October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(10月16日)

今日の見方(10月16日)

源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
こちらから 

☆こちらは初級から中級に向かう勉強会
【源太会】生徒募集
無料メルマガ・無料ラインの申込みもこちら

ブログなどのネットで有名な方々がこぞって弱気になりましたが、「ここでか?」と思ってしまいます。もちろん、警戒して向かうのは当たり前ですが、根本的に違うのはここまで下がりながら来ても「株は押し目がある物」「売りたい人には売らせて、我々は長期で見るから」と言ってた人が、個別株に関してという表現で、時価よりも大きく下がった値段を「買い場」として話しています。

これって重要な決断とネットらしい「今」を表現するものであり、そうした考え方は悪い事でもないし、相当な決断だと思います。我々、予想屋というのはそうした転換点が難しく、自分もそういう時は相当な覚悟と対応策を考えながら行きます。業績の悪いもので、存続性が疑問な企業を売って、軽量株にシフトした時とかも苦しい選択です。

いや、今がそういう時期なのかという感じで、今週末は「何か大きく決断すべきことがあったのか」をレポートしていこうと思うのですが、運用学と違うのはそれが当たったとかの問題ではなく、どうやって保持していくかとか、守っていくのかの課題であって、ポジション取りという観点から見るから、少し違うんですよね。

さて、ここからはバイデン銘柄まで買ってしまった市場だから、材料は「下がらない」と見るか「調整」と見るかでして、自分は枠は余裕があるから買い向かってみたんですが、これが間違っていると判断したら、投げなきゃならないです。ただし、答えは今晩からの外国の雰囲気と個別株のマインドですから、今日は突っ張るしかないと思っています。


続きはこちら
🔻 🔻 🔻
株式投資:参考銘柄(10月16日)

粘って欲しい【源太の講義】寄り付き前

株式投資(10/16寄り付き前)

☆お願い
源太カレンダー2021年版がほぼ出来上がっているのですが、印刷用にレイアウトなどもうひと工夫必要なので、今使い方のアンケート取っています。参加された方には、源太の得意な秋相場用のレポート後日お送りします。よろしくお願いします。詳細はこちら
弊社HP[キャンペーン応募]

最新号のカレンダー解説を申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
こちらから 

市場に弱気が増えたことから、今週末のNY市場や欧州市場に比重がかかり、来週頭のポイントの日が大きく重要さを増します。今週のポイントの日は「薄商い」から「不安」に変わったことから、多くの市場関係者が今まで強気だった押し目株に対して弱気が始まって、投げを誘発している状況です。

その事が悪いとは思わないですが、偏って来たら対角を見たくなるのが自分でして、今日は想定以上の数字はじき出したファーストリテーリングもあるし、寄与度の高い電機株とかが下がった昨日考えたら普通ならば下げ難いという事になります。急に売らなきゃならないような事でもないから、持ちを少なくとか無駄なものは買わないようにで良い筈なのに、「早く売らなきゃ」という感じのニュアンスになっているのが気になってきます。

ですから、大事なことはこうした市場の偏りが多いと週末の各社のレポートなどが弱気になったり、文章が急に危険度を示唆するものに変わりやすいんです。だから、少し厄介になってきた気がします。特に今日は週末だから個別株が耐えてくれたらいいと思うんですがね。

どんよりとした調整なら良いですが、買い過ぎていただけに頑張って欲しいと思うところです。


6569日総工産、2150ケアネット、3927フーバーブレイン

昨日の市場解説【源太のYouTube番組】👉こちら


~~**~**~**~**~**~**~**~**~**~~ 
朝の「源太の講義」と「今日の見方」
要約版
こちらから
~~**~**~**~**~**~**~**~**~**~~ 

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

論調が変わる【源太の講義】大引け後

株式投資(10/15大引け後)

☆お願い
源太カレンダー2021年版がほぼ出来上がっているのですが、印刷用にレイアウトなどもうひと工夫必要なので、今使い方のアンケート取っています。参加された方には、源太の得意な秋相場用のレポート後日お送りします。よろしくお願いします。詳細はこちら
弊社HP[キャンペーン応募]

最新号のカレンダー解説を申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
こちらから 

今日、いつも違うのは昨日まで強く推奨していた株式を今日になって急に弱気する人が多かったです。何らかの理由でしょうが、日経平均はじめとする個別株を「調整は仕方がない」「時間が経てば」という論調が、「少し深く押す」「一回売って次の買い場を待ちなさい」という感じだったですかね。間違っていないし正しいとは思うのですが、基本的にはついてきた人は困るんじゃないかと思ったりします。

ただ、自分も良く有るんですよ、この下げ方はおかしいから用心のために売っておこうとか。ですが、今日は精神的にきつい日だっただけに、そう言われたらモチベーションだけで保ってた株式が多いから、明日なにかの作用で戻ってもそういうのは売られてしまいますよね。コロナ患者もこれから多分増えてくると自分は思っていますし、GOTOの流れも効いてくると思います。

そうなった時のことも考えられているのか、弱気が一気に増えてきた感じがします。まあ、カレンダー攻略で話すように、今週は本当に運用系は難しいところで、ここを乗り切ったらというところでこの相場だから、朝書いたように買い要因が無い限りは難しいと思いますよ。自分は卑怯だから現金比率も高いですし、下がりにくいものへと逃げています。

この下げが買えないとなるならば、きつい市場になりますよね。

3834朝日ネット、6625JALCO、8256プロルート


~~**~**~**~**~**~**~**~**~**~~ 
朝の「源太の講義」と「今日の見方」
要約版
こちらから
~~**~**~**~**~**~**~**~**~**~~ 

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

ポジション【源太の講義】お昼

株式投資(10/15お昼)

☆お願い
源太カレンダー2021年版がほぼ出来上がっているのですが、印刷用にレイアウトなどもうひと工夫必要なので、今使い方のアンケート取っています。参加された方には、源太の得意な秋相場用のレポート後日お送りします。よろしくお願いします。詳細はこちら
弊社HP[キャンペーン応募]

最新号のカレンダー解説を申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
こちらから 

しかし、朝からめんどくさい市場で、マインドで作ってきた市場がマインド崩れたら、いとも簡単に下がっていきます。その時に「もう終わりですか?」「もう上がってこないですか?」とメール頂いたんですが、そこまで駄目だと思うのかと思いました。いや、だから、逆に言えば「今まで換金にしておけ」というのであって、人の裏行く投資をしようとしてるのではなく、普通に買い要因が見つからない強い市場だから、現金比率は高めておけと言ってたことなんです。

ここで枠に余裕があれば「何から買えるだろうか?」という発想になったり、駄目ならプット買うとかなんか策があるはずなんです。ですが、際まで買い込んでおいて、ここで急に弱気はいまいち解せません。そもそも買うには限界がある市場だし、運用者も外人も大きく動けない時期に大口投資家ですら目立った動きをしない時に向かうのは難しいということですよ。

だから、ミスを待ってミスにツケ込むような売買が大事で、自分は意外にこの市場はまだまだ見込みがあると思っています。そりゃ休憩や調整は有るでしょうが、終わりとか簡単に口に出すようなレベルとは思えないんですよね。強いものから行くのが定石ですが、自分は怖いものから行ってみます。

8783GFA、4592サンバイオ、3719ジェクシード


~~**~**~**~**~**~**~**~**~**~~ 
朝の「源太の講義」と「今日の見方」
要約版
こちらから
~~**~**~**~**~**~**~**~**~**~~ 

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。


今日の見方(10月15日)

今日の見方(10月15日)

源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
こちらから 

☆こちらは初級から中級に向かう勉強会
【源太会】生徒募集
無料メルマガ・無料ラインの申込みもこちら

活気がないゆえに動くものへ資金が集まるという構造は、この市場に対しての根本的な見方で行動が違います。ですから、自分は「中立」で、やや弱含み、買い玉は強気型という、少しギャンブルっぽく組み立てていますが、その一巡が確認されたのは軽量級の一巡であり、そこからは低位材料を持っている、存続型という考えになっています。

だから、ツボにはまらないと来ないという簡易になっていて、燦キャピタル(2134)やトレイダーズ(8704)といったタイプを下で沈めて、ジェクシード(3719)を売らないという形で進めています。このやり方が良いとは思わないし、好業績や好業績見込みとかも買いますから、一般は普通に見えるかも。でも一つ事が起こればどれとどれを売却するという考え方は持っています。

そうした少し斜に構える投資を自分は今はしています。この組み立ての感性はその方法がいいのではなく、人によって違うと思います。だから「趣味」に近い部分が多く、その趣味は人によって異なるから、どれが良いかは判らないのです。ただ、今はそうした用意をしながら動かないと、企業の将来からバイデン関連まで買ってしまった市場だけに、ここは難しい選択だと思います。

逃げるが勝ちでもないから厄介ですが、指数が強くてもマザーズは値上がりよりも値下がりが増えていますから、大方は気色悪いと感じていると思うんです。それでもこの市場は資金が多いから、閑散に売り無しから押し目は買いが入るし、裁定売り残が多いから下がり難いとなります。

自分は仕手系に固めていきますが、好業績出遅れでも良いと思います。

続きはこちら
🔻 🔻 🔻
株式投資:参考銘柄(10月15日)

<<back|<234567891011>|next>>
pagetop