July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(6月24日)

今日の見方(6月24日)

昨日の一時的な急落はどう見てもAIが言葉を拾ったような感じで、その下落は非常に早いので、多分、誰も対応は出来なかったと思っています。だから、見てて不気味なだけで、売り買いできない金縛りから、安心感出た時から買う感じです。だったら、朝買ったのと変わらないというのが答えみたいです。

市場は資金が多いから、とにかく買うきっかけが欲しく、下がって上がる時に早さ求める物に行くと、昨日に様に戻り売りに当たってしまいます。それでも翌日は何もなかったように動くから強いのですが、それならば普通に押目買いと決めつけた方が良いです。

昨日ラジオで相方も自分も今の危険性は感じても実際強いから、それに台頭しなきゃならないし、相方は投資顧問だから空前の売り上げを現在記録している分、銘柄を出し続けなくてはならないというジレンマに陥っています。その銘柄も自分みたいにゆっくりとは行かないから「早さ」追及するから非常に難しいそうです。逆に言うと膨大な数に膨れ上がった顧客に推奨したら一気に買い気配になってしまい、会員で株を上げてしまう事がしばしばらしいです。

まあ、自分は力が無いからそうはならないですが、この市場はそうした物が良い方向に回ると良いのですが、どこかで暗礁に乗り上げるという事も考えながらやるべきです。


続きはこちらへ
↓ ↓ ↓
株式投資:参考銘柄(6月24日)

空前の売り上げ【源太の講義】寄り付き前

株式投資(6/24寄り付き前)

『7月号』公開スタート
6月後半〜7月の源太カレンダー解説動画

こちらからご確認ください。

問答無用の強さはどこかで下がるという非常にびくびくした強気。でも、実際強いから証券マンたるもの弱く当たれないジレンマというか、デイトレ族でなくても、証券マンは手数料稼ぎからくる「強い物へ」向かわざるを得ないのです。ですから、動く物への憧れがあって、その為には手数料抜ける動きが必要となるんです。

その時に証券マンは「抜けたら売ろう」と思いながらも、顧客は粘りたがるギャップが浮かびます。今まで抜けたら売る行為していたら、それがその後から大きく動くんで、売れば失敗的な雰囲気になって、なんか気まずくになっています。だから、顧客の言いなりになってしまうのですが、高い位置は売って上がっても早く回転が基本だから、ここは非常に難しい状況になります。

まあ、この市場はそうした部分から見たら非常にややこしい状況でして、そうしたジレンマや常識的な考えが無くなってしまうパターン。特に「総体的な値上がり」をここで経験していますから、強く感じる相場観に昨日あったように少し下がると「何が!」という風な動揺が走り、多分、何も出来ないのですが、個別株が戻り売りになってしまう雰囲気があります。

売ったらまた何か買いたがるので、投資顧問は空前の数字が上がってる状況で、その人には今の不景気が見えないリードになっているんです。自分は危険と思うから地味なタイプに行きますが。

9424日本通信、2134燦キャピタル、6378木村化工機


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

PCが治った【源太の講義】大引け後

株式投資(6/23大引け後)

『7月号』公開スタート
6月後半〜7月の源太カレンダー解説動画

こちらからご確認ください。

ラジオに行って来ます。
いや、今朝のPCが動かなくなったのが嘘のようで、鱒に来てもらったら既に勝手に直って言いました。先週末からガリガリ音がして、PCが「これファンダ壊れてまっせ」というから、仕方が無いと思って、彼に修理の場所を紹介してもらおうと思ったんですよ。ところが、彼が来たらPCは順当になって、むしろ、ここ半年で一番快調。非常にありがたいと思うし、彼は見ただけで直すから神の子かと思いました。

まあ、株に関してそういう人もいますが、わざわざ来て彼は運が悪いのかもしれないとも思いました。

そういう相場で、こっちがイライラしてもう投げ出したたら、復活しているといった状況は本当に疲れます。上がる時にはやれやれで売れば大きく上がるし、我慢したら一気に転落する株価。まあ、株式はそういう性があるんじゃないかと思うんですよね。でも、一回失敗したら助からないことが多い市場は、助かるという事は悪くはないんだろうと思います。

逆に言えば、今動かないぼんやりした物が上がってくる可能性あるから、気長に貯め込むことも大事だと思います。

9424日本通信、2134燦キャピタル、7519五洋インテック


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

乱高下【源太の講義】お昼

株式投資(6/23お昼)

『7月号』公開スタート
6月後半〜7月の源太カレンダー解説動画

こちらからご確認ください。

AIに反応しただけなんですがひどいものです。潜在的に今日は売りたいという感じでしたが、それに過去の下がったときの反応が交錯したんでしょう。

最もひどいのは、その後、韓国の脱北者のビラまきや富士山の爆発などの記事も寄せて来るから、何がなんだかといった具合になってきます。下の揉む感じと、トランプさんが今中国と交渉決裂するだけの度胸は、経済の関係や選挙の問題を考えたら無いと思います。だから、買い向かって行ったら、上がる時には少し銘柄が変わって来ていましたよね。

市場は問題なく進んでいますが、基本的に指数が来るならば、寄与度の高いものか総体的な値上がりで、今の人気者が少し変わるか、年金運用が鍵だから数年先でという感覚がになります。そうした感じが今の市場では大事だから、ニュー・ノーマルとか新技術とか、主力割安型とかになります。だから、細かいところですが、この反発で反応が良かったところと悪かったところをちゃんと区別しておくべきですよね。

地味ですが、大事な作業です。

9263ビジョナリー、6584三桜工業、7105三菱ロジスネクスト


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

今日の見方(6月23日)

今日の見方(6月23日)

いつも持ち運んでいるPCがおかしいおです。30秒ぐらいで一回ゼンマイが解けるような「ブーン」「ビーン」なんて音がしていたのですが、それが今日はずっと鳴りっぱなし。途中で再起動したらアプリに異常とか出て来て仕事が遅れてしました。いや、長年使っているというのはありますが、使っている分、大事な物が多かったりします。一応クラウドで大部分は移動できますが、講演などでのアドリブ用の資料や書き溜めた物はこのPCにありますからね。

しかし、こうしたいつもの物が動かなくなってしまうと株式だってペースが乱れて来ますし、少し新しい事もしなくてはなりません。しかし、新しいものといきなり話しても出来ないものは出来ないから、その為の少しの時間が大事で次の波に乗るようにします。特に昨日の上げは意外感だから、何かが変わったんだと思いますし、そういう見方が出来るようになったらで十分だと思います。

自分は上がる相場ならば、これは今は認知されないが上がるという感じの攻め方を徹底していきます。そういうやり方しかできないタイプですし。


続きはこちらへ
↓ ↓ ↓
株式投資:参考銘柄(6月23日)
<<back|<234567891011>|next>>
pagetop