August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(1/29寄り付き前)

源太会
『源太会スクール』2月新規会員募集を開始しました。詳細は源太会HPから。

源太による「株式会社カナモト」IR勉強会は今週水曜日(1/30)です。

今日の見方(1月29日)

月内最終日でNYではアップル、日本では村田やTDKと言った電子部品が決算発表を待っているとした時に、動けるか?と言えば動けないです。しかも、漠然とした強気だから、こういう時に個人投資家は慌ててしまいます。慌てるなら良いですが、弱い市場と判断して売りなんかも非常に多くなってきます。空売りから入った人も多かったですよね。

ただ、自分としたら来期の数字を相当弱く織り込んだ市場は、今期が想定より悪くても、通常の場合は織り込みもあると思います。そうした実例が多々出て来ているという気もします。一方、4〜9月の数字が良かった分、10〜3月の数字は悪くなるから、やはり減額はその範囲しか売り買いは出来ないのかと思っています。

そうこうした時間が過ぎてしまうと再び減額を気にする時間が来るのと、米中問題や英国のEU離脱問題が表面化するので、「二月は良いとしても三月はどうなるのか」という発想になります。その時が好業績なんだろうと思うんです。市場はアグレッシブだから、雰囲気で売り買いされます。ですが、個人投資家は「化け」を期待して売り抜けを良しとしません。

それは過去にやられたから取り返すという希望もありますが、やられる前に上がった記憶が強く、自分の持ち株もそれにあやかりたいと思う事から始まっています。何とも言えない気持ちですが、そうあって欲しい反面、そこを割り切ってほしいと思うんです。

<<back|<530531532533534535536537538539>|next>>
pagetop