアク抜け感。



*岩崎電気<6924.T> 1485 +148

第3四半期決算時に続く業績上方修正を評価。



*TOKYO BASE<3415.T> 333 +28

小売や外食が強い流れの中で買い戻しか。



*クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387.T> 633 +51

リターンリバーサルの流れから買い戻し優勢に。



*蛇の目ミシン工業<6445.T> 411 +33

第3四半期下方修正前の水準を上回るレベルにまで上方修正。



*ツクイ<2398.T> 462 +36

介護業界への支援期待なども波及か。



*UTグループ<2146.T> 1595 +107

決算発表控えてあく抜け期待の動きにも。



*カーブスホールディングス<7085.T> 533 +34

株価が売り込まれてきた銘柄にリバウンドの動き。



*アルプスアルパイン<6770.T> 1120 +71

本日は株価出遅れ銘柄に資金シフト。



*ジェイテクト<6473.T> 742 +47

業績悪化も織り込んで自律反発へ。



*アダストリア<2685.T> 1569 +99

4月既存店大幅減少も悪材料出尽くし感。



*インフォマート<2492.T> 778 +49

「インフォマート助成金・補助金申請支援サイト」開設を引き続き材料視も。



*共立メンテナンス<9616.T> 2828 +174

コロナ影響業種銘柄が買われる展開で。



*リゾートトラスト<4681.T> 1108 +63

本日は株価低パフォーマンス銘柄に関心向かう。



*レノバ<9519.T> 912 -156

今期の大幅減益見通しに失望感。



*大幸薬品<4574.T> 1701 -169

ウイルス対策関連として足元で人気化の反動安。



*フューチャー<4722.T> 1633 -161

ワクチン開発関連として直近人気化の反動。



*タカラバイオ<4974.T> 2500 -240

他のウイルス対策関連同様、前日にかけて上昇の利食い売り。



*インテリジェント ウェイブ<4847.T> 588 -51

第3四半期累計営業益は減益転換。



*有機合成薬品工業<4531.T> 359 -30

先週まで急騰の反動安が続く形に。



*科研製薬<4521.T> 5710 -450

イベルメクチン関連として前日に急伸の反動。



*新日本科学<2395.T> 673 -53

ワクチン関連として前日にかけて上昇も。



*アイロムグループ<2372.T> 1919 -123

ワクチン関連は総じて前日に大幅高の反動。



*任天堂<7974.T> 43690 -2410

今期の2ケタ減益見通しをネガティブ視へ。



*ブイキューブ<3681.T> 1220 -63

本日は全般的にリターンリバーサルの動きに。



*GMOペイメントゲートウェイ<3769.T> 9680 -460

前日にはゴールドマン・サックス証券が格下げ。



*ワコム<6727.T> 367 -17

決算発表控えて戻り売り優勢。



*栄研化学<4549.T> 1821 -80

コロナ対策関連が全般的に売り優勢な流れに押される。



*エムスリー<2413.T> 3910 -165

前日は買い戻しとみられる動きに上昇。



*ファーストリテイリング<9983.T> 51590 +1320

4月既存店は大幅減少も目先の悪材料出尽くし感に。



*富士フイルムホールディングス<4901.T> 5254 +152

PCR検査自動化の試薬を開発と伝わる。



*みずほフィナンシャルグループ<8411.T> 122 +2

純利益予想を下方修正も配当金は据え置きへ。



*広栄化学工業<4367.T> 4520 +1290

レムデシビルの承認を材料視へ。



*カーチスホールディングス<7602.T> 343 +31

最終益を上方修正している。



*千代田化工建設<6366.T> 252 +22

前期最終益の黒字着地で安心感先行。

動いた株

*電算システム<3630.T> 3090 カ

第1四半期は想定以上の大幅増益決算に。



*アイロムグループ<2372.T> 2042 +400

ワクチン開発など新型コロナ関連が総じて上昇。



*新日本科学<2395.T> 698 +72

ワクチン開発への期待感が継続へ。



*モバイルファクトリー<3912.T> 1055 +99

特に材料見当たらないが出遅れ感など意識か。



*RPAホールディングス<6572.T> 818 +75

「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金申請書」手続き業務支援開始。



*大幸薬品<4574.T> 1855 +152

ウイルス対策関連として関心が続く。



*野村不動産ホールディングス<3231.T> 1852 +141

配当据え置き計画などで安心感、ゴールドマン・サックス証券は格上げ。



*テラスカイ<3915.T> 2710 +203

量子コンピュータ関連としての関心も。



*アイスタイル<3660.T> 269 +20

買い戻しの動きが継続する形か。



*フューチャー<4722.T> 1672 +124

引き続きウイルスワクチン共同開発参画を材料視。



*タカラバイオ<4974.T> 2719 +198

PCR検査キット関連として注目続く。



*ジャストシステム<4686.T> 7100 +500

オンライン学習関連として関心が続く。



*科研製薬<4521.T> 6260 +430

経済財政相がイベルメクチン研究・治験を後押しと伝わる。



*三谷産業<8285.T> 404 +27

アビガン関連として期待再燃の動きにも。



*ディー・エヌ・エー<2432.T> 1333 +87

本日決算発表を控えているが。



*石川製作所<6208.T> 1545 -160

金正恩氏の生存報道を受けて地政学リスク低下へ。



*豊和工業<6203.T> 784 -78

石川製作所と同様に防衛関連には利食い売り。



*千趣会<8165.T> 332 -29

第1四半期は想定以上の赤字決算に。



*ペッパーフードサービス<3053.T> 426 -37

バランスシートリスクなど本日は全般強まる状況で。



*みらかホールディングス<4544.T> 2516 -180

先週の株価急伸の反動から戻り売りが優勢。



*日本航空<9201.T> 1760 -118

航空業界には引き続きウイルス被害の大きさを警戒視。



*アダストリア<2685.T> 1449 -96

月次発表など接近も警戒視か。



*アシックス<7936.T> 937 -61

モルガン・スタンレーMUFG証券では売り推奨の観測。



*ANAホールディングス<9202.T> 2135 -135

日本航空と同様に資金繰りなどへの警戒も。



*ディップ<2379.T> 2232 -133

急ピッチのリバウンドにも目先一服感か。



*京成電鉄<9009.T> 2805 -160

1-3月期業績悪化を引き続きマイナス視。



*博報堂DYホールディングス<2433.T> 1097 -59

リバウンド一巡感から手仕舞い売りが優勢。



*八十二銀行<8359.T> 359 -19

業績ガイダンス非開示をマイナス視も。



*エイチ・ツー・オー リテイリング<8242.T> 774 -38

緊急事態宣言の延長で百貨店売上の一段の落ち込み警戒。



*ジェイテクト<6473.T> 702 -34

最終赤字転落を引き続きマイナス視。



*任天堂<7974.T> 45430 +780

「あつまれ どうぶつの森」の世界的ヒットを好材料視。



*トヨタ自動車<7203.T> 6408 -86

部品供給寸断などによる北米生産への懸念も。



*オリエンタルランド<4661.T> 13080 -545

緊急事態宣言の延長をマイナス視も。



*エムスリー<2413.T> 4020 +165

高値圏での買い戻しが優勢な展開か。



*広栄化学<4367.T> 3230 カ

新型コロナウイルス治療薬の原材料供給を引き続き材料視。



*クシム<2345.T> 1143 +150

オンライン学習関連として人気化へ。



*JMACS<5817.T> 537 +62

空中パネル関連として関心か。



*アイケイ<2722.T> 693 +79

4月の戻り高値更新で上値追いへ。



*大盛工業<1844.T> 212 +23

足元好業績の低位株として見直しか。

今日の記事

今日の株価材料(新聞など・28日)
▽東京感染39人に 1カ月ぶり水準(各紙)
▽レムデシビル、近く承認 首相表明 コロナ治療薬候補(各紙)
▽三井住友FG(8316)、SBI(8473)と提携 スマホ金融で顧客拡大 本体出資も視野(各紙)
▽コロナ倒産100件に、民間調べ 宿泊・飲食で4割 需要急減(日経)
▽米ボーイング、商用機「787」の工場も再開 5月から(日経電子版)
▽原油価格が急落 貯蔵余地の限界を警戒(日経電子版)
▽コロナ重症 腎不全急増 米、透析機器の不足深刻 日本でも対応急務(日経)
▽政府、脱「対面・紙・ハンコ」 デジタル化へ手続き簡素化(日経)
▽経財相、休業指示拒否のパチンコ店「法改正で罰則も」(日経)
▽新生銀(8303)・USENHD(9418)、飲食・小売りに資金支援 売掛債権買い取り(日経)
▽イタリア、経済活動再開 スペインも緩和へ 感染第2波に懸念(日経)
▽日立金(5486)、検査不正 特殊鋼や磁性材料、顧客170社に納入(日経)
▽大王紙(3880)、マスク生産 月400万枚、国内で今月末にも(日経)
▽アルプスアル(6770)、人工呼吸器の部品供給拡大(日経)
▽くら寿司(2695)、消毒液を自治体に提供(日経)
▽キヤノン(7751)、宇都宮の工場一部休止(日経)
▽ルネサス(6723)、最終黒字112億円 1〜3月 コロナで融資枠倍増も(日経)
▽塩野義(4507)、コロナ予防ワクチンを開発 年内臨床試験へ(日経)
▽JAL(9201)、ネット銀行サービス提供 マイル利用者向けに(日経)
▽JR東海(9022)、純利益85%減 1〜3月、新幹線の利用急減 5年ぶり低水準(日経)
▽京セラ(6971)、純利益18%減 今期 車用生産部品落ち込み(日経)
▽三越伊勢丹(3099)、赤字転落 前期最終110億円 来店客減で(日経)
▽日東電(6988)、純利益14%減 4〜9月 工業用テープ不振(日経)
▽パナソニック(6752)、7%減収 前期、部品調達網に支障(日経)
▽太陽誘電(6976)、一転25%減益 前期最終、子会社巡り減損(日経)
▽花王(4452)、「ビオレ」支え1%増益 1〜3月最終、外出自粛 口紅は急減(日経)
▽アンリツ(6754)、前期純利益49%増 計測機器が好調(日経)
▽スタンレー(6923)、最終赤字44億円 1〜3月(日経)
<<back|<12345678910>|next>>
pagetop